2017年01月06日(金) 更新

転職を決意したきっかけ10例と年収アップに有利な退職タイミング11選〜採用のプロが意思を固める前に時期や方法をアドバイスします!

転職を決意するきっかけ10例

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb s

終身雇用が当たり前だった日本ですが、近年では転職をする人が増えてきました。“転職”が日本でも浸透してきたことにより、よりステップアップをしたり、待遇が良くなったりとプラスに働くこともあります。

しかし、その逆もまた然りです。転職をすることで、給与が下がったり、臨んだポジションに付けなかったりする場合も起こりえます。

プラスもマイナスも備えた転職ですが、どのようなきっかけによって決意することが多いのでしょうか。転職を決意するきっかけをみると下記のようなきっかけが多いとされています。

①給料・待遇への不満

まずは、やはり待遇面での不満がある人が転職を考える傾向にあるようです。給料や待遇は、生活の質にも影響を与えます。人には言っていませんが、儲かる会社だから入社したという人もいるはず。その人たちにとっては、給料が全てです。その願望が叶えられないと分かれば、転職を決意するのは致し方ないことではあります。 また、給料や待遇はモチベーションにも影響を与えます。これだけの成果を残したにもかかわらず、賞与や昇給もなければ、モチベーションは下がっていきます。その結果、もっと自分の働きに正当な給料を用意してくれる会社があるはずだと感じた時に、転職への一歩を踏み出すのです。

②事業方針の転換

Anger 1197374 960 720
企業も生き残っていくために、事業方針の見直しを随時行っていきます。会社にとっては生き残る策なので、社員には納得してもらいたいところです。しかし、社員としてはそれに従えない場合も存在します。 事業方針の見直しによって部署異動なども起きるかもしれません。望まない部署や役職に就いてしまった際は、転職へのきっかけとなり得ます。 小さな歪みが積もることで転職を決意するまでに至ってしまうのです。

③上司との人間関係

人間関係は働く上で重要になってきます。特に上司との仲に悩んでいる人が多いようです。 どんなにやりがいがあっても、人間関係がギクシャクしていると、気持ちよく仕事ができない上に進捗も良くありません。そうしたことが連なった結果、うつ病になってしまった人さえいます。 このように人間関係で問題を抱えると、精神的負担が大きくなり、最後には身体にも影響を与えます。人間関係で疲弊してしまった人たちは、仕事の充実感と人間関係を天秤にかけた時に、転職を決めるようです。

④他にやりたいことができた

Suitcase 1412996 960 720
退職をする時には、ポジティブなきっかけもあります。それはやりたいことが見つかったケースです。昔から追いかけている夢があって、今からもう一回挑戦する、通信制の学校に通って資格取得したことにより準備が整い、転職へ動き出すと言ったケースも見受けられます。 また、仕事をしていて、こんな適性があるからあんな仕事をしてみたいなど、夢が広がって、退職を考えだす人もいるのです。 転職へのきっかけは人により違いますが、ポジティブな理由である方が原動力は強いので、次の仕事も早く見つかるかもしれません

⑤結婚・出産・介護による状況の変化

特に女性に多い転職のきっかけは“結婚・出産”です。結婚して、ご主人が転勤することになると、どうしても女性側は付いて行かざるを得ないことの方が多いです。そのため、今の職場を離れ、転勤先で新しい職場を見つけなければなりません。 また、社会問題になっている待機児童問題などにもより、出産後に職場復帰が難しいケースもあります。核家族が多い現代では、復職先の企業の育児への理解が得られないと、職を変えざるをえない時も起こるのです。 その他にも、介護をしなければならない状態に陥ったりするケースも考えられます。 このように家庭環境が変動することで、仕事を変えなければならない事態も発生しているのです。

⑥体調不良

Woman 1245788 960 720
激務が次から次へ降ってきて、寝る暇もない、怒声や罵声が飛び交う、人間関係の劣悪さ、パワハラなどにより心身がボロボロになってしまい、いつの間にか身体を壊してしまっている人がいます。 「ストレス」は仕事の大敵です。職場で知らず知らずのうちに積み重なったストレスを発散できなくなると、気持ち的に耐えられなくなってしまうのです。また、体調不良かもと思ってもなかなか病院へ足を運ぶ勇気が持てなくて、症状が悪化してしまうケースも見受けられます。 身体を壊して心身が回復不可になってから、初めて転職を考える人もいますが、重篤化する前にできれば、次の会社へ移ってもらいたいものです。

⑦勤務時間や休日に不満

企業によっては、終電まで仕事をしなければ仕事が終わらない激務をやらされたり、毎日残業していても仕事が終わらなくて、休日も出勤したりしなければならないという会社も存在しています。 働く人の多くは、生活のため、遊ぶお金を確保するために働きます。それにも関わらずプライベートの時間を侵略されては、何のために働いているか分からなくなってしまうのです。 また、そういった企業は、仕事量に見合った給料を支払っていないケースが多いです。不満がさらに増大され、転職するしかないと決意させてしまうのです。

⑧評価に不満がある

Business 18107 960 720
正当な評価というのも仕事をしていく上で重要です。ここをしっかりしてもらえないと、昇給はなく、どんなに頑張ってもすべては意味を成しません。そんな会社にいるよりも他の企業に行った方が給料も上がるのではないか、自分を必要としてくれるのではないかと考え始めます。 また、手柄を上司に持っていかれてしまうなど、努力が無駄になってしまうなどの環境である場合も退職しようと思わせるようです。

⑨会社の将来性に不安

この会社で働いていることに不満はなくても、会社がつぶれそうだから転職を決意した人もいます。会社がつぶれてから転職をするのは、金銭面的にも不安が残ります。そのため、できるだけ存続しているうちに新しい会社を見つけたいのです。 また、業績不振などが見えてくると将来性に不安がよぎります。業績不振を乗り越えようと事業方針に変更が生じると、この方針転換が余計に業績不振を加速させてしまうのではないかと考え、さらに不安が大きくなるのです。 将来性に不安を抱くと最悪の場合、減給や解雇などもあるのではないかと頭に浮かんでしまいます。このような状況では、将来が安定している企業と、いつ倒産するか分からない企業では、安定している企業に勤めたいものです。

⑩ヘッドハンティングを受けた

Man 875702 960 720
こちらは特殊な事例かもしれませんが、ヘッドハンティングを受けたことが転職へのきっかけとなった事例もあります。ヘッドハンティングとは、優秀な人材を自社へ引き入れようとすることです。つまり、スカウトということになります。 ヘッドハンティングされた場合は、能力や考え方、行動などを評価してもらったこととイコールです。つまり、スカウトされた企業に転職すれば、給料も上がり、待遇も良くなります。さらなる高みに行けるのがヘッドハンティングによる転職です。

転職を失敗しないために押さえておくべきタイミング

Clocks 1054799 960 720
転職するきっかけは、上記のようにたくさんありますが、気持ちのままに行動に移していいというわけではないので、注意が必要です。転職をする時には必ず押さえてかなければならない“タイミング”というものがあります。このタイミングを見誤ってしまうと、良い転職ができない可能性が高まるので、ベストタイミングを知りましょう。 また、退職する企業との関係性もこじれてしまうので、「立つ鳥跡を濁さず」を目指してタイミングを間違えないようにしましょう。

面接の通過率にも関わってくるタイミング

在職している企業に迷惑をかけない上でもタイミングは重要になってきますが、何よりも面接の通過率にもタイミングは関わってきます。行きたい企業があっても欲している人材でなければ、残念ながら不採用になってしまいます。これは、どんなに優秀な人でも同じです。 そのため、企業が選考を開始するタイミングや募集が増える時期などをしっかり把握した上で、転職に行動を移さなければなりません。これが面接の通過率にもつながっていきます。

年収アップにオススメの転職タイミング11選

Gahag 0063730422 1

①:男性も女性も20代のうちに転職をするのが成功の確率を高める

150912335966 tp v
転職をする際には、年齢も合格率を左右します。企業としても今後長く活躍してもらいたいので、できるだけ若い子を雇いたいと考えています。何よりも今後のキャリアアップを図る上では、早めの転職が重要です。 20代は、自分の可能性を探す時期になります。この期間に今後の方向性をしっかり決めておかなければなりません。その上でも20代というタイミングが転職にいいのです。 また、30代までにどれだけ実績があり、スキルを有しているのかが、今後の生涯年収にかかわってきます。少しでも収入を上げたいのであれば、20代の転職がカギを握っています。

②:30代の転職はキャリアやマネジメント経験がついてから

Sep 329915201730 tp v
転職は年齢が上がるとその分ハードルが高くなっていきます。そのため、30代で転職を考えている場合は、売りとなるスキルなどを有していないとなりません。 一番転職で有利となるスキルは「マネジメント経験」です。部下を持ち、彼らを育成指導しながら、会社から求められた成績をクリアした経験があれば、かなり転職で有利になります。年収をアップさせることも難しくなるくなるでしょう。

③:勤続年数3年目以降だと高評価を得る場合も

Gahag 0083634042 1
勤続年数も転職には、重要な要素です。勤続年数を見ることで、忍耐力や継続力の有無をほぼ垣間見ることができるからです。企業としても、勤続年数が短く、幾度も転職を繰り返している場合では、「うちもすぐに転職される危険性があると」考えるものです。そう思われてしまっては、転職活動は上手くいきません。 しかし、勤続年数が3年目を超えている場合は、高評価を得ると言われているので、転職にはいいタイミングです。3年同じところで勤めていると、後輩を育てたりもしていることでしょう。そうした、3年目だからこそ身に付く、マネジメント力や判断力が評価に繋がるのです。

④:第二新卒の期間も転職の狙い時

Gahag 0055681744 1
転職をするなら、第二新卒の時に行うのもいいタイミングと言えます。そもそも第二新卒とは、一般的に「新卒で入社して、3年未満の人」です。新卒でも立派な社会人でもない第二新卒ですが、年々需要が増してきています。 その理由としては、社会経験があり、まだ会社の色に染まっていないということが大きな要素になっているようです。社会経験が多少なりともあると、育成が楽になります。また、勤続年数が少ないと頭が凝り固まっている可能性も低いので、スポンジのように様々なことを吸収できると判断されるのです。 新卒で辞めてしまうことも多くなってきた昨今だからこそ、第二新卒は求められています。この機会を逃さない手はありません。

⑤:3月や4月の予算拡大時期もおすすめ

Cherry blossom 1318258 1280
決算が3月末のケースが多いため、4月から再スタートで新規のプロジェクト、予算拡大などが決まるため、それに合わせて採用拡大も急がれます。 そのため、転職の際にも給料交渉が成功させやすいというメリットがあるのです。もちろん、その交渉材料となるスキルは必要になりますが、年収アップを狙いたい時期にはオススメとなります。

⑥:9月~10月も活発な採用活動を行っている

Leaves 1698874 1280
時期的には、9月~10月もオススメです。この時期は、お盆などの長期休暇が終わり、採用活動に本腰を入れ始めるも企業が増えるため、求人数も比例して増加してきます。 転職に適した時期は、職種や業界によっても前後してきますので、そこも確認しておく必要があります。ここで注意が必要なのは、求人数が増えるということは、求職者も増えるということです。ライバルも出現してきますので、転職活動の準備や対策は必須になります。

⑦:ボーナスが支給されてから転職

Yuki kodomookane15144623 tp v
これはボーナスが支給される企業に限りますが、できるだけボーナスを貰ってから転職した方が、お得ですよね。1ヶ月でも時期がずれてしまうと数ヶ月分の給与がなくなってしまったのと同じになってしまうでしょう。 また、個人の成績がボーナスと直結している企業の場合、「◯◯の功績を残し、ボーナスも◯◯ほどいただくことができました」というのは、転職時のアピール材料になります。ここで注意したいのは、企業の中にはあまりお金のことを面接で話すのが好きではないところもあるので、そこは空気を読むことが必要になります。

⑧:現職のプロジェクトを終わらせてから

Pak85 oyakudachisimasu20140830 tp v
もしあなたが何かのプロジェクトを担当していて、その途中で転職をしてしまうのは現職にとっても転職先にとってもあまり良くありません。転職先も応募者のことは調べますので、何かの拍子にプロジェクトを投げ出したことを知られてしまえば、かなり悪印象になるでしょう。 また、直近のプロジェクトをどのような結果につなげたのかというのは、転職時には重要なアピール要素となります。そのアピール材料を逃してしまうので、今の仕事に全力をつくすことも、転職では必要となるのです。

⑨:現職での不安や不満を解消したとき

Takebe20160224294812 tp v
あなたが転職を思い立った原因とはなんでしょうか?もしそれが現職への不安や不満だったら、転職のタイミングとしてはおすすめできません。なぜなら、「不安や不満に対してどのように立ち向かったのか」というのは、個人を表す重要な要素となるからです。転職先で「待遇に不満があり、御社を志望いたしました」と言っても、採用担当者は「うちでも同じように不満を持ったら転職するんじゃないかな」と考えてしまいます。 多くの企業が求めているのは「長く勤めてくれて、向上心のある人物」です。逆にそれさえ示せれば、かなりの高待遇で迎えてくれるでしょう。 ”逃げ出し転職”の危険性はダイアモンドオンラインの『“逃げ出し転職”は絶対失敗する!転職に向いている時・いない時の見極め方』で詳しく説明されているので、見てみるのもおすすめです。

⑩:業種によっては繁忙期に迎え入れてくれるところも

Isg106103755 tp v
ゴールデンウィークや年末などは、人手が足りなくなる業種もあります。そのため、なんとしてでも人を雇いたいというところは、待遇をかなり上げて迎え入れてくれるでしょう。そういった業界はいわゆるBtoC(企業対消費者間取引)に多いので、よく求人をチェックしておくのがオススメです。

⑪:出産や結婚などの大事な転機を迎える前

Gak96 tesuriniokaretahanataba tp v
今はダイバーシティに取り組む企業も多く、男性も女性も平等に扱おうという空気が強くなっています。しかし、企業の中にはまだ男性と女性の雇用均等化に力を入れられない企業があるのも事実なのです。 女性が出産や結婚を控えているときには、「退職してしまう確立が高い」と採用担当者が判断して、採用される可能性は低くなってしまいます。そのため、年収をアップするために転職をしたいのであれば、人生で大事な転機を迎える前の方が良いでしょう。

タイミングをミスると転職に失敗してしまうこともある

Clock 597435 960 720
転職に適したタイミングを11個ご紹介してきましたが、これらを無視してしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高まります。転職は、ご自身と企業のタイミングが合わなければ成せないのです。

タイミングを逃すとすべてが崩壊する

タイミングなんて、そんなに重要ではないと思いがちですが、求人数が3~4月、9~10月以外だと半分以下という時さえあります。求人数が少なければ、将来の可能性もしぼんでしまいますし、在職中の仕事も疎かになり、迷惑をかけてしまうかもしれません。
迷惑をかけずにいい企業と巡り合うためには、タイミングは必要不可欠なのです。

転職活動中&その後に起きた失敗例

Child 594519 960 720

では、実際にタイミングを間違えてしまうとどのようなことが起こるのでしょうか。いくつか失敗例がありますので、このようなことにならないようにしましょう。

タイミングを間違えた時の失敗例

  • • スケジュール管理に失敗して、面接が重なった
  • • 転職活動がバレた
  • • 仕事中にミスを連発して、部署移動させられた
  • •給料で選んだら、業務が想像以上に辛い
  • •やりたい仕事がなくて転職活動が長期化した


転職に失敗した人が語る体験談

そもそもの転職を失敗してしまった人もいます。何が原因で失敗してしまうものなのでしょうか。

転職失敗者の体験談

  • • 福利厚生で選んだら、仕事にやりがいを感じられない
  • • 給料は良くても、楽しめない
  • • スキル不足により、居場所を失う
  • •人間関係が泥沼
  • •毎日終電


転職先を辞めたい人は出戻りの検討も有効

Guy 690483 960 720
転職に失敗した人に中には、前の会社の良さを知る人もいます。しかし、転職した身の上なのに出戻りは可能なのでしょうか。一般的には出戻りは難易度が高いです。どうしても裏切者という印象は拭いきれませんし、人間関係も転職前のようにはいきません。 しかし、100%出戻りできないわけではないです。退職の前にしっかり成果を残していたり、惜しまれて去ったり、退職する際に仕事の引継ぎなども完璧にできた際は、出戻りも可能です。 そういう意味でも、退職する会社と関係が良好であることにデメリットはありませんので、退職の仕方は今後のことも考えて、慎重にすすめていくことをおすすめします。

ここだけの秘密!採用担当者が教える転職を成功させるタイミング

Apples 635240 960 720

転職者にとって、一番知りたいのは確実な情報ですよね。そこで、ここでは、採用担当者が教える適切なタイミングをご紹介します。このタイミングを知っているかいないかで成功率も変わってくるので、ぜひ活用してください。

企業が求める時期に沿った転職活動

企業側は優秀な人でさえ、タイミングによっては落とします。企業側も採用が動きやすいタイミングがあるのです。 企業側にはそれぞれ採用計画・予算があるため、募集案件がクローズした、クローズギリギリという時よりも大々的に募集するタイミングが一番ニーズが大きいのが現状です。そのタイミングはいつ頃に多いかというと、先ほどもご紹介した3月~4月、9月~10月になります。

自分の調子が絶好調の時

Rainbow 436171 960 720
自分が社内で良い状況の時に転職をするのが一番です。やはり社内で良い状態で仕事ができている時は外の人(面接官)と話していても、勝ちグセがついていて、どんな環境でも活躍できる人という印象を持たせやすいです。前向きな表情、テンポの良いトークなど全てがよく映るので適したタイミングになります。

とはいえ環境による不満からの転職は見送るべき

上長との相性、社長の言っていることがわからない、自分が評価されていない、なかなか事業が進まない、全て自分以外が転職理由になってしまう人は、どうしても自責的な人間と思われません。 自責的な要素で転職活動をする人の方がむしろ素直で潔いと、企業側は思っているので、周囲への不満での転職はなるべく控えるべきかもしれません。

現職で適切な区切りがついてから

Soccer 1273968 960 720
担当業務の振り返り、後任にしっかり引き継ぐという責任を果たしたタイミングであることが大事です。どんな仕事でも途中で投げ出してしまうことは、仕事の仕方としてマイナスです。また今後その会社ともなんらかの仕事の付き合いをする可能性もあります。退職の後腐れで、商談ができないなどは非常にもったいないので、両者が気持ちよく別れができるようにしておくのが大切です。

面接で転職の理由を聞かれたときの答え方

Window view 1081788 960 720
転職を考えるきっかけは、他人から見るとそんなことと思われるケースもあります。特に面接では、転職をなぜするのか問われるものです。面接官としても転職理由から、どれくらい本気なのか、長く働けそうか、会社に合う人間かなどを見極めているのです。 どんな理由で転職をしても構いませんが、面接時には言葉を選ぶ必要があります。どのような点に注意すべきなのか、しっかり確認してから面接に挑みましょう。

嘘は逆効果なので正直に話す

転職理由がなかなか他の人には理解されないものなどは、できるだけ好印象になる理由に置き換えたいと思うものです。しかし、嘘をつくことはオススメできません。何故なら、嘘はバレてしまうからです。採用担当者はこれまで、何百人と人を見てきています。そんな人に嘘は通じません。 むしろ、正直に話した方が好感が持てると言われています。嘘などで塗り固めて入社できたとしても、徐々にその皮は剥がされてしまいます。すべて丸裸にされたときに一番被害を被るのは自分自身です。誠心誠意な受け答えの方が、入社してからも素の自分でいられます。嘘は避けましょう。

ネガティブな理由でもポジティブに変える

Laughter 775062 960 720
転職をする理由は、給料が上がらない、残業が多いなどのネガティブなものが大半です。これをそのまま伝えるのは、あまりいい印象を抱かれないので、表現を変える必要があります。 たとえば、「人間関係」ですが、「個人の力量が評価されるため、社員は敵対していました。私自身は、より売り上げを伸ばすために、協力体制が大切だと常々思っていました。何よりも、同期や先輩と達成感や感動を分かち合って仕事を進めていきたいです。そのため、チームで切磋琢磨する仕事場に憧れを抱き、転職を決意しました。」だと、ネガティブな部分が隠され、ポジティブな理由に聞こえるようになります。 ネガティブな理由は、どうしたらポジティブに見えるかを考えながら回答を作りましょう。

転職のきっかけからダッシュは禁止!タイミングを見計らって行動に移そう

Knowledge 1052014 960 720

転職のきっかけは人それぞれ違います。しかし、思い立ったが吉日ではないのは転職です。転職に動き出す時期、退職を申し出るタイミングは存在しています。転職は適切なタイミングに沿って行わないと、なかなか次の仕事が決まらなかったり、転職に失敗してしまったりしてしまう可能性があります。
しっかり、タイミングを見定めてから転職活動は行いましょう。

人気のコラム

ログイン / 新規会員登録

ID・パスワードを忘れた方はこちら

SNSでログイン

無料で簡単登録!

転職コラムデイリーランキング

ランキング一覧

おすすめの転職コラム

転職コラム一覧
エントリーシート対策