2017年01月16日(月) 更新

債務整理を行うメリットは?キャッシング利用時の注意点

債務整理をすればキャッシングでの過払い金を取り戻せる

債務整理は、抱えている借金を減額して貰ったり、全てゼロにしたり出来る方法です。債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の他に、キャッシングを使って発生した過払い金を取り戻す過払い金請求があり、それぞれに出来る内容が異なっています。基本的には借金を減らす手助けや、払い過ぎた金利を取り戻せるメリットがある方法です。

キャッシングが利用できなくなるデメリットもある

債務整理を行う事で一体何が変わるのかと言えば、借金が減る、もしくは無くなるため生活自体に大きな変化が起きます。基本的には債務を軽減する方法なのでメリットがありますが、逆にデメリットとなる点も少なからずあるのです。それは、債務整理を行うとほとんどの場合キャッシングが使えなくなくなる点でしょう。

債務整理を行った業者のキャッシングは利用出来ない

債務整理を行うのは、お金を借りている債権者である貸金業者に対して借金を減額、もしくは無しにしてくれと言っていることになります。もちろん、お金を貸している側としては簡単にそれを受け入れ出来ません。しかし、債務整理は法に基づいて行う借金整理法のため、法に基づきお金を貸している貸金業者側もそれを受け入れないわけにはいきません。したがって、任意整理や個人再生、過払い金請求といったどの方法を使った場合でも、お金を借りていた業者でのキャッシング利用は、今後一切出来なくなると考えたほうが良いでしょう。

ブラックリスト扱いになってしまう

債務整理を行った場合、すでに完済している金融業者に対して過払い金請求を行うときは、他のキャッシングに悪影響が出ません。しかし、任意整理・個人再生・自己破産に関しては、整理した時点で信用情報機関の情報に事故情報として記載されます。事故情報が記載されると、いわゆるブラックリスト扱いになってしまうので、基本的にキャッシングはもちろん、クレジットカードやローンの使用が一切できなくなるのです。

債務整理から5~10年はキャッシングが不可能

債務整理を行った場合には最低でも5年、長い場合は10年間のブラックリスト入りになります。その間に関しては基本的にはキャッシングの利用は出来ませんが、事故情報が信用情報機関から消えてしまえば、債務整理後でもキャッシングの利用は可能となるのです。まだ5年~10年経っていない場合には、大手消費者金融などのキャッシングは利用できませんが、中小の消費者金融に関しては債務整理後でも利用できる業者が存在しています。

中小消費者金融は審査基準が異なるので利用できる

基本的に債務整理後はキャッシングを利用出来ませんが、中小の消費者金融の中には一部利用可能な業者もいます。これは大手の業者とは異なり審査の基準が異なるためで、債務整理を行った場合でもその業者の審査基準をクリアできればキャッシング利用が可能となる可能性があるのです。もちろん金額は通常よりも少額しか利用できませんが、100%キャッシングが利用できないわけではありません。

債務整理すればキャッシングで発生した借金を減額できるが5~10年は利用できなくなる

債務整理後でもキャッシングを利用出来る業者は存在していますが、ここで考えなければいけないのがその過程でしょう。借金のために債務整理をしたのに、新たなキャッシングを利用するのは大きな問題だと言えます。債務整理を行っても、減額の場合は借金返済が待っているのです。債務整理を行った際はすぐにキャッシングを利用するのは控え、全てが終わった後で利用を考えるのが重要でしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム