2016年12月08日(木) 更新

17卒化粧品大手内定者 キチョハナカンシャ「なつみ」インタビューvol,1

%e3%82%ad%e3%83%81%e3%83%a71 top

今回は”本気で内定を目指す、就活アイドル”をコンセプトに活動する新感覚社会派アイドル、キチョハナカンシャのメンバー「なつみ」さんにインタビューを行いました。
少人数採用の大手化粧品会社に内定を貰った「なつみ」さん。
アイドル活動と就職活動を同時に乗り切った彼女をインタビューをするうちに、ストイックに就職活動に向き合う姿が浮かび上がってきました。

%e3%81%8d%e3%81%a1%e3%82%87%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99

キチョハナカンシャとは・・・・・・

”本気で内定を目指す、就活アイドル”をコンセプトに、 就職活動をしながらアイドルとしてのLIVE活動等にも励んでいく、新感覚社会派アイドル。 メンバーは全員就職活動中の女子大学生。就職活動の様子を赤裸々に発信していくことで、就職活動の透明化を目指す。 グループ名は、就活生が企業説明会などの後に使う決まり文句「貴重なお話ありがとうございました!」の略。

キチョハナカンシャに入ったのは「大学受験が楽しかったように、就職活動も楽しく乗り切りたいから!」

%e3%82%ad%e3%83%81%e3%83%a71 1

――そもそも、どうしてアイドルグループ「キチョハナカンシャ」(以下、キチョハナ)に入ったんですか

就職活動についてはネガティブなイメージがあるけれど、「楽しく乗り越えられら良いな」と思って、キチョハナに入りました。

――確かに、何事も楽しくできたら最高ですね!そう思った理由は何ですか

「辛くて大変」なネガティブイメージのある大学受験を、楽しく乗り越えた経験があったんですよね。

――大学受験…辛くて大変でしかなかったです(笑)どうやって楽しく過ごしたんですか

友達と一緒に勉強していたんです。
例えば、日本史の暗記は友達に問題を出して貰ったり、
私からも問題を出して、ゲーム形式にして乗り切ったんです。
もちろん、辛い時には友達に話して、お互いに切磋琢磨することで本当に楽しく過ごしました。

また、もともと女子大生のコピーダンスイベント「UNIDOL(※)」に参加していました。
その時から「辛くて大変な就職活動も、楽しく乗り切ろうと思えばできるんじゃないか」とぼんやり考えていて、イベント時にキチョハナと出会ったのが始まりです。

(※大学対抗の女子大生アイドル日本一決定戦※)

サマーインターンで出会ったハイレベルな人材。”レベルの差”を感じ、早くから対策開始

%e3%82%ad%e3%83%81%e3%83%a71 2

――化粧品業界に内定ということですが、早期から対策はしていたんですか?

就職活動の対策は、3年生の夏休み前にインターンシップの選考に行き始めたのが最初です。長期インターンシップ3社に行っていました。
早期に対策をしている人は、ディスカッションで話してもハイレベルな人が多くて、レベルの差を感じました。
「この人たちと勝負して、志望企業の内定を貰うには生半可な気持ちで挑戦するのじゃだめだ」と思い、就職活動には自分を甘やかさずに向き合うことを決意しました。

――どんな風に対策をしたんですか?

エントリーシートはOB・OGの方や友達に添削して貰いました。
意識したのは、化粧品業界志望ではない友達に見て貰うことです。

――それはなぜですか?

誰が読んでも分かるようにしなきゃだめだと思っていたんです。
化粧品業界の人にしか分からない用語や言い回しを使ったエントリーシートでは、
結局どこにでもあるような、誰でも書けるようなもの
になってしまいます。

――かなりこだわったんですね!

やはり少人数採用なので、就職活動にはシビアに向き合わなきゃ絶対に受からないと思っていたので。
後は、採用側にはなるべく、私自身を見て決めて欲しかった。
だから、私でなくては書けない履歴書を完成させるように工夫しましたね

――今は志望動機の例文がウェブ上に溢れているので、コピー&ペーストも可能ですよね。
自分自身を見せるには、徹底的に対策をする必要があるかと思います。

貸し会議室で1日中、友達と面接対策!乗り切れたのは「友達のおかげ」

%e3%82%ad%e3%83%81%e3%83%a71 3

▲就活時に使っていたスケジュール帳を見せて貰うと、就活対策のスケジュールが早期から書き込まれていた。

ーーエントリーシート以外の対策が知りたいです、面接は?

面接の際に訊かれるであろう具体的なキャリアビジョンや、
想定されそうな質問に対して面接時に考えず答えられるように想定問答集も作りました。
具体的にやりたいこと、将来どんな人になりたいのかをあらかじめ作っておことで
しっかり準備をして面接に臨みましたね。

あとは、友達に付き合って貰って面接の練習をして貰いましたね。
貸し会議質で1日中面接の練習をしていました。
答えに対するいいところをほめて貰ったり、嘘つく時に早口になるとか、右上を見るとか
ひとりでは気づけない癖を指摘して貰いながら、対策を進めましたね。

――大学の受験勉強の時と同じですね

そうですね!つらかったけど、一緒に対策した友達のおかげで乗り切れました。

――ディスカッションはどのように対策したんですか?

3年生の夏からインターンに行っていて、そこでグループワークを勧めていたのが対策になりました。
ハイレベル層と話すことでなるべく良いところを盗むようにしたり、逆にあまりディスカッションになれていない人の発言は反面教師にもしてました。
早期に対策することで、優秀な人たちと知り合えたので良かったですね。

身のほどを知ってシビアな現実と向き合う。早期内定したければ早期準備が肝心。

%e3%82%ad%e3%83%81%e3%83%a71 4

――現在、大学3年生に就活対策をする上でのアドバイスがあれば教えてください!

やはり、早めに対策した方が良いと思います。
私は実はディスカッション選考で落とされたことがありません。
理由は、早期から動いてハイレベル層と話し、『これだけ差があるんだ』と自覚する所から始めたからだと思います。そして、ロジカルに考える力や議論をどのように進めるのかなど、良いところを盗んで、自分に活かすようにしていました。

また、たまには自分を甘やかさないと長い就職活動を進める上では糸が切れてしまいますが、自分に厳しく向き合うのが肝心。
エントリーシートにこだわりぬけば、面接での発言に自信が出て来る。面接官にその『本気度』はかならず伝わります。自分を信じて、素直な思いをぶつけて来てくださいね!

「なつみ」さんがエントリーシートや面接対策を徹底的にやりぬいた背景には、『早期対策をして、自分よりハイレベル層に出会ったこと』でしょう。自分が思っている以上に、自分よりもできるライバルが多いことを自覚すれば、なかなか就職活動に本気で取り組めない方も、動き出せるのではないでしょうか。

就活対策にはキャリアパークの早期就活対策講座がオススメ!

%e3%82%ad%e3%83%81%e3%83%a71 5

キャリアパークでは早期に対策できるイベント情報を多数掲載しています。
まだ何も就職活動の準備を進めていない大学3年生は、以下のイベントから始めるのをオススメします!
今のこの時期から対策しておけば、ライバルと差がつけられることは間違いなし。自分の力量を試しに来てくださいね。
▼画像クリックでエントリー!

Lt cp
E 2 top

関連タグ

このコラムに近いイベント

もっと見る

おすすめの就活イベント

人気のコラム