• 2023年卒
  • インターン説明会

早期内定が狙える選考に直結|不動産業界の知識が身につく業界理解インターン

文理問わずに活躍できる「不動産開発」専業が面白い!

昨年に引き続き、情勢の影響を大きく受ける2023年卒の就職活動では、従来にも増して業界選びが重要になっています。この状況下で、さまざまな業界が影響を受ける中、安定した経営を続けている「賃貸物件」の「不動産開発」事業が注目を集めています。

今回ご紹介するレジデンス・ビルディングマネジメント株式会社は、オフィスとレジデンスを自社で開発し、設計、営業、管理まで一貫して行っている総合不動産デベロッパーです。

同社のメイン事業となる不動産開発は、一見、理系の仕事と思われがちですが、用地を取得する際に見込める利益の計算や、どのような建物を立てればより利用してもらいやすいかを検討したり、顧客に提案したりと業務が多岐にわたるため、文系・理系問わずに活躍することのできる業界です。

賃貸物件を中心に取り扱うから安定した経営が続く

同社の取り扱う物件は、賃貸物件がほとんど。

分譲物件を中心に取り扱っている場合、不景気の際にはなかなか購入してもらいにくくなってしまうのに対して、景気が悪くなったとしてもすでに入居している顧客がすぐに出ていくということが少ないため、数年先まで収益の目安をつけることができます。

賃貸物件を中心に取り扱うことで、景気に左右されることのない安定した財務状況を実現しています。

オフィスもレジデンスも! 用地の取得から設計管理まで一貫して携われる企業の業界理解インターン

同社の大きな特徴は、用地取得から建物の設計、営業と管理まで一貫して携わることのできる、不動産の総合デベロッパーであることです。

また、若手のうちは部署異動があり、社内の異なる仕事に挑戦することができるため、20代のうちに豊富な経験を積むことができ、不動産のプロとして幅広いスキルが身につくのも、同社の魅力。

そんな同社だからこそ開催できる当インターンは、具体的にどういったことに挑戦できる業界なのか仕事内容の解説や、不動産業界での位置づけなど、業界に関する研究を深めることができます。
就職活動の中で不動産業界を視野に入れたとき、業界内に様々存在する仕事の中で何をしたら良いかわからない人は特におすすめです。

不動産開発事業が体験できるワークショップで仕事の面白さを体感

当インターンでは不動産開発事業の肝となる、土地の仕入れや、仕入れた土地になにを建てるか検討して賃料とその利回りの検討といった、実践的なワークショップを通じて仕事の面白さを体感することができます。

原価計算書を実際に取り扱いながら、不動産業界独特のキーワードにも触れつつ知識を深めることができるこのインターンシップをお見逃しなく!

※参加方法は対面・オンラインからお選びいただけます

メリット

参加者特典

早期内定が狙える選考に直結

当日の内容

当日の流れ

1部:会社説明不動産の業界研究
2部:ワークショップ
〜不動産開発事業を体験してみよう〜

概要

服装自由
持ち物

対面:筆記用具・電卓(スマートフォン可)
オンライン:カメラ・マイク付きPCもしくはスマートフォン(PC推奨)

対象

対象年次

2023年卒業予定の学生

主催企業

レジデンス・ビルディングマネジメント株式会社

所在地東京都中央区新川1-27-7
事業内容

①不動産開発事業
②オフィスビル事業
③レジデンス事業
④PM・BM事業
⑤海外不動産事業

日程・場所

開催日程一覧

開催場所一覧

オンライン開催

所在地

アクセス

レジデンス・ビルディングマネジメント本社

所在地

東京都中央区新川1-27-7

アクセス会場はこちら

京葉線 八丁堀駅 4分
日比谷線 茅場町駅 7分
半蔵門線 水天宮前駅