2017年01月16日(月) 更新

主婦は無職なのか?銀行や消費者金融からお金を借りる際の実態

無職の主婦は配偶者に収入があるので立場が異なる

銀行や消費者金融からお金を借りる際には、20歳以上で安定収入があり偏在能力があることが貸し付けの条件となっています。主婦は働いていないので無職となり、お金は借りられないと思うかもしれません。しかし、主婦は無職であっても配偶者に収入があるため、一般的な無職の人とは立場が異なるのです。こういった場合、主婦は無職の扱いにならないと覚えておきましょう。

会社によっては借りられるところもある

お金を借りる際には安定した収入を条件とする会社がほとんどですが、主婦であれば無職であってもお金を借りられる会社が複数あります。各社の判断で個別に定められていますので、HPに記載されている情報を見て申し込み可能か判断をしましょう。「配偶者の収入でもOK」という但し書きがある会社は、主婦が無職であっても審査に通る可能性が高いといえます。

総量規制には例外があるため無職の主婦でも借り入れは可能

無職である主婦が急な入用でお金を借りるには、銀行カードローンと消費者金融のどちらかが有力だと言えます。しかし消費者金融は総量規制の影響下にあり、総量規制は年収の3分の1を超える金額の貸し付けを禁じられているので、無職の主婦は借入不可ではと思うかもしれません。しかし、総量規制には例外があり、配偶者の収入と合わせた3分の1以下の貸し付けは可能となっており、無職である専業主婦でも法律上は借入可能となっています。

銀行系はもともと総量規制の影響を受けない

消費者金融は総量規制の影響下にありますが、銀行カードローンはもともと総量規制の影響を受けていないため、無職の主婦でも法律上の心配をする必要はありません。銀行カードローンでは無職の主婦に対しての貸し付けは独自に定めており、あくまで本人に収入がなければ不可能としている会社と、配偶者の収入があれば貸し付け可能としている会社に分かれています。会社や銀行を比較して利用をしましょう。

無職である主婦への貸付限度額は低め 

銀行カードローンであれ消費者金融であれ、専業主婦への貸し付けが可能となっている会社では、貸付限度額は低めの設定となっています。本人に収入がないことから返済能力を勘案してのことであり、大きなローンを組みたい人にとっては厳しい現状です。多くは限度額が30万程度で、高くても50万円程度にとどまっています。

20歳未満の主婦は仕事があっても借入できない

安定収入があり返済能力があっても、20歳未満の主婦であれば銀行カードローンも消費者金融も貸し付けを期待しない方が良いでしょう。大手の会社では、未成年にはお金を貸している業者はまずありません。どうしても入用の時には、配偶者の人の名義で借り入れをするようにしましょう。

無職の主婦は配偶者に収入があるため借り入れはできるが貸付限度額は低め

無職であっても主婦であればお金を借りられる会社はあります。消費者金融は総量規制の影響を受けますが、配偶者の収入も含めるため無職の主婦であっても借りられるのです。ただし専業主婦に対しては貸付限度が総じて低めなので、高額の融資は期待できません。また仕事を持っていても、20歳未満の主婦に貸し付けている大手の会社は少ないのが現状です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム