2017年01月16日(月) 更新

結婚式の費用が足りない人は知っておきいローンの特徴

結婚式専用のローンは挙式費用に用途が限られる

結婚式はどうしても費用がかかってしまうのです。そんな時は、ブライダルローンとよばれる結婚式専用のローンを利用すると良いでしょう。挙式費用や結婚指輪や婚約指輪の購入、新婚旅行など、用途が限られています。場合によっては新居への引っ越し費用にも充てることができますが、いずれにせよ、結婚式、あるいは結婚式関係にお金を使ったという証明をしなければならないので、カードローンよりもやや手続きが複雑です。結婚式は特別な催しなので、ぜひ納得のいく挙式にしましょう。

挙式を挙げるカップルの約3%がローンを利用している

結婚式専用のブライダルローンは、結婚式を挙げるカップルの約3%程度が利用しています。結婚式は一生に1度の華やかな日です。費用の面でどうしても妥協が出来ない場合、利用してみるのも1つの方法だと言えます。金利の上限はカードローンの金利よりも低い傾向がありますが、下限はカードローンのほうが低い場合もあるので、ブライダルローンがいいかどうかはしっかり確認した上で利用しましょう。

貯金不足や親の援助がない人に結婚式のローンはおすすめ

ブライダルローンを利用するカップルには、どんな理由があるのでしょうか。1つは理想の結婚式を挙げるにあたって、予算が足りない人、妥協したくない人、また、妊娠等で急に結婚式が決まり貯金があまりない場合などが挙げられます。さらに、結婚式に足りない費用について親が援助できなかったり、親の援助を受けたくなかったりするカップルが結婚式ローンを利用する場合が多いです。

返済は後日貰ったご祝儀から行う

結婚式を挙げるには多額のお金が必要になります。結婚式を挙げる場合、挙式の1~2週間前に支払うのが一般的です。結婚式ではお金が出ていくだけなく、ご祝儀としてある程度は行ってきます。しかし、結婚式の多くは前払いです。クレジット払いができないところも多いと言えるでしょう。そのため、ローンを組み、貰ったご祝儀を後日返済に充てるという方法がおすすめです。

安定した収入があれば結婚式のローンは利用しやすい

結婚式のローンを組む時には審査がありますが、基準はそれほど厳しくありません。安定した収入があれば、若い人でも利用しやすいというのがブライダルローンの特徴です。しかし、審査不要を謳っているブライダルローンは悪質な金融機関な関係があるので、注意しましょう。ブライダルローンを扱っている金融機関はいくつかあるので、比較するのが大切です。

審査基準が厳しい金融機関ほど金利は低い

結婚式のローンを組む時には審査がありますが、金融機関によって審査の厳しさは違ってきます。若い人でも利用しやすいように、審査はそれほど厳しくありませんが、審査基準が厳しい金融機関ほど金利は低い傾向があるでしょう。また、貰えるご祝儀の額は結婚式を挙げるまで分からないので、必要な額だけを借りるようにし、返済計画をしっかり立てるのが大事です。

結婚式専用のローンは若い人でも利用しやすいので費用が足りない場合におすすめ

一生に1度の晴れ舞台となるのが結婚式です。予算が足りず、妥協して一生後悔し続けるよりもローンを組んで夢をかなえるというのも1つの選択肢でしょう。結婚式のローンは用途が限られていますが、審査はそれほど厳しくなく、若いカップルでも借りやすいです。しかし、あくまで借金なので、しっかりとした返済計画をたてて借りるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム