2017年01月16日(月) 更新

ボーナス払いでお金が払えない場合の対処法

クレジットカードや車のローンなどの支払い方法にボーナス払いがある

クレジットカードで買い物をしたときや、車のローンなどを利用した場合には、ボーナス払いという支払方法の選択ができます。クレジットカードの場合は支払いをボーナス月まで先送りにでき、車などのローンは月々の支払いを抑えられ、ボーナス時に多めの金額を支払う方法です。そのためボーナス払いで返済を行うと、高額商品の購入なども今すぐに支払いをしなくて良い為とても便利に買い物が出来ます。

ボーナス払いのデメリットはボーナスが出ないと払えない

ボーナス払いは夏や冬のボーナスが出るのを前提にして、支払いを先送りにする方法ですので、基本的にはボーナスが出ないとその支払いを行えないのです。会社の景気が悪くなったなどの理由により、ボーナスカットやボーナス自体が出ないケースもあり、ボーナスで払えないという可能性もあります。ローンなどの契約上ボーナス払いに関しては、ボーナスが出る出ないに関わらず利用できますが、もしボーナスが出なかったときには、その支払いをどうすればいいのかという大きな問題になる可能性もあります。

払えないことを想定してあらかじめお金をプールしておく

クレジットカードでの買い物でボーナス払いを選択した場合には、ボーナスが出なかったときの回避策も用意する必要があります。これに関してはボーナスが出ない想定をして、毎月ある程度のお金を口座にプールし、ボーナスがなくて払えない状態であっても、返済滞りを防げます。もちろん口座にお金を残すのが難しい人もいると思いますが、払えないときの対策は必要となります。

ボーナス払いをカードローンで立て替える方法がある

ボーナス払いの金額が高額な場合には、毎月お金を残していただけでは支払えない可能性もあります。その際にはカードローンで、ボーナス払いを立て替える方法もあります。この方法はカードローンが利用できることが前提となりますが、払えない分をカードローンでお金を借りて支払い、ボーナス払いの延滞を防げるのです。もちろんカードローンの支払いは毎月行う必要がありますが、延滞によりカード停止処分などが起きるのを防止することは出来ます。

ボーナス払いに頼りすぎないのが大事

昔と違い現在では、ボーナスカットなどが多いくらい経済が低迷しているといえます。そのためボーナスが出るだろうという予測の元に、ボーナス払いをするのは非常に危険です。ボーナス払いを使用するのであれば、払えないことがないように回避策を用意しておいて使用したり、ボーナスが出なかった場合でも貯金などで返済が可能な金額に留めて使用すると言った使い方が良いでしょう。

ボーナス払いが払えないとカードの利用停止や解除・料金の一括請求などされる

ボーナス払いが払えないときには、延滞した情報が必ず信用情報機関に記載されてしまいます。そうなるとそれは事故情報として扱われ、最悪の場合にはブラックリスト扱いになりカード利用停止や解除、それに伴う料金の一括請求といった状況に陥ります。これはボーナス払いだけでなく利用しているローンなど全てに関わってきますので、生活が一変してしまう危険もあります。

ボーナス払いが支払えない場合は貯蓄やカードローンで立て替えるなどの回避策が必要

ボーナス払いが払えない状態になると様々な悪影響が生活に生じてしまいます。そのため安易な気持ちでボーナス払いにするのは避ける必要がありますし、最初からボーナス払いをしないと言うことも必要となります。利用しなければ払えないという状況にも成りませんので、どうしてもボーナス払いにする場合にはリスクを理解した上で利用するようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム