2018年03月30日(金) 更新

【IT企業】志望動機のポイントや例文~業界研究マニュアルもご紹介~

IT企業に新卒入社する志望動機の書き方とは

新卒で入社するために、志望動機は自分をアピールすための重要なポイントです。IT企業への入社を検討する場合にあたっても、志望動機が重要であることに変わりはありません。志望動機は志望する企業にしか当てはまらないような内容を書くことが求められてる傾向がありますが、その前に業界ごとによって志望動機におけるアピールや書き方が異なってきます。

この記事ではIT企業が好む傾向にある志望動機の書き方を、IT企業の特徴や傾向を踏まえた上でポイントを紹介していきます。最後に例文も紹介していますので、自分なりの志望動機作成に役立ててみてください。この記事はIT企業全体を考察したものなので、志望動機の作成の際には志望する企業の研究を忘れずにおこないましょう。

IT企業に入りたいなら業界研究は超重要!

圧倒的なスキルを身につけるならIT企業

突然ですが、IT企業を志望しているみなさんは業界研究はばっちりですか?実は、IT業界は就活生に人気の就職先となっています。IT技術の発展にともない、IT業界は今後も需要があるのです。人気の就職先であるIT企業に内定するためにも業界研究は必要になります。業界研究を進めることで、ライバルと差をつけることができるのです。

早いうちからIT業界の情報を知っておくべき

IT企業を志望しているなら、早いうちから業界研究をおこない情報を知っておくべきです。ただ、業界研究というと、「難しそう」「時間がかかりそう」と考えている就活生も多いのではないでしょうか。そこで、キャリアパークでは、IT業界を志望する学生のための業界研究マニュアルをご用意しました。まずはキャリアパークの資料を無料でGETしてみてはいかがでしょうか。下記のサムネイルをクリックし、簡単に入手することができます。

学生がIT企業に感じる魅力は将来性

調査方法:twitterを使用して学生にアンケート
調査実施日:2017/1/12
投票数:93

本記事で、まずみなさまにご紹介したいのが、キャリアパーク編集部で独自に行った、就活に関する意識調査の結果です。Twitterを利用しフォロワーである学生に「IT業界の魅力は?」というアンケートを実施しました。結論、「将来性がありそう!」と回答した学生が全体の39%となりました。続いて「稼げそう!」が32%、「異性にモテそう!」が18%、「モノづくりで楽しそう!」が11%、という結果になっています。

学生はIT企業に対して、将来性や収入面に魅力を感じているようです。そのようなIT業界で採用されやすい志望動機について、さっそく確認していきましょう。

IT企業とは?

IT分野の職種はたくさんある

ひとくちにIT企業と言っても、その職種はさまざまです。IT企業の業態は、次の4つの分野に分けられ、おもな職種は以下のようになります。

IT企業の4つの業態と職種

【 web/インターネット系】
 webデザイナー、webディレクター

【通信/情報処理系】
 ITコンサルタント、セールスエンジニア

【ソフトウェア系】
 プログラマー、システムエンジニア、ネットワークエンジニア

【ハードウェア系】
 組み込みエンジニア

このようにITの分野は細分化されており、職種も多岐に渡っているのです。

担当領域や仕事内容によっては一時的に激務になることがある

IT企業の中でもエンジニアという職種は、担当するプロジェクトの進捗によっては「数日間ほとんど寝れない」ということも多々あります。一年中ずっと忙しいというよりも、”繁忙期が激務になる”ケースの方が多いです。もちろん、IT関連のベンチャー企業であれば、”年中激務”という企業もありますが、全体的に常に激務という訳ではありません。

技術の進歩に合わせ勉強し続けなければならない

ITの分野は、日々めまぐるしい進化を遂げています。そして、技術進化はこれからも続くと想像されるのです。そのため、IT企業でしっかりとキャリア形成を目指したいのであれば、常に”新しい技術や情報”を勉強し続けなければなりません。IT企業を目指す人には、新しい技術に積極的かつ継続的な学習意欲が求められるのです。

仕事を進める上で筋の通った思考が求められる

IT企業では、感情論よりも論理的な考え方や話し方が求められます。ITエンジニアは職業柄「なぜその機能が必要なのか?」「なぜその機能を実装する必要があるのか?」など疑問を抱くことが非常に多く、その疑問に対し納得できる説明しないと動いてくれない方が多いのです。したがって、しっかりと根拠を持って考えて、それを説明できないと仕事をうまくすすめることができません。IT企業は、「論理的とかは無理」「理屈っぽい人は苦手」という方には合わない可能性があります。

IT業界の今後の展望と課題を知る

IT業界を志望する学生は相当数います。それぞれが自分の特徴を考えた上で志望してきますので、競争率は高いです。そこで差がつくのが業界をどれだけ深く理解しているかという点にあります。そこで業界の今後の展望や課題、各社の特徴や強みを徹底解説したIT業界大研究Bookがおすすめ。これを読めば、誰よりも深い業界研究が可能です。

IT企業への志望動機を書く際のポイント

①なぜIT企業を選んだのかを書く

IT企業への志望動機を書く際には、IT企業を選んだ理由を書くと思います。そのとき、なぜIT企業でなければならないのか、ITに興味を持ったきっかけをエピソードを交えて説明するようにしましょう。業界研究を十分におこない、他の業界との違いやこの業界の魅力を理解しておくと、志望動機がより魅力的になります。

②なぜ他企業ではなくこの企業なのか

志望動機になぜ他企業ではなくこの企業なのかも書いて、入社したい意欲を示しましょう。自分が感じた他の企業にない魅力や企業の強みを挙げて、自分がそれにどう関わっていきたいのかを具体的に述べてください。どうしてもその企業に入りたいとアピールするのですから、他の企業にも使えそうなフレーズや言い回しは避けましょう。その企業に合わせた志望動機が必要です。そのために企業研究から、その企業が業界内でどのようなことをおこなっていて、他企業との違いが何なのかを把握しておく必要があります。

③IT企業で何がしたいのか

入社後、自分が仕事を通じて何がやりたいのかを書くのもよいでしょう。自分のどんな能力を活かして、その企業の何にどのように関わりたいのかを伝えるのがベストです。その企業において、どのように企業や社会に対して何ができ、貢献していくのかを述べるとよいでしょう。

IT企業に採用される志望動機の例文4つ

志望動機を重要視している企業は多いです。企業は、志望動機から会社への志望度を確認すると同時に人柄を見ています。しっかりと準備をして志望動機を魅力的なものにしておきましょう。魅力的で説得力のある志望動機に必要なことは、具体性と人柄です。志望動機ではIT業界への知識や興味、これまでの過ごし方や人柄を判断するため、企業側はとても重視しているのです。それでは、次にIT企業の志望動機の例文を見ていきましょう。例文を見て、実際にどういう風に書くべきなのかイメージがついてくると思いますので、参考にしてみてください。

IT企業の志望動機の例文①

私はITを通じ、人々の生活がより便利になるような事務システム作りに貢献したいと考えています。私は大学の講義で、伝票処理などの経理業務を簡素化するシステムをつくった経験があります。仕組み自体は簡単なシステムでしたが、使用した経理担当の方からとても感謝されました。このとき、IT技術の活用が仕事や生活が便利なものに変えていくことを実感したと同時に、モノを作るという楽しさを知りました。貴社でのシステム開発に携わることができましたら、これまで学んできた知識を活かして、ITシステムを活かした効率化に尽力し、社会に貢献したいと思います。

IT企業の志望動機の例文②

私は、IT技術で人々の暮らしを支える仕事に大変魅力を感じています。貴社は、様々な業種の顧客様のニーズに対応してきた実績があります。インターンシップに参加して、社内教育が充実していることを知り、それが社員一人ひとりの自覚やスキルアップにつながって技術や商品に反映されているのだと実感しました。日々変化するIT技術にも対応することができると、顧客満足にも繋がると思っています。私は大学時代に、スマートフォンのアプリを開発していました。そこで得た知識やノウハウを、貴社で活かしたいと考えています。

IT企業の志望動機の例文③

私はシステム設計に興味があったため、システムを実現させて多くの方に利用してもらえる貴社を志望いたしました。独立系である貴社のパッケージ製品は、他の企業が取り扱っていない特殊なシステムを取り扱っており、とても魅力的だと感じました。私としましては、そのシリーズ製作に参加させていただきたいと考えております。貴社で十分活躍できるよう、ノウハウを早く溜め込みつつ、将来的には貴社において自分の考えたシステムが作れるようになりたいです。

この例文ではIT企業を志望した根本的な志望理由を一文目に書いています。また、その企業の特徴をおさえつつ、入社した後の将来の展望について具体的に触れているため、最初から最後まで一貫していおり、説得力のある志望動機になっています。将来の展望において、入社したあとも長年勤めることをアピールしていることがポイントです。

IT企業の志望動機の例文④

私はITに興味があり、色々な体験ができるので貴社を志望いたしました。貴社が取引をしている相手は金融から公官庁までと幅広く、様々なプロジェクトを通して色々なプログラムや知識に触れることができると聞きました。私もそのような様々なプロジェクトを通して、提示された問題を解決できるよう様々なことに触れていきたいと考えております。将来的には貴社で展開されるプロジェクトのひとつを請け負わせてもらい、メンバーを導いていけるような存在になりたいと思っています。

この志望動機の例文は、色々な取引先との関係があるIT企業を想定した例文です。志望するIT企業を調べた結果である経験が志望動機に反映させていることによって、志望動機に具体性が増しています。IT企業のどのようなポジションがいいのかどうかについては触れていませんが、内容からしてSEを志望していることがわかり、将来の展望がはっきりしているのもポイントです。

IT業界の志望動機は業界研究をおこなったうえで書くべき

本ページでは、IT業界の志望動機のポイントや例文をご紹介しました。IT企業への志望動機は、なぜこの業界なのか、なぜこの企業なのか、ということをはっきりさせましょう。そのためにも業界研究をおこない、IT企業への理解を深めておくと、志望理由やこれからやりたいことが明確に書きやすくなります。記事中でもご紹介しましたが、IT業界を志望するなら、まずはIT業界を志望する人のための業界研究マニュアルをチェックするとよいでしょう。下記のサムネイルから無料でダウンロードできます。しっかり業界研究をおこなったうえで、内容の充実した志望動機を作成しましょう。

【大学4年生限定】この記事を読んだら次はコレ!!ES・面接を突破する業界研究マニュアル Apple/Google…他

Googleに受かる人はやっている 

業界研究はなぜ大切なのか。それはズバリ、人事側がそこを採用の軸に置いているからです。業界研究が浅い就活生は志望度が低い、熱意が足りないと判断されます。
Google・Appleのような人気企業から内定を取りたいなら、充実した業界研究を。
参考企業/ Apple/Google…他

IT業界の研究を深める!

登録必須!おすすめ就活サイトランキング3選

B21b6c267fd3df5b

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【ANA/JALほか、多数の大手内定実績】日本最高の就活ノウハウを学ぶ無料セミナー
  • 2020年卒
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【ANA/JALほか、多数の大手内定実績】日本最高の就活ノウハウを学ぶ無料セミナー

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2016.12.20 19:00 ...

19卒のみなさん向けの就活対策塾が、早くも開催決定いたしました。今の内から就活対策を始めて、ライバルに圧倒的な差をつけて大手企業に入社を目指す方は、ぜひこの機会をご利用ください。

28687 view

【代表登壇】広告、マーケティング志望必見! 有名・大手各社のメディア戦略を担う企業のトップセミナー
  • 2019年卒
  • 会社説明会

【代表登壇】広告、マーケティング志望必見! 有名・大手各社のメディア戦略を担う企業のトップセミナー

  • 開催場所: 東京都, 北海道, 福岡県, 大阪府
  • 開催日時:  2017.12.02 23:55 ...

有名企業や大手企業の「メディア戦略」を一手に担う企業によるトップセミナー! 同社が重要視する「企業が社会に果たす役割」とは?

6075 view

【地方学生限定20名】キャリアパーク就活合宿 in 東京
  • 2019年卒
  • 会社説明会

【地方学生限定20名】キャリアパーク就活合宿 in 東京

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.02.15 17:00 ...

【地方学生限定20名】キャリアパーク就活合宿 in 東京

13032 view

もっと見る

おすすめの就活イベント