2019年07月17日(水) 更新

発注と注文の意味の違いと使い分け方

発注は業者に対して使われる

発注と注文の違いについてみていきましょう。発注という言葉を使う時はどんな時でしょうか。発注も注文も同じではないかと思われるかもしれませんが、違いがあります。発注という言葉を使う時は「業者に対して商品の加工が必要な場合の依頼」に対して使われる言葉なのです。「道路工事の注文」と言う表現を聞かないことからもわかるでしょう。この場合は、道路工事の発注となります。システムキッチンを特注で作る場合や、注文住宅の場合なども発注が正しい言い方です。

注文とは個人に形のある製品を頼む際に使う

発注という言葉の使い時を聞くと何となくわかるかもしれませんが、注文という言葉は「個人の客に対して形のある製品を頼む時」に使われる言葉です。発注と注文の違いを並べてみるとわかりやすいでしょう。例えば、喫茶店で「コーヒーの発注一つ」とは言いません。この場合は「コーヒーの注文一つ」となります。知らないうちに発注と注文を使い分けている人もいるのではないでしょうか。似ているようで、実はこのような意味の違いがあるのです。

発注と注文の違いは「業者の作業」と「個人への頼み」

発注と注文の違いがなんとなく掴めたことと思います。発注は「業者に向ける言葉で、加工作業が必要な場合」に使われる言葉で、注文は「個人の客に向ける言葉で、形ある製品を注文する時」に使われる言葉です。しかし、まだわかりにくく混乱してしまう人もいるでしょう。覚えやすい方法としては、発注は「業者の作業」、注文は「個人への頼み」とすると覚えやすいのではないでしょうか。ただ、業者に発注するときでも形ある製品は、注文という時もあるので注意が必要です。

会社では「注文」ではなく「発注・受注」を使う

発注と注文の違いをうまく使い分けることができないと、会社内では混乱する場合があります。プライベートでは使い分けなくてもかまいませんが、会社内で注文というと、どっちの注文か分かりづらくなってしまうのです。注文は、こちらからメーカーに発注しても注文ですし、得意先からこちらに受注がきても注文と解釈できるのです。ですので、会社で使う正しい言葉としては発注と受注になります。

発注は工事などの作業をする業者に使われる

発注という言葉をよく使う業者としては、建築関係の仕事や道路工事などがあるでしょう。常に作業を要求されるような業者は、ほとんどの場合で発注を使用します。道路工事の注文はおかしいですし、受注生産品の場合も注文ではおかしくなってしまいます。ただ、形がすでにある材木やボルトやナット、釘などは注文ということもありますので、注意が必要です。発注と注文の違いで、どんな内容かだいたいの予想ができますので便利ですね。

注文は商品を販売する業者に使われる

発注という言葉に対して、注文という言葉をよく使う業者もあります。飲食店やスーパー、ホームセンターなどは注文ということが多くなります。ただし、大型スーパーなど数量が多い場合は業者に注文することが多いので、発注という人もいますし、ホームセンターなどは木材の加工をしてくれるサービスもありますので、この場合は発注という言葉を使うことになるでしょう。発注と注文の言葉の違いはあるのですが、混同してしまっている人もいますので確認する必要があります。

発注と注文では「業者の作業」と「個人への頼み」という違いがあり使い分けが必要

発注と注文の違いについてみてきました。業者に作業を依頼する場合は発注、個人への頼みには注文を使いましょう。また、発注書にするのか注文書にするのか悩んでしまうという場合は、注文書としていれば発注と受注の両方に使用できますので便利です。ですが、建築関係や道路工事での作業が必要なものに関しては発注にしておいた方が無難でしょう。発注と注文の違いを理解し、意識して使い分けることが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム