労働基準法の転職コラム

労働基準法に関するコラムを12件掲載しています。業界のノウハウ・情報を調べるなら、みんなの知恵がたくさん詰まったキャリアパークで!

労働基準法のコラム一覧

12件中 1 〜 12件を表示

残業時間が60時間以上である事の関する労働基準法の規定

残業時間が60時間以上である事の関する労働基準法の規定

残業時間が60時間以上になると労働基準法上それは違法行為に当たるのをご存知でしたか?今回は残業時間が60時間以上である事の関する労働基準法の規定について詳しく紹介していきます。それでは早速見ていきましょう。

8617 view

強制は違法?休日出勤の法律知識と上手く断る方法

強制は違法?休日出勤の法律知識と上手く断る方法

休日出勤を断るための方法と、労働基準法に関する基礎知識の情報を集めました。休みたくても休日出勤を頼まれてしまう可能性は現実として考えられますが、休日出勤は断ることができるのでしょうか。また、休日出勤を強制するのは違法ではないのでしょうか?

108557 view

公務員が労働基準法の適用がない理由

公務員が労働基準法の適用がない理由

公務員が労働基準法の適用がない理由について、ご紹介いたします。ぜひ、参考にしてください。皆さんは公務員が労働基準法の適用がない理由について、ご存知でしょうか?しっかりと内容を把握して公務員の在り方を考えていきましょう。

54487 view

労働基準法で決められている重量物の取り扱い制限

労働基準法で決められている重量物の取り扱い制限

労働基準法には就業制限業務というものがあり、重量物の取り扱いについても書かれています。年齢や性別で取り扱う重さがそれぞれ決められていて、主に腰痛防止策としての役割が大きいようです。未成年の場合の制限も合わせて紹介します。

115847 view

会社が遅刻・欠勤した労働者に課す罰金の違法性

会社が遅刻・欠勤した労働者に課す罰金の違法性

会社が遅刻・欠勤した労働者に課す罰金の違法性について説明します。遅刻や欠勤をしたり、仕事でミスをすると会社から罰金を課されることがあるようです。そんな「罰金制度」は労働基準法などの法律的に合法なのでしょうか、違法なのでしょうか。

32229 view

夏季休暇が労働基準法で休日ではなく休暇扱いになる理由

夏季休暇が労働基準法で休日ではなく休暇扱いになる理由

夏季休暇は労働基準法においては、休日ではなく休暇扱いになります。その理由を説明します。労働基準法で定める休日は4週間で4日であり、休暇は労働の義務はあるが労働者が求めることにより労働の義務を免除する制度です。違いも一緒に見ていきましょう。

15667 view

労働基準法で定められている重量物運搬作業の項目と注意点

労働基準法で定められている重量物運搬作業の項目と注意点

労働基準法では重量物運搬作業に関する決まりがあります。重い荷物を運ぶ際の制限についてです。事故やケガを防ぐためにも確認しておきましょう。仕事以外でも重い荷物を運ぶ機会があったら、参考にしてみてください。

129964 view

残業が150時間を超える会社への対応

残業が150時間を超える会社への対応

残業が150時間を超える会社も存在します。会社の実態をご一緒に見ていきましょう。残業が150時間を超える会社は、違法とされていますが、なくならないのも実態です。そのような際の対処法をご紹介します。参考にしましょう。

8203 view

交代勤務のシフトにおいて大切な労働基準法

交代勤務のシフトにおいて大切な労働基準法

交代勤務のシフトは必ず労働基準法を参考に作成され、決められた時間以上働けないようになっています。今回は交代勤務のシフトではどんなものがあるのか、また労働基準法で定められた基準以上の労働時間の場合にはどういった対応が取られるのか紹介します。

11671 view

労基法(労働基準法)第15条の概要と契約違反時の対処法

労基法(労働基準法)第15条の概要と契約違反時の対処法

労基法(労働基準法)第15条の概要と、契約違反時の対処法をお教えします。労働基準法第15条をご存知ですか?労働者を守ってくれる重要な法律です。会社側が契約違反したときは、労働者の味方になってくれる法律なのです。ぜひ知っておきましょう。

28489 view

労働協約と就業規則はどちらが優先?労働基準法との関係

労働協約と就業規則はどちらが優先?労働基準法との関係

労働協約と就業規則では、どちらが優先されるのでしょうか?そして労働基準法との関係と一緒に説明します。労働協約と就業規則は、会社で働く際にはなくてはならない規定です。労働者は、この2つの違いと、労働基準法との関係を知っておくべきでしょう。

14479 view

労働基準法に抵触していない?降格時の減給における注意点

労働基準法に抵触していない?降格時の減給における注意点

会社の降格時には、同時に減給が行われる場合があります。この減給には限度額が定められているので、会社は限度額以上の減給は実行できません。 労働者は、労働基準法を知らないために、不当な減給を受け入れてしまう場合もあります。生活水準を大きく落とす原因になるので、減給される場合には、不当な内容でないか確認しましょう。

13931 view

おすすめのコラム

【未経験OK】女性の転職・再就職で”ベティ”を使うべき4つの理由

【未経験OK】女性の転職・再就職で”ベティ”を使うべき4つの理由

未経験・ブランクありでもOK!働きたい女性を応援する転職支援サイト『ベティ』 

52058 view

仕事ができない人に共通する16コの特徴と実践すべき改善方法とは

仕事ができない人に共通する16コの特徴と実践すべき改善方法とは

仕事ができない、というのは多くの人が抱えるよくある悩みです。もしも「仕事できない」と悩んだら、その後の行動が重要で...

1079609 view

転職エージェント10社を利用者1000名の評判から徹底比較|エージェントサービスの口コミ紹介〜あなたへのオススメは?〜

転職エージェント10社を利用者1000名の評判から徹底比較|エージェントサービスの口コミ紹介〜あなたへのオススメは?〜

転職活動を有利に進められる「転職エージェント」を知っている人はまだまだ少ないです。エージェントサービスには、求人紹...

124594 view

事務職の採用に有利な志望動機の書き方【例文7選】

事務職の採用に有利な志望動機の書き方【例文7選】

事務の中でも一般事務へ転職希望の方必見!事務職が志望動機を履歴書に書く時の書き方と例文を紹介します。事務は未経験か...

1430736 view