• オンライン開催
  • 2025年卒
  • 本選考説明会

国内随一の希少技術で日本のインフラを支える建設企業の会社説明会

国内随一の希少技術で日本のインフラを支える建設企業

今回ご紹介する「株式会社梶川建設」は、日本でも13社のみが有する「パイラー」という技術を用いて、河川の増水による氾濫や土砂崩れを予防する堤防を設置したり、橋梁や道路の保守を行い、日本のインフラを整えるプロフェッショナル集団です。それにより人々の安全を守り、自然災害による被害を最小限に食い止めています。近年は環境問題にも着目しており、周囲への配慮と地球との共存に向けて前進を続けています。

また、創業118年の歴史と盤石な財務体質の中で持続可能なキャリア形成も実現。定年退職後も充実させるため、働き方や業界イメージの改革にも積極的に取り組んでいる企業です。

地球環境に優しい独自の技術でSDGsの実現に貢献!

SDGsとは、地球上のすべての人が豊かで幸せに暮す未来の実現に向けて、国連が定めた国際社会共通の目標です。貧困問題や環境問題などSDGsに含まれる様々な課題を解決するために不可欠な、社会生活や産業活動の基盤となる「住みやすいまちづくり」や「強靭なインフラ整備」もSDGsの目標に挙げられています。
同社は、総合建設業者として日本の街やインフラを支える一方で、環境に配慮した技術の開発に取り組んできました。建設工事では騒音や廃棄物など様々な問題が生じます。そういった問題を最小限に抑え、同時に必要以上に地球を傷つけない技術を取り入れることで、身近な人と地球環境を大切にし、SDGsの実現に貢献しています。

国内随一の技術で、日本を災害から守る仕事

同社が保有する「パイラー技術」は、今まで施工困難だと言われた玉石混じりの土壌への工事や、橋梁など上部に障害のある現場のように厳しい制約条件下での工事を可能にする技術。
また、脆弱さが問題となっている土の堤防を【絶対に決壊しない堤防】へと強化することも可能です。インフラの老朽化が進み、メンテナンスが急務な日本では不可欠な技術ですが、この技術を有するのは全国総合建設業約50万社の中で数社のみ。その希少性と豊富な実績から、震災の復興工事や新高速道路工事など全国からご依頼をいただいています。大雨や地震などの災害被害を最小限抑えるための丈夫で安全なインフラをつくることで、この国の街と人命を守る仕事です。

建設業界を就職先人気No.1業界に!

最大の強みは「挑戦」する姿勢。希少な技術を保有するだけでなく、新規事業にも積極的に参入。また、建設業界にある既存のイメージ脱却のため、建設業界に「可愛い」や「エコ」といった新たな概念を導入すべく、イメージ改革にも取り組んでいます。「アソビシステム社」と協力してロゴマークや採用HPを刷新したり、ユニフォームを新しくするなど、業界内でも革新的な取り組みを実践しています。

お席を取られる前にご予約を!

そんな魅力溢れる「株式会社梶川建設」が会社説明会を開催!
少数のお席のご用意となっておりますので、ご興味がございましたら、お早めにご予約されることをおすすめいたします!

当日の内容

当日の流れ

第1部:アイスブレイク(30分)
第2部:説明会(1時間)
 L業界説明(30分)
 L企業説明(30分)
第3部:インターンシップコンテンツ(1時間)

概要

服装スーツ
持ち物

筆記用具

対象

対象年次

2025年卒業予定の学生

主催企業

株式会社梶川建設

所在地愛知県碧南市尾城町2丁目51番地
緊急連絡先株式会社梶川建設 0120-203-575(学生専用)担当:徳島(トクシマ)

日程・場所

開催日程一覧

開催場所一覧

オンライン開催

所在地

-

アクセス

-