2017年01月16日(月) 更新

パートがローンを組む際に知っておきたい審査を通す方法

パートでも20歳以上であれば一人でローンを組める

パートであっても簡単に組めるローンは増えており、銀行系や消費者金融などのカードローンの選択肢も豊富になっています。パートでローンを組む際のポイントは本人が20歳を超えているかどうかです。これは未成年であれば連帯保証人が必要になるケースや、そもそもローンが組めない会社もあります。そのため、パートでも20歳を超えているかが、ローンを借りるうえでの目安となるでしょう。

審査を通したいのであれば低めの金額で申し込む

ローンを組む際に注意したいのが、パートタイムであまりに高いローンは審査が通らない点です。これは年収に対してローンを組める割合が法律で決められているだけでなく、パートの雇用が安定しないことがあるからです。カードローンなどでは限度額が自分で決められる場合もありますが、審査を通したいのであれば低めの限度額で申し込むのがポイントでしょう。

頭金を多めに入れてローンの金額を少なくする

パートであっても自動車ローンや住宅ローンを組むことは可能です。ただし、金額が多いと最初の審査で落ちてしまうケースが多くなるので、工夫が必要でしょう。年収の半分程度の借入は無理があると判断される場合が多いので、30パーセント以下を目安にローンを組むのがポイントです。頭金を多めに入れてローンの金額を少なくするなど工夫をすれば、車なども購入できる可能性が高まります。

なるべく金利が低い所で借りる点もポイント

パートであっても、複数のローンを組むことは可能です。ただし、金融機関などで借入の情報を共有する仕組みが出来上がっているため、審査を受ける際にローンの金額を誤魔化して増やし続ける行為はできません。ローンはどんな金融機関から、どのように借りるかで金利が大きく変わるため、なるべく低い金利で借り、必要であれば借りかえて早めに返すというのもローンを借りる上でのポイントです。

家族がいる場合は年収が高い人にローンを申し込んでもらう

パートがローンを組む際、気を付けてほしいのが金利についてです。収入や預金のバランスによって金利が変動する金融機関なども存在し、支払い能力の低いパートの場合はどうしても金利が上がってしまう傾向があります。そのため、家族がいるのであれば年収が高い人に申し込んでもらった方が、限度額や金利に融通が利く場合が多いのです。

ローンの滞納には注意が必要

ローンを組む際に重要なのは、しっかりと返せる範囲で納めることです。複数のカードローンを最低限度額で申し込んでも、それぞれを限度枠まで使えばかなりの金額になるでしょう。ローンが滞納すれば信用情報に傷がつき、最悪ブラックリストに載ってしまう場合もあるのです。ブラックリストに載ってしまうとあらたなローンが組めなくなるだけでなく、携帯電話の契約にも支障をきたす場合があるため注意してください。

パートがローンを組む際は頭金を多めに入れて低い金額から審査を通すことがポイント

パートであっても成人していれば、一人でローンを組むことが可能です。ただし収入が低い分、金額の高いローンは組みづらい傾向にあると理解しましょう。また、ローンを組む際には、頭金を多めに入れて、低い金額から審査にかけると通りやすくなります。あくまで、ローンは返す前提で借りるため、返す目途が立たなくなるような高額な設定はしないようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム