2017年01月16日(月) 更新

妊娠中に金欠で悩まないための回避策

妊娠中の診察代は必要不可欠

妊娠中、必ず必要となるお金を一度見ていきましょう。どれだけのお金が必要かを知ることで金欠からも回避出来るものです。まずは当然ですが病院代です。病院と言っても出産する1日だけではありません。妊娠したら、定期的に健診する必要があります。その一度の健診がだいたい3,000~5,000円となっています。妊娠中は、胎児のために何度も診察を受けますので、病院費だけは、金欠でなくならないように想定しておきましょう。

分娩入院費などの妊娠時に必要な費用

妊娠中、把握しておくべきお金は健診費だけではありません。もちろん出産時の費用もかかります。分娩入院費はなんと40万円必要であり、これでは金欠である場合、対処しきれなくなってしまいます。しかし、必要なのは病院でのお金だけではありません。マタニティー・ベビー用品がだいたい13万円と言われています。

妊娠中に受け取れる補助金がある

妊娠中、金欠にならない為の対策としては、補助金の申請をしておきましょう。実は妊娠中は受け取れる補助金があるのです。その、補助金の申請を行うと、妊娠中に通う健診費、14回分は無料となるのです。金欠にならないためにも、ぜひ利用すべき制度でしょう。

妊娠中の健診費を無料化させるには自治体へ申請する

妊娠中の健診費を、14回まで無料化させるには自治体へ申請する必要があります。申請と言っても簡単なものであり、自治体の窓口に妊娠届を出せばいいのです。提出する事で母子健康手帳や妊婦健康診査受診票も同時に受け取ることが出来るため、この手段を使って金欠を乗り切りましょう。

それでも金欠な場合は妊娠中でもできるお金稼ぎをする

妊娠中に、健診費の無料化を使っても金欠になってしまう場合もあるでしょう。そんな金欠の時は、妊娠中でもできる、在宅ワークをやってみましょう。PCさえあればできる入力の仕事や、小物の組み立てなど、妊娠中でもできる仕事も少なくありません。決して体に無理なことはしてほしくありませんが、金欠を脱出するには、自宅でできる在宅ワークがいいでしょう。

妊娠時でも法律上は出産前日まで働ける

法律上は、出産前日でも働くことが出来ます。しかしそこまで働くというのは母子ともに危険ですので、必ず病院の先生との相談が必要です。しかし、負担が内容であれば、金欠とならないようにするためにも、出産日の6週間前ぐらいまで仕事をするといいでしょう。

妊娠中に金欠とならないようにするには診察費の無料申請と在宅ワークがおすすめ

妊娠中金欠になった場合の対処法についてご紹介してきました。妊娠中も、生活費や診察費など、何かとお金がかかるものです。妊娠中に今までやってきた仕事ができなくなってしまった場合には、在宅ワークがおすすめです。妊娠中は体に負担のない程度に、金欠回避策としてPCや座ってできる仕事をするといいでしょう。また、診察費を14回まで無料にできる申請を自治体にするのも方法です。金欠回避策をひとつずつ試してみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム