2018年10月11日(木) 更新

【広告業界の全体像】志望動機作成に役立つ情報と盛り込み方

6a0ed8043a8a1688

この記事の監修者

キャリアアドバイザー

赤塩 勇太

大学を卒業後、新卒で採用コンサルティング会社に入社。キャリアアドバイザーとして、1,000名以上の就活生に対してキャリアセミナー、面談を実施。その後、採用コンサルタントとしてクライアントの採用課題の解決に従事。法人・求職者双方の目線から、適切なアドバイスを提供している。

広告業界とは

広告代理店は広告主とメディアを仲介する

広告業界といって思い出されるのは、電通や博報堂などの広告代理店でしょう。現代の広告は一般的に、広告を出したい企業がテレビや新聞などのメディアが提供する広告枠を買って広告を出すというシステムになっています。広告代理店は、企業が広告枠を探す際に広告枠の売買を仲介し、その手数料をもらうことで収益を得ているのです。

広告業界は実力主義

広告業界は実力主義なところも多いです。残業が多く激務な印象がありますが、それも実力主義が関係しているといわれています。しかし、実力次第で高収入が得られるのも事実です。また、自分が手掛けた広告が形になって世に出る瞬間に、何物にも代えがたいやりがいを感じられるといえます。
広告業界は基本的に週休2日制です。サービス業界とは違い、相手が企業になるため土日休みは守られやすい環境にあります。

激務な業界のひとつ

広告業界は、忙しい業界として知られています。スピードが要求される業界であるのが、その理由です。広告業界は、いかに人の心に残る広告を出すかということが重要になってきます。人の心は流行に左右されやすく移り変わりが激しいので、それに合わせて広告業界も常に新しい広告が求められるのです。
広告業界には入稿期限というものがあり、いくらクライアントの事情や、ほかの関係者の事情が変わっても入稿期限は守らなくてはなりません。時間を度外視して働くことで入稿期限に間に合わせるという文化が根強い業界なのです。

広告業界についてより深く知りたいあなたに資料を無料プレゼント

広告業界はテレビ・新聞・ラジオ・雑誌など幅広く、どういった種類の企業があるのかから知る必要があります。ざっくりと広告業界を志望というあなたは、まずはそれぞれの種類と特徴から知る必要があるでしょう。また、志望動機を作成する際や、その先の面接の段階に進んだ際には、あたりさわりのない発言をするよりも、ビジネスモデルや企業の特徴を知ることで、ほかの就活生と差を付けることができます。
キャリアパークでは、広告業界の業界研究マニュアルを無料プレゼント中です。下記の資料は、業界の現状や展望・課題など、就活生が知るべき業界の情報が1から分かる内容となっています。 広告業界を考えている19卒のみなさんは、早いうちから業界研究をおこない、必要とされる人材の特徴を把握しましょう。

広告業界の始まりは「スペース提供」

空白スペースを埋めることが目的

新聞やチラシ、テレビのスペースを埋める仕事が、広告業界の始まりです。空白のスペースを埋めるには、広告を募集する必要があります。その、広告募集を商品として売り出したのです。広告を売ることで、空白スペースを埋められます。

空白を埋めるために周りのサービスを強化している

しかし、空白を埋めることだけをビジネスとしていたわけではありません。広告には、文章やイラスト、写真など様々な形態があります。その形態を提供することも、広告を売る施策です。
他にも、広告と連携したイベントの開催や芸能人を活用した広告宣伝、広告に出した商品のマーケティングなどもサービスとして提供するようになりました。

営業がスペース提供のカギを握っていた

広告業界において、営業職の存在は大きいものです。空白スペースを売るには、顧客に対し、スペースが空いていることをアピールする必要があります。そのスペースに関するアピールが、営業の仕事です。アピール方法を間違えれば、他の広告企業に顧客を取られてしまいます。魅力的な営業トークが、空白のスペースを売る鍵となっていたのです。

広告業界の仕事内容

広告業界への就職を目指すなら、広告業界を十分に知らなければなりません。きちんと仕事内容も知っておかないと、就職したあとで「こんなはずじゃなかった」と思う可能性もあるのです。自分は何をするのが好きで、何が得意で、広告業界で将来的にどうなりたいのか、しっかり考えておきましょう。

仕事内容①:広告営業

広告代理店など、企業のマーケティング活動を取り扱う会社は、各メディアの広告枠を仕入れ、広告・販促の計画を立て制作物を作るなどの機能を抱えています。こうした機能を取り仕切り、依頼主である企業にとって最適な広告や販促活動を提案するのが広告営業の仕事です。
さらに、広告営業には社内のプランナーやディレクター、クリエイターを束ねるプロデューサーとしての役割もあるのです。各業務の進行管理や品質管理なども広告営業の仕事内容に含まれており、幅広いスキルが求められます。 よりよい成果を得るために、各担当者のモチベーションをコントロールする力も広告営業には求められるでしょう。

仕事内容②:コピーライター

どのような言葉ならば人々の心に響くのか、インパクトがあり訴求力のある広告を作るにはどうすればいいのかを考えて実現するのが、広告業界のコピーライターの仕事になります。コピーライターというと、広告のキャッチコピーを考える人というイメージがありますが、その仕事内容は実に幅広いのです。
広告業界でコピーとは、広告全般を指します。コピーにはキャッチコピーのほかに、サブキャッチやタグライン、ボディコピーなどがあり、これらのライティングもします。また、ネーミングやパッケージの裏書き、テレビCMのナレーション、コマーシャルソングの歌詞、企業スローガンまで考えるのです。また、プレゼンテーションの企画書を書き、プレゼンの現場でクライアントに説明することもあります。

仕事内容③:クリエイティブディレクター

クリエイティブディレクターは、総合的に広告に関わる仕事です。広告戦略から、制作などのクリエイティブな仕事を担当しています。プロジェクトを総合してまとめる立場でもあり、周囲のマネジメントもしなければなりません。

広告業界の業界用語

広告業界では、頻繁に業界用語が飛び交っています。就活時に覚えておくと、インターンシップ等で役立ちます。広告に関する分析の用語が多いです。覚えておきましょう。

広告業界用語

・インプレッション数:広告がユーザーに表示される回数
・クリック数:広告がクリックされた数
・クリック率:広告表示回数+クリック数
・コンバージョン:会員登録やダウンロード数など、成果に対する行動
・ユニーク:広告を閲覧した人数
・ページビュー:広告が表示された回数

業界研究は時間をかけて行なう

本や説明会の資料を参考にする

広告業界の業界研究は、時間をかけて行いましょう。時間をかければかけるほど、深く広告業界について知れます。逆に、時間を短くして調べていると、内容が薄く意味がないこともあります。業界研究は、本や説明会の参加などでしっかりと時間を取りましょう。
本で事前準備をして、広告企業の説明会へ行くとより深く広告業界について知れます。様々な媒体を上手に活用してください。

業界地図で動向を確認する

業界地図で、広告業界全体の動向をチェックしておいても良いです。業界地図は、就活生が企業情報を確認するのに最適な一冊になります。企業単位ではなく、業界単位で調べてみましょう。業界全体を見渡せば、動向もチェックできます。

6a0ed8043a8a1688

キャリアアドバイザー|赤塩 勇太

競合他社との違いに目を向ける

業界地図に目を通してマクロな情報についての把握ができたら、気になる企業の有価証券報告書などにも目を通してみましょう。また、企業研究を行う際は、気になる企業のみを調べるだけでなく、競合他社との違いにも目を向けて客観的な企業情報を集めていくと効率よく進められるはずです。

有名な業界誌を読んでおく

有名な業界雑誌を、時間のあいた時に見ておいても良いでしょう。業界雑誌には、その業界に関する情報がたくさん隠れています。本屋だけでなく、コンビニにもおいてあります。
また、その雑誌の内容だけでなくどの出版社から出された本なのかも調べておくと出版業界についても知れます。出版業界と広告業界は、同じ情報を取り扱う業界です。片方を知るより、両方知っておいた方が幅が広がるでしょう。

広告業界の現状

広告業界のシェア&企業ランキング

業界動向サーチの記事をもとにした、広告業界の近年のシェア&ランキングは以下のとおりです。

広告業界ランキング

・電通
・博報堂DYHD
・アサツーディ・ケイ
・サイバーエージェント
・デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

広告業界のシェアは、1位の電通だけで実に53.3%、2位の博報堂DYホールディングスが25.3%、3位のアサツーディ・ケイが7.9%となっています。なんと、この3社の広告代理店だけで広告業界の86.5%のシェアを占めているのです。電通や博報堂の力がいかに大きいかを如実にあらわしています。

ネット広告は必須

ITの普及により、インターネット広告が急激に伸びており、広告代理店各社もインターネット広告分野への取り組みに力を入れてきています。広告業界にとって、ネット広告はなくてはならないものになってきており、ただネットに広告を掲載するだけでなく、テレビやイベントと連動させてキャンペーンするケースも多いです。
若者を中心にテレビ離れが進んでいる近年において、ネットを中心とした広告が影響力を持っています。広告業界を目指すのであれば、ネット広告の種類や仕組みなどの知識をつけておくとよいでしょう。

プログラマティック広告の普及

ネット広告の増加と、スマートフォンの普及を受けて、プログラマティック広告取引も普及するようになりました。「advertising(広告)」と「technology(技術)」を組み合わせたアドテクノロジーによって、消費者のデータに基づいて、その広告に興味を持ちそうな人に対象を絞り、自動的に広告枠の買い付けができるようになってきてます。
これにより、広告主はいつでも好きな時に最小限の予算でデジタル媒体へ出稿し、見せたい広告を状況に応じてターゲットへ届けられるのです。広告会社がメディアの広告枠を手動で売買し、そしてマージンを得るという従来のやり方から脱却する方法として注目を浴びてます。

グローバル化が進んでいる

グローバル化が進んでいる点も、広告業界の現状といえます。電通は、オランダ最大のオムニチャネルCRM会社「オクシマ社」の株式78.8%取得で合意したことを発表しました。クライアントのグローバル化により、英語が話せる人材も珍しくありません。海外のクライアントと会議をおこなう際も英語は必要です。そのため、英語を話せる人材の需要は今後ますます高まっていくことでしょう。

広告業界の課題

広告を介して付加価値を生み出す

今後の広告会社は、単に広告枠を販売するだけではなく、広告を介し付加価値を生み出すことがより一層求められるでしょう。ターゲットが大衆から個へと細分化されたことで、従来のやり方では消費者への訴求が難しくなっています。一方で、量や効率性の部分は技術によって解消されつつあり、個々の消費者により濃く深い情報発信もできつつあるのです。
個への訴求力をどのように向上させていくのか、それとも場所や時間といった既存の枠にとらわれない新たな広告枠を生み出していくのか、ビジネスモデルの再構築も含め、つくり手としての手腕が問われています。

広告業界の働き方改革

電通に入社した女性が2015年に過労自殺したことが、大きな社会問題となりました。問題になったような就労の実態は、広告業界全体で以前から指摘されてきたことです。そういった問題に対し、業界全体で改めて対応策を考える必要があります。

インターネットと広告の融合

広告業界のなかで最も大きな課題となっているのが、急成長を遂げたインターネットと広告の融合です。テレビ離れが進む一方で、インターネット市場は拡大し続けています。消費者側も変化し、消費者自身が情報を発信して消費の動向を左右するまでになっているのです。消費者とのコミュニケーションにどうインターネットを取り入れるのか、インターネットでの集客や販売をどうするのか、SNSをどう利用すべきなのか、多様化する広告主のニーズへの対応を考えていかねばなりません。

広告業界のこれから

インターネットを媒体とした広告を扱う企業も増えてきていますが、それは当たり前になりつつあります。広告のデジタル化だけでは、他社との差別化は図れません。セールスプロモーション分野など新たなビジネスの展開により、新規のマーケティングや市場の開拓が大切だと考えられています。
今後は、上記の課題をいかに解決し、新しいビジネスモデルを生み出していけるかによって、広告業界内での各企業の勢力図が変わっていくでしょう。現在、市場を独占している電通と博報堂DYホールディングス以外の企業にとっては、とくに大きな課題で、淘汰される企業と成長していく企業の格差が大きくなっていくと予想されます。

広告業界の志望動機作成ポイント

表現力・コミュニケーション能力・ニーズの把握を取り入れる

広告業界の仕事内容は、誰かに何かの情報を発信することであるといえます。つまり広告業界に就職するために最も必要なのは、表現力とコミュニケーション力でしょう。
さらに企業研究をおこなえば、志望する企業ではどのような人材を求めているかがわかります。 就職を志望する企業のニーズに応える人材であると宣言できると、採用担当者に好感を持たせる志望動機になるのです。
広告業界への志望動機は、表現力とコミュニケーション能力、志望する企業が求めるニーズを踏まえて書きましょう。

世相を志望動機に反映させる

広告業界は、その時代を反映する人や物を取り上げることが多いです。広告業界は時代と密接な関係にあるからこそ、世相についてよく把握しておくようにしましょう。世相を理解しておくと、広告業界において何を発信していきたいのかを志望動機に絡める場合に、世の中の流れを掴んだ志望動機が書けます。

広告業界の説明会で得た情報を取り入れる

広告業界の会社説明会に参加しているならば、広告業界のあり方や働き方、広告代理店の役割、あるいは会社の風潮など、多くの情報を手に入れたことでしょう。これまでに得た 広告業界に関する情報は志望動機に取り入れるとよいです。

広告業界が求める人物像を把握する

広告業界は、人との関わりが仕事をする上で大きなカギとなります。そのため、コミュニケーション能力をはじめ、人間的魅力がある人が求められるのです。人間的魅力とは、採用担当者に「一緒に働きたい」と思わせる魅力でしょう。常識のある人間性や根性があると、コミュニケーション能力や周囲の人々との関り方が重視される広告業界で共に働く仲間として受け入れられる可能性が高いのです。人当たりのよさも大切ですが、「この学生は仕事で何をしてくれるだろう」という期待感を持たせましょう。

広告業界の志望動機の例文

例文①

私が貴社を志望する理由は、デザインについて最先端の技術を持っている点に魅力を感じたからです。昨年、デザインの勉強のために海外に1年間留学した際、海外広告の奇抜さを目の当たりにしました。あのような素晴らしい技術を学ぶためには、最先端のデザイン機器、技術が必要だと現地で聞き、日本でこの最先端の技術を持っている企業を調べたところ、貴社を知りました。
このような最先端技術を持って、デザインを作っている企業は他社には見当たらず、ぜひ貴社で、留学で学んできた能力・知識を活かし、デザイナーとして勤務させていただきたいと考えております。

例文②

私は、広告を作る際に大切なのは、遊び心や好奇心ではないかと考えています。消費者にその商品を買ってもらうようリードするためには、常に時代の流れに敏感でなければならないと思います。私は常に広くアンテナを張り、ネット・テレビ・書籍・口コミなどあらゆる方法で、情報をインプットするよう意識し、話題になりそうなスポットにはいち早く足を運ぶようにしています。
また、このように情報を仕入れる際に見る広告の存在に大きな価値と魅力を日々感じています。自身の強みを生かし、広告で時代をリードするクリエイティブディレクターとなり、喜びと充実感を感じたいと強く感じております。
広告業界で大きなシェアを誇る貴社だからこそ、さまざまな広告に携わることができ、やりがいも大きいと考え、志望させていただきました。

例文③

貴社を選んだ理由は、多種多様な求人媒体を扱っている総合広告代理店であるという点に強く惹かれたためです。お客様のニーズに応えるためにも、様々な提案ができる貴社のサービスは大変強みであると考えております。
大学では、3年間カフェのアルバイトをしていました。接客のほかにメニューの考案にも携わり、お客様のニーズを把握する力とそれを形にすることの難しさを学びました。お客様の心に届くメニューを考案することにやりがいを感じ、ニーズに合ったサービス・商品の提供を以前より興味のあった広告業界でつきとめたいと強く感じました。
この経験で身に付けた熱意と探求心を活かして、貴社でいち早く成果を出せるよう精一杯取り組んでまいる所存です。

広告業界は業界研究が重要!全体像を把握した上で志望動機を考えよう

広告業界で働くには、志望動機で表現力やコミュニケーション能力、志望する広告代理店が求める人材であることを売り込めるように書きましょう。広告業界を目指すに至った具体的なエピソード、広告業界・広告代理店でどのように成長したいかを取り入れると、論理的で魅力的な志望動機になります。
企業によっても求められる人材像は異なります。下記の広告業界の内定者ESをぜひフル活用して、どんな就活生が内定を取れるのか分析をしてみてください。

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

9ae284e4e96406ea

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

マネージャー/役職者志望の必須スキル「リーダーシップ」を身につける【リーダー体感2Daysインターン】
  • 2020年卒
  • 会社説明会

マネージャー/役職者志望の必須スキル「リーダーシップ」を身につける【リーダー体感2Daysインターン】

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.08.29 23:55 ...

“真のリーダーシップ”とは。リーダーシップ・フォローシップを学び、ビジネスエリートに必須のスキルを身につける!

524 view

【大手や上場企業も参加】注目企業がキミを直接『SCOUT(スカウト)』する。【特別選考会】
  • 2020年卒
  • 会社説明会

【大手や上場企業も参加】注目企業がキミを直接『SCOUT(スカウト)』する。【特別選考会】

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.12.16 12:00

早期内定を目指す方へ! 当日中に選考パスの可能性もある、スカウト型イベント開催!

22963 view

【システムエンジニアを目指す方ONLY】IT業界30年の講師が登壇! 的確な指導が魅力、多数のSEを生み出したプレミアムセミナー!
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

【システムエンジニアを目指す方ONLY】IT業界30年の講師が登壇! 的確な指導が魅力、多数のSEを生み出したプレミアムセミナー!

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.10.10 12:00 ...

SE職を目指している学生にとって、とっておきのイベントをご紹介します。SE適性も、IT系技術職の面接選考準備もこれでばっちりです。

4973 view

もっと見る

おすすめの就活イベント