降格の転職コラム

降格に関するコラムを13件掲載しています。業界のノウハウ・情報を調べるなら、みんなの知恵がたくさん詰まったキャリアパークで!

降格のコラム一覧

13件中 1 〜 13件を表示

減給や降格を通知する書類の書き方と手続き

減給や降格を通知する書類の書き方と手続き

減給や降格を通知する書類は間違いがあってはいけません。書き方と手続きの方法をご紹介します。減給や降格人事を行う際は、事前に通知するのがビジネスの決まりです。降格や減給は対象者にとって重大な事項ですから、会社は減給通知書などで順序良く手続きを行う必要があります。

16805 view

会社の人事異動で降格が決定したときの伝え方

会社の人事異動で降格が決定したときの伝え方

会社の人事異動による降格に関しては、正式な文書で本人に伝えることが大切です。会社として降格の辞令を下すという事は、正式な内容での通知が望ましいとされています。会社の人事異動による降格における本人への伝え方を紹介します。

11923 view

【細心の注意を払って!】降格を理由に退職する場合の注意点

【細心の注意を払って!】降格を理由に退職する場合の注意点

降格させられてしまうと、生活水準を落とすことになったり、今後の出世の見込みがなくなる場合があります。その場合には、退職して別の会社に就職する方が、将来の自分の為になる場合もあります。 降格を理由に退職することで、あらゆる弊害が生まれる場合もあります。降格を理由に退職する場合の3つの注意点を紹介します。

10302 view

【懲戒処分の原因による?】降格・降給のルールと決定方法

【懲戒処分の原因による?】降格・降給のルールと決定方法

降格と降給は同じタイミングで行われます。その内容に関しては、降格の原因となった出来事の重大さや、その内容によって決定されます。 重大な会社規程違反を犯していても、その動機が不正ではなく会社の為のものであった場合には、処分が緩和される場合もあります。降格と降給の処分の内容に関する決定方法について紹介します。

6796 view

【それって適正処分?】降格人事における違法性と訴訟に発展しかねない異動

【それって適正処分?】降格人事における違法性と訴訟に発展しかねない異動

違法な降格人事を受けた際には、訴訟を起こす場合があります。会社は適材適所に人員を配置するため、定期的に人事異動を行う必要があります。適材適所のための異動なのか、懲戒処分ための異動なのかを明確にしておかなくてはなりません。人事異動の決定者の好みなど職権乱用によって降格となると、違法として対象者に訴訟を起こされる可能性があります。違法な降格における訴訟について見ていきましょう。

11300 view

【事実を書くべき?】降格の経歴を伴う場合の履歴書の記載ポイント

【事実を書くべき?】降格の経歴を伴う場合の履歴書の記載ポイント

転職活動の際に、これまでの業務経歴を全て記載しなければなりません。しかし、降格したことまで記載してしまうと、そのことに関して深く聞かれてしまいます。 上手く答えなければ、不採用の可能性が上がってしまうので、できるだけ降格のことには触れてもらわない様に履歴書を書く事が大切です。降格の経歴を停なう場合の履歴書の書き方を紹介します。

10744 view

セクハラ加害者に会社がとるべき注意・降格処分

セクハラ加害者に会社がとるべき注意・降格処分

セクハラ加害者には処分が会社から課されますが、内容に応じて処罰や降格の度合いも異なります。基本的には、言動のみよりも行動を伴うセクハラに対して、加害者に与える処分内容を重くしなくてはいけません。ここでは、大まかな区分けを見ていきましょう。

11117 view

基本給の減額は違法?降格に関して気をつけるべき点

基本給の減額は違法?降格に関して気をつけるべき点

基本給の減額は違法?降格に関して、気をつけるべき点について紹介します。会社規定、就業規則の定めにより減額も変わってくるのでしょうか?降格によって役職を失うことになれば、役職手当が支払われなくなり、それに伴い多額の給与の減額が行われます。

20535 view

不当な降格人事に対して絶対確認すべき項目

不当な降格人事に対して絶対確認すべき項目

降格人事を受けた際に、「不当な降格だ」と感じたら、ただ受け入れるだけではいけません。正当な理由のない、降格は認められていないのです。もしもの時の為に、ここでは「不当な降格人事を受けた場合に確認すべき事」について紹介していきたいと思います。

41884 view

【違いは何?】降格と降任の対象者と内容に関する基礎知識

【違いは何?】降格と降任の対象者と内容に関する基礎知識

会社での地位を降ろされることを、一般的には降格と呼びますが、降任という言葉も使用する場合があります。どちらも内容は似ていますが、厳密に言えば多少の違いがあります。 そして、使われるのは主に公務員を対象としており、一般企業では降格と表現されることがほとんどです。降格および降任の内容と対象者の違いについて説明します。

16289 view

【その後の待遇が違う】降職と降格における処分の違いとその影響力

【その後の待遇が違う】降職と降格における処分の違いとその影響力

降格と降職は同じものとして使われる場合もありますが、実際にはそれぞれの意味合いは違います。また、それによって今後の待遇も違うので、結果、減給の金額にも違いが生じます。 会社として、降職と降格の違いを明確にして、正しく文書で対象者に通知することが大切です。細かな違いであっても、正しい言葉を使用していなければ労働者から疑問を持たれます。

38520 view

【不当な降格処分を防止】降格の手続きをとる際の3つの注意点

【不当な降格処分を防止】降格の手続きをとる際の3つの注意点

会社が社員の降格の手続きをとる場合には、あらゆることに注意しなければなりません。社長を含めて、複数の役員で委員会を結成して降格に関して話し合うことになりますが、その際には対象者の上司の職権乱用による降格である可能性を疑いましょう。 不当な降格は、裁判を起こされることで会社にも不利益をもたらします。降格の手続きをとる場合の3つの注意点について紹介します。

17458 view

【限度額がある?】降格による給与減額の影響と対処策

【限度額がある?】降格による給与減額の影響と対処策

降格するということは、責任者の立場を降りることに繋がります。その為に、降格に合わせて給与の減額が行われることがほとんどです。 役職が変わることによって、手当の金額が変わり、大きな減額になるケースもあります。降格させられる場合には、給与の減給を覚悟する必要がありますが、通常では減給に限度額が定められています。

12704 view

おすすめのコラム

転職エージェント10社を利用者1000名の評判から徹底比較|エージェントサービスの口コミ紹介〜あなたへのオススメは?〜

転職エージェント10社を利用者1000名の評判から徹底比較|エージェントサービスの口コミ紹介〜あなたへのオススメは?〜

転職活動を有利に進められる「転職エージェント」を知っている人はまだまだ少ないです。エージェントサービスには、求人紹...

124606 view

事務職の採用に有利な志望動機の書き方【例文7選】

事務職の採用に有利な志望動機の書き方【例文7選】

事務の中でも一般事務へ転職希望の方必見!事務職が志望動機を履歴書に書く時の書き方と例文を紹介します。事務は未経験か...

1430839 view

仕事ができない人に共通する16コの特徴と実践すべき改善方法とは

仕事ができない人に共通する16コの特徴と実践すべき改善方法とは

仕事ができない、というのは多くの人が抱えるよくある悩みです。もしも「仕事できない」と悩んだら、その後の行動が重要で...

1079675 view

【未経験OK】女性の転職・再就職で”ベティ”を使うべき4つの理由

【未経験OK】女性の転職・再就職で”ベティ”を使うべき4つの理由

未経験・ブランクありでもOK!働きたい女性を応援する転職支援サイト『ベティ』 

52065 view