2018年09月26日(水) 更新

「マイナビジョブ20’s適性診断」で適職を発見~第二新卒が自分の強みを知って転職活動に成功する方法~

【PR】マイナビジョブ20's

「適職ではない」と感じて転職する20代が多い

転職は基本的に年齢を問わずできるものですが、厚生労働省が公開している「平成27年雇用動向調査結果」から、転職する人が一番多い年代は20代であることが分かります。
その転職理由で多かったのが、「仕事の内容に興味を持てなかった」です。この転職理由から、自分にとって「適職ではない」と感じている人が転職をする傾向にあるのです。しかし、適職に出会えれば転職率が下がるという風に裏返すこともできますので、第二新卒での転職希望者は適職に就くことを目的にするといいでしょう。

適性を理解していないがために最初の就職で失敗している

20代の転職者数から、初めの就職で適職に就けている人が少ないことが分かりました。その理由として、「自己分析ができていない」「なんとなく・受かったから就職した」などの理由が考えられます。
適職に就くためには、自己分析をして自分のことをよく知る必要があります。しかし、自分一人で適職を探すことは簡単ではありませんし、適職かどうかを判断するのも難しいです。
そこで、「適性診断」を利用して、適職を探してみてはいかがでしょうか?

実績抜群の「マイナビジョブ20’s適性診断」

「マイナビジョブ20’s適性診断」は、世界最大級のアセスメント・サービス・プロバイダーの協力のもとで作られた適性診断です。アセスメント・サービス・プロバイダーは毎年世界中で数千万人に利用されていますので、信頼性の高さはお墨付きです。世界中で集められた豊富なデータベースをもとに、みなさんの“本当の適性”を客観的に割り出すことができますので、適職に巡り合える可能性が格段に上がります。

主に第二新卒などの若手社会人が利用している

マイナビジョブ20’s適性診断は、適職に就きたいと考える、主に第二新卒などの若手社会人が利用しています。理由はその名の通り、第二新卒などの若手社会人の転職に特化したサービスであるからです。第二新卒などが利用していますので、年齢が若くても気後れすることなくサービスを受けられ、適職を探すことができます。

簡単なテストで客観的に自己分析ができる

それでは、マイナビジョブ20’s適性診断で何が分かるのか見ていきましょう。
マイナビジョブ20’s適性診断では、簡単なテストで自分のパーソナリティーを9つの側面から自己分析することができます。パーソナリティー(個性)は人によって違いますので、適職探しに欠かすことはできません。自分を理解することが、適職に巡り合う近道なのです。

そして、適性診断の結果から、実際の面接で答えやすい質問や逆に答えにくい質問を見つけることも可能です。これは、自己分析がきちんとできているからこそ分かることだといえるでしょう。マイナビジョブ20’s適性診断は、適職を見つけるだけでなく、面接対策にも役立つのです。

マイナビジョブ20’s適性診断で分かる3つのポイント

様々なことが分かるマイナビジョブ20’s適性診断ですが、仕事をしていく上での自分の特徴も知ることができます。
中でも転職活動に効果を発揮するポイントが3つあります。診断結果からこれらをしっかりおさえて、適職探しの転職活動を成功させましょう!

おさえておくべき転職活動に効果を発揮するポイント

  • 自分の強みがどんな仕事に向いているのか
  • 仕事に影響を与えてしまう自分の弱みは何のか
  • 仕事上で、自分のどんな特徴が活かせるのか

「マイナビジョブ20’s適性診断」と「doda合格診断」ではどっちがいい?

ここで、マイナビジョブ20’s適性診断と、同じ系統の「doda合格診断」を比較して、どちらが第二新卒などの若手社会人の転職に向いているか比較してみましょう。
比較の軸は、①診断で分かること、②対象年代、③取り扱っている求人の種類です。この3つの軸から、第二新卒の転職にどちらが向いているのか見てみます。
※★の数は、第二新卒の転職にどれだけ特化しているかを表したもの

マイナビジョブ20’s適性診断

第二新卒向けオススメ度:★★★★★
①自分のパーソナリティー:★★★★☆
②第二新卒などに特化:★★★★★
③若年者を欲しがっている企業のみ:★★★★★

doda合格診断

第二新卒向けオススメ度:★★★★☆
①志望企業への合格可能性:★★★★★
②どの年齢層にも対応:★★★☆☆
③企業の大小問わず、幅広い:★★★★☆

第二新卒としての利用のしやすや抱えている求人を考慮してみても、やはりマイナビジョブ20’s適性診断の方がオススメです!

適性診断後はキャリアアドバイザーからのサポートを受けられる

マイナビジョブ20’s適性診断後は、結果をもとに、在籍しているキャリアアドバイザーから転職活動のサポートを受けることができます。適職となる求人の紹介や各書類の添削、面接対策、面接日の交渉など、トータルでサポートしてくれますので、仕事をしながらでも効率的に転職活動を進めることができます。

面接対策で志望業界・職種の基礎知識を教えてくれる

その中でも定評があるのが面接対策です。第二新卒は、まだ業界や職種に関する知識が浅いです。そのため、そこをカバーして面接で活かせるように、キャリアアドバイザーが業界や職種に関する基礎知識を伝授してくれます。
知識があるのとないのとでは、志望度や興味関心などで大きな差が出てしまい、面接突破率に悪影響を及ぼしかねません。面接突破率を上げるためには、志望業界や職種に関する知識は必要不可欠だといえるでしょう。

マイナビジョブ20’sの利用とその後の面談の流れ

実際に「マイナビジョブ20’s」に申し込んだら、来社までにテストを受検してください。テストの結果を踏まえ、より効果的な面談を受けることができます。

サービスへの申込み

来社予約
(予約が完了しましたら担当者からテストに関する連絡を差し上げます)

ご来社までにテストを受検
(ご来社の日程までにwebでテストを受検してください。※スマートフォンでも可)

来社&登録

面談・カウンセリング
(テストの結果を踏まえ、面談させていただきます)

専門的なサービスのすべてがなんと「無料」

適性診断サービスや、キャリアアドバイザーからのサポートなどが受けられるマイナビジョブ20’sですが、一見お高そうなサービスに見えてしまいますよね。しかし、安心してください。マイナビジョブ20’sは、そのすべてが「無料」となっています。

マイナビジョブ20’sは、企業の求人を紹介する代わりに、内定を出したら企業から報酬がもらえるビジネスモデルになっています。つまり、あなたが転職で内定を勝ち取れば、マイナビジョブ20’sに利益が生まれ、企業は人手を確保できる、3者にとってメリットのある仕組みとなっているのです。このビジネスモデルのおかげで、利用者は無料でサービスを受けることができます。

マイナビジョブ20’s適性診断は第二新卒の転職サポートに特化している

「マイナビジョブ20’s適性診断」は、他社よりも第二新卒などの若手社会人の転職サポートに特化したサービスです。自己分析がしっかりできるよう自分のパーソナリティーを診断してくれたり、面接対策に活かせる結果を出してくれたりするのが特徴となっています。また、面接対策では志望業界や職種の基礎知識を教えてくれますので、面接突破率を上げることができるでしょう。
第二新卒で、適職探しの転職を検討している人は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

関連コラム