留学で一番辛い時期と乗り越える方法

更新 / 270 view

留学したてが一番辛い時期

外国

留学前にはいろいろな不安を抱えるのが普通です。語学が通用するか、友人ができるか、ご飯は口に合うかなど、その悩みはさまざまでしょう。しかし、実際に留学をすると想像もしなかったような辛い出来事が次々と押し寄せ、カルチャーショックばかりの日々を送るケースが多々あります。留学したては一番辛い時期です。ここを乗り越えた先に留学の醍醐味があるでしょう。

留学は孤独と焦りの戦い

留学したばかりはカルチャーショックが多く、親しい人もいない環境で一人で対応しなければならないのでとても辛い時期です。しかも、人生でそう何度も体験できるものではありません。ですので、何かを得なければならない、成長しなければならないという焦りもでてくるでしょう。

辛い時期は周囲の日本人に頼っても良い

留学すると最初の頃は辛い時期になりやすいです。勝手の分からない異国の地で頼りになる人もおらず、カルチャーショックの連続です。そんな時は意地を張らずに周囲に頼りましょう。せっかく留学したのだから日本語を話すともったいない、日本人同士でつるんだら意味がないと思うと、辛い時期が長引いてしまいます。

頼るのは悪いことではない

留学先で日本人とばかりつるんでしまうと、せっかくの留学という体験がもったいないと考える人もいるでしょう。しかし、辛い時期には頼るのもひとつの方法です。分からないことがあれば、周囲の仲間を頼って情報を得たほうが何倍も良いです。わからないままにしていると、何も成長には繋がりません。

辛い時期はやがて終わると信じる

留学したばかりの頃は辛い時期です。日本や家族が恋しくなるでしょう。そんな時は無理をせずに日本に電話をしたり、同じ日本人仲間に頼るのもひとつの方法です。そして、辛い時期はやがて終わると信じましょう。閉じこもっていなければ少しずつ留学先に馴染んできますし、耳も慣れてきます。焦りを捨てて留学を楽しんでください。

焦らないのが大切

留学はとても貴重な体験です。それゆえに、留学前には憧れや理想が大きくなりがちです。実際に留学すると理想とはかけ離れていることに打ちのめされ、辛い時期がやってくるかもしれません。早く何かを学ばなければならないという焦りも持つでしょう。その焦りは辛い時期を長引かせてしまいます。肩の力を抜くと、辛い時期から脱しやすくなります。

留学したてが一番辛い時期になるので周囲の日本人を頼って焦らないのが大切

留学すると、最初は理想と現実のギャップやカルチャーショックなどで辛い時期になりやすいです。辛い時期は日本語をしゃべったら留学の意味がないなどと思わず、日本人仲間や日本の家族に頼りましょう。早く何かを学ばなければ、という焦りも辛い時期にはよくあります。肩の力を抜いた方が、留学を楽しめて色々と吸収できますよ。