2020年06月24日(水) 更新

営業コンサルティングとコンサルタントの違いと志望動機の書き方【例文あり】

営業コンサルティングとコンサルタントの違いが分かる就活生は少ない

キャリアパーク会員の就活生を対象に「営業コンサルティングとコンサルタントの違いは何だと思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • わかりません
  • わからない
  • わからない
  • わからない
  • 前者は顧客を見つけに行く。後者は顧客から相談を受ける。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「営業コンサルティングとコンサルタントの違いは何だと思いますか?」

営業コンサルティングとコンサルタントの違いが分かる就活生は、少ないという結果になりました。なかには、「前者は顧客を見つけに行く。後者は顧客から相談を受ける」と回答している就活生もいます。営業という言葉のイメージからすると顧客を見つけに行くという考えもできますが、実際はどうなのでしょうか。この記事では、営業コンサルティングとコンサルタントの違いについてご紹介していきます。

営業コンサルティングとはどういう職業か

営業コンサルティングは、営業手法について見直しやマネジメントをおこない、企業の業績アップの手助けをする仕事です。営業の役に立つことで依頼主である企業の業績を挙げることができるので、大きなやりがいを感じられる職業といえます。業績を上げ企業から感謝されることで、達成感を得られるでしょう。また、営業に関する深い知識を身に付けることが可能です。営業コンサルティングには、問題を解決する方法について追求しながら自ら勉強していくやる気が求められます。人の役に立つ仕事をしたいと思っている人に向いているでしょう。

営業コンサルティングと営業コンサルタントの違いとは?

みなさん営業コンサルティングと、営業コンサルタントの違いをしっかりと把握しているでしょうか。コンサルティングとコンサルタントは言葉が似ているため、同じだと思われている方も多いですが、実は営業コンサルティングと営業コンサルタントは少しだけ違いがあります。志望動機の書き方と例文を紹介する前に、まずは営業コンサルティングと営業コンサルタントの違いについておさえておきましょう。

コンサルタントはお客様へ現状や課題の気づきを与える

コンサルタントとはお客様が、まだ気づいていないことや整理できていないことに、新しい視点を提供し、そういう視点や考え方があったのかと、お客様に気づいてもらうのが仕事です。また、現状や課題について、お客様に代わって整理し、誰もが理解できるように、文書化したり説明するのが仕事といえるでしょう。お客様は、そんなコンサルタントの提言で自らの課題に気づき、整理ができます。そしてその解決策について、自ら検討するきっかけを得るのです。

コンサルティングは具体的な解決策を示し働きかける

先ほどは、営業コンサルタントについて具体的に紹介しましたが、営業コンサルタントとはどのような仕事なのかをしっかりと理解できていますか?次はコンサルタントに変わって営業コンサルティングとはどのような仕事なのかを紹介します。前述でも紹介したように、コンサルティングとコンサルタントは一緒だと思われてしまう人が多いですが、実は違います。

コンサルタントの仕事をコンサルティングが進めていく

コンサルタントはお客様が気づけていない部分にこちらが気づき、提供するといった仕事です。そしてコンサルティングでは、コンサルタントの仕事を更に進めていきます。コンサルティングとコンサルタントには、こういった違いがあるといえるでしょう。

営業コンサルティングを受ける際の志望動機の書き方とは?

営業コンサルティングと営業コンサルタントの違いをおさえられたでしょうか?

それでは、続いて営業コンサルティングを受ける際、志望動機の書き方で重要となるポイントを紹介しますので、しっかりとおさえておきましょう。履歴書において志望動機は一番重要な部分ですので、しっかりポイントを押さえておいてください。

コンサルティング職にどうして興味を持ったのかを書く

営業コンサルティングの職種だけに関わらず、履歴書の志望動機を書く上では、どうしてその職種に興味を持ったのかを具体的に書くのは必須です。ただ興味を持ったいきさつを書くのではなく、具体的なエピソードも書き興味をもったという話に説得力を持たせるのが、志望動機の書き方では重要です。

入社後どのように会社へ貢献できるのかを書く

こちらも営業コンサルティングの職種だけではなく、履歴書の志望動機を書く上ではかなり大事です。採用担当者も、応募者に期待するものがあるから採用するわけです。ですから、自分を採用すれば会社にこのような利益をもたらす、またはこのように会社へ貢献できるといった部分を見せるべきです。それが多数いる応募者の中から、自分を選んでもらう確率を上げる秘策ともいえます。履歴書で志望動機を書く際には、どのように会社へ貢献できるかを、具体的に説得力を持たせられる話と合わせて書きましょう。

インターンの時期までに、自己分析を終わらせておこう

就活には自己分析が必須。遅くても、インターンの時期までに終わらせる必要があります。ただ、やり方がわからず、上手く進められない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、万全の準備を整え、内定への最短距離を走りましょう。

営業コンサルティング職へ応募する際の志望動機の例文

それでは、営業コンサルティング職の志望動機の例文を、具体的な例文を交えながら紹介します。例文はあくまでも例とし、自分なりの言葉や表現で志望動機は仕上げるようにしてください。先ほど紹介したコツを踏まえて見てみてください。

例文①どうして働きたいと思ったのかを具体的に書く

【例文】
大学卒業後はメーカーに就職し、総務部に配属されました。製品のサポート業務を担当しており、やりがいを感じる日々でした。ですが、もっと人と触れ合いながら、仕事をしていきたいと思うようになりました。

私は昔から、人に話すよりも聞くことの方が好きで、友人からの相談などにのることが多かったです。このような、自分の持ち味を生かしながら、仕事をしたいと考え、応募いたしました。

貴社では、相談者の立場に立つことで、誰からも信頼されるコンサルタントを目指していきたいと思っています。合わせて、企業や人、社会への貢献を一番に考えていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

例文②過去の経験とどのように企業へ貢献できるかを書く

大学卒業後、化粧品メーカーで企画部に4年間所属しておりました。商品企画に関わっており、商品の見直しから販売までの担当でした。その中で、商品よりも企業の改善をしていきたいと感じるようになりました。

前職では、チームメンバーと改善案を模索し、アイディアを出し合うことで、問題解決を図るのが得意でした。その結果、売上120%を達成することが出来ました。

これまでの経験で培った、問題解決能力などを活かし、営業コンサルティング未経験の壁を越えて、1日も早く、クライアント企業からの信頼を得て、即戦力として貴社に貢献できるように、頑張っていきたいと考えています。

コンサルタントと営業コンサルティングは明確に違うので志望動機は経験や意気込みを具体的に書こう

営業コンサルティングを受ける際の、志望動機と書き方と例文を紹介してきました。コンサルティングとコンサルタントの違いはしっかりご理解できましたか?言葉は似ていても少し違うので、コンサルティングとコンサルタントは一緒の仕事だと思わないようにしてください。また、志望動機の書き方で重要となってくるのは、どうして営業コンサルティングの職種に興味を持ったのかという具体的な理由と、採用されたらどのように会社へ貢献できるのかといった2点でした。ここで紹介した内容を参考に、ぜひ営業コンサルタントへチャレンジしてみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶仙台会場へのお申し込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します。