2016年11月29日(火) 更新

貴職の意味とは?知っておきたい正しい使い方

貴職の意味は「あなた」の丁寧な言い方

貴職は、意味的には別段貴殿や貴様と貴方様などと変わりません。つまり、「あなた」を表す意味としての使い方ができるのです。ただ、貴職とは、「あなた」という意味の言葉たちの中でも、特に限定的に使われる言葉になります。

一般的に官職のみを指す言葉

貴職は、限定的な使い方をされる、「あなた」という意味だと述べました。限定的とは、貴職は、公務員などの官職の人に対して使う言葉なのです。貴職との意味は限定的だと言えるのはこのためです。たとえば貴方様であれば、誰に対しても使えるような言葉になりますが、貴職は、公務員を指す言葉なのです。

「貴職」は文書に用いるのが正しい使い方

貴職の意味が分かったら、使い方も知っておきたいものです。公務員以外に貴職を使うと意味が通らなくなるので、使い方には注意しましょう。当然、貴職を公務員以外の人に向けて使うことはNGです。また、貴職は口語では使いません。基本的に、貴職という言葉は、文書で用いるのが正しい使い方なのです。

文書で公務員を指す場合に使う

貴殿は、文章で用いる使い方が正しいと言いましたが、たとえば、

貴職におかれましてはますますご清祥のことと慶び申し上げます

という風に使ったり、文書の頭に用いる使い方が多いです。当然文中でも、あなたという意味の言葉を示さないとならない場合には、貴職を使います。文書であれば、そうした固い表現も上手くはまるので、公務員宛てに文書を出す際には貴職を使っていくと良いでしょう。

貴職には高い位の官職の意味もある

貴職には、公務員を指した「あなた」だけでなく、高い位の官職の意味もあります。ただ、高い位の官職として貴職を用いる使い方は、一人の公務員をさしての貴職と比べて、使われる頻度はかなり低いです。一般的には、貴職とはどのような意味かと考えた時には、一人の公務員をさして「あなた」という意味だと考えていた方が良いでしょう。

この意味の貴職は仕事上ほぼ使わない

公務員の仕事で、貴職を目にする場合、高い位の官職という意味の使い方をされている可能性は低いでしょう。仕事で役職の高い官職を指すこと自体、まずあまりないと言えます。ですから、仕事で貴職を使う場合、ほとんどの場合で「あなた」という意味での使い方だと言えるのです。

貴職の意味は公務員を指しての「あなた」で文書内に用いるのが正しい使い方

貴職の意味と正しい使い方のご紹介でした。貴職は、文書内で公務員をさす際のあなたという意味です。位の高い官職という意味もありますが、ほとんどの場合で公務員を指して「あなた」の意味での使い方がされると言えます。滅多に使わないであろう分、忘れがちな言葉ではありますが、この機会にしっかりと覚えておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム