事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年12月07日(水) 更新

大手企業で働く事のメリットと退職理由の事例

大手企業、大企業の定義とは?

まずは、大手企業や大企業と呼ばれる企業の定義を調べてみました。有名な企業だからといって、大手企業に属するわけではありません。生活に密着している有名な企業は、大手でなくとも大企業というイメージが持たれがち。

大企業と、そうではない会社の違いと何でしょうか。それでは大手企業、大企業の定義を見ていきましょう。

定義:社員が1,000人超え、資本金1億円以上など

大企業とは、中小企業の基準を超える企業です。企業は、大手企業・準大手企業・中堅企業に分類されます。また、世間的に見た場合、1,000人を超えると大企業と言われるでしょう。

もちろん頻繁にCMに出てくるような会社は、直接消費者が顧客の大手企業ですね。さらに、経営規模が大きい企業は、大手企業と呼びます。このように、大企業と呼ばれる会社には一定の定義があるのです。

大手企業を辞めたい人がそのまま勤めるメリットとは?

大手企業を辞めたい、もしくは辞めるのをためらったときには、大企業に勤めるメリットが天秤にかけられているはずです。

大企業を辞めるかどうか悩んでいる人は、辞める前に大手企業で働くメリットを知っておきましょう。辞めるのは早いと、思うかもしれませんよ。

大手企業に勤めるメリットは大きな仕事ができて充実した制度があること

安定性や充実した保証制度があるのは、大企業で辞めずに働く大きな魅力ではないでしょうか?大企業は教育や研修の機会が充実しています。そのため、仕事の大きさに比例して実力も上がって行きます。

大きな仕事をしたいと願う者にとっては、大企業ほど魅力的な会社はありません。辞めたいと思う前に、ほかの会社で受けられない保証や教育面を今一度考えてみましょう。

なぜ大手企業を辞めたいと思うのか?事例を紹介!

大企業で働くメリットを紹介しました。大企業で働くメリットを見る限り、辞める原因が見当たりませんよね。大企業を辞めたいと思うのは、一体なんなのでしょうか?また、大企業で働くメリットを蹴ってでも退職を選んだ人たちは、大手企業の何が辞める決め手になったのでしょうか?

実際に、大手企業を退職した人の声を紹介します。それでは、大手企業を退職したのは、なぜなのか見ていきましょう。

過酷な労働や面倒な人間関係のせいで辞めたいと思う

大企業を退職した人の理由の多くは、毎日終電が当たり前の環境だった事が一番辞める理由に多いようです。加えて自分の仕事が終わっていても、すぐに帰ることは周りの目が許さないという人間関係に疲れて辞めるそうです。

このように過酷な労働により、大手企業と言えども辞めたいと思う人が続出するのでしょう。大企業と聞くと「安定していて待遇もよくて世間体もいい」と、辞める必要性なんて何一つ見当たらない気もしますよね。でも大企業で働くメリットを蹴ってでも辞めたいと思う人はいるようです。

大手企業は待遇がいいメリットがあっても過酷な労働のため辞めたいと思う人が少なくない

大手企業で働く事のメリットと、大企業を辞める理由を見てきました。大企業と聞くと、安定していて待遇もよくて世間体もいいので、辞める必要性なんて何一つ見当たらない気もします。

でも、大企業で働くメリットを蹴ってでも辞めたいと思う人はいるようです。実際に退職を考えても、たくさんの人から反対されることもあるでしょう。もちろん、大企業で勤めているメリットも数多くあります。辞めたいと思う人はメリットを考えた上で、退職を決めましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム