2018年04月13日(金) 更新

履歴書の志望動機で人事が見ているポイントや例文8つ【新卒必見】

志望動機の前に履歴書の書き方、本当に大丈夫?

突然ですが、19卒のみなさんは就活は順調ですか?
キャリアパーク編集部では、就活するうえでのアドバイスを採用担当者からいただきました。

採用担当者からアドバイス

新卒で就活をするとき、ほとんど全ての履歴書に志望動機を書くことになるでしょう。でも書き方を考える前に、そもそも志望動機をどんな内容にするか考えておかなければいけません。 我々採用担当者は、履歴書をよく見ています。どこかの書籍から引用してきたような志望動機には、意外に気づいてしまうものですし、この学生は本当は志望していないのではないか、と判断をします。でも、学生の皆さんも志望動機を書くことには苦手意識があるという方が多いように思います。志望動機を考えていくステップとしては、自分がなぜこの会社に入りたいと思ったのか理由を整理・リストアップし、次に自分が学校で学んだ内容や頑張ってきた事を照らし合わせて、考えていく方法をお勧めします。書類で躓かないよう、しっかりと準備しましょう。

履歴書完全マニュアルを0円でGET!

履歴書は、アピールする内容や書き方によって大きな差がでます。そのためにも、履歴書の作成の仕方はしっかりマスターすべきですが、「履歴書の書き方がわからない」と悩む就活生は少なくありません。そこで、キャリアパークは履歴書完全マニュアルを無料提供中です!

下記の資料は、履歴書の各項目の書き方や言葉遣い、送付の際の体裁や手順などがくわしく掲載されています。「効率的に履歴書を作成したい」と考えている19卒のみなさんは、入手すべきです。 0円で入手できる資料をフル活用して、就活を有利に進めましょう!

履歴書の志望動機を書く前にすべき準備

志望動機を書き始める前に、自分はなぜこの会社に入りたいと思ったのか、理由をリストアップしましょう。次に、自分が学校で学んだ内容や頑張ってきたことなどを照らし合わせて、マッチさせていくのです。志望動機は人事が就活生を見極めるために一番よく見る部分といわれていますので、なぜ志望したのかはあらかじめまとめておきましょう。

志望動機を作るときは業界研究・企業研究が大事!

就活で履歴書に書く志望動機を新卒が考える時は、業界研究・企業研究が必須です。どんな理由で受験する会社を決めたにせよ、採用されるためには、その会社について深く知っていないといけませんし、その会社が属する業界の知識も持っていなくてはいけません。新卒だと、提出した履歴書とエントリーシートが最終面接まで使われますし、面接の質問なども履歴書に書かれた内容をもとにされます。

その際に、志望動機がその業界や企業とマッチしたものでないと、本気で働きたいと思っていると思ってもらえません。職歴がない新卒ですから、履歴書の時点でしっかりとした筋の通った志望動機にしておきましょう。

OB・OG訪問ができるのは新卒就活の特権

実際に働いているOB・OGを訪問できるのは、就活における新卒の特権です。実際にその職場で勤めている先輩の生の声を聞けますし、志望動機を固めやすくなります。履歴書の志望動機が、ただOB・OG訪問で感じがよかったから、では落とされるでしょうが、他の志望動機に加えてOB・OGを訪問の内容も書いておけば、履歴書に本気度を感じ取ってもらいやすくなるはずです。

自己分析もしっかりしておく!

また、志望動機を書く前に自己分析もしっかりしておきましょう。自己分析をしていると、「自分のこういう長所が活かせるからこういう会社に入りたい」「こういう業界に興味があるから、この企業で働きたい」と思えるようになります。このように、自分の長所を企業が求める人物像に寄せていくのも、志望動機を書く1つの手段だといえるでしょう。

家族や友人に自分の考えを聞いてもらう

自己分析では自分で自分のことを分析しますが、自分だけで考えて分析するため、独りよがりの意見になってしまいがちです。就職活動では自分の考えを採用担当者にアピールしなければならないため、第三者が自分の考えを聞いてどのように感じるかを意識することが大切です。

第三者に自分の考えを聞いてもらうために、家族や友人に自分の考えを聞いてもらいましょう。家族や友人は身近な人なので、自分の考えを話すのは恥ずかしいという人は、ゼミの教授やバイトの先輩などに聞いてもらうという方法もあります。家族や友人に自分の考えを聞いてもらうことで、話に矛盾がないかということや言葉で伝えることの難しさが分かり、人に聞いてもらうことで自信にもつながります。

履歴書の志望動機で人事が見るのは3つのポイント

履歴書の志望動機において、人事が見るのには3つポイントがあります。それが上記の3つになります。
では、1つひとつ具体的に説明していきましょう。

①なぜ自社を希望したのか

人事が志望動機で見るのは、【自社をなぜ志望したのか】これが一番重要です。なぜ自社を希望したのかは明確に書くようにしてください。冒頭に書くのがベストでしょう。 なぜ希望したのかが明確でない志望動機は、説得力に欠けてしまいます。また、ダラダラと書くのではなく「○○だと感じ、志望しました」「○○という仕事は、貴社でしかできないと思い志望しました」など簡潔に記入しましょう。

②自分や企業・業界の研究をしているか

次に人事が見ている部分は、【自分や企業・業界の研究をしているか】です。自己分析をしっかりしていて、企業・業界研究を綿密におこなっている人の志望動機と、どれも中途半端にしてしまっている人との志望動機では、内容の厚みが違います。人事は採用のプロですから、自己分析も企業・業界研究もしっかりして、志望動機を厚みのある内容にしましょう。

③どんなビジョンを持っているか

人事が見ている部分としては、【ビジョンを持っているか】も挙げられます。これは自身のキャリアアップもそうですが、志望する企業に入ってからどういった仕事がしたいと考えているのかなども、見られる可能性は高いでしょう。そのため、自分がどういった仕事がしたいのかや、将来どういったキャリアを積んでいこうと考えているのかまで書けると、非常に充実した志望動機になるはずです。ただ、「貴社で経験を積んで、いずれは独立しようと考えています」というような内容は避けましょう。いずれ辞めると分かっている人を雇う企業は、非常に少ないからです。

新卒が知っておくべき志望動機の構成

履歴書の志望動機は、企業の採用担当者がよく見る部分の1つです。採用担当者の目を引き、ライバルと差をつけるための就活生向けの履歴書、エントリーシートが必要になります。
まずは、履歴書の志望動機は、採用担当者が読みやすく理解しやすいような書き方をするためにも文章の骨組みを覚えましょう。
具体的な書き方としては、最初に自分がなぜその企業を志望したのか一言で端的に書きます。次に大枠としてその業界を志望した動機、この企業でないといけない理由、入社したら具体的に何をしたいのか、そして会社のために努力するという決意表明の言葉で締めくくります。この書き出し、本文、締めくくりの書き方であれば、新卒者らしいフレッシュさと理路整然とした思考をアピールできます。

履歴書の志望動機における構成テンプレ

つまり、テンプレにすると、上記のようになります。言いだし方が分からない人は、上記のテンプレを参考にして、自分の意思を〇に当てはめ文章を作ってみてください。

志望動機だけでなく履歴書を魅力的に見せる書き方

志望動機は履歴書で面接官に最もみられるポイントですが、志望動機だけ対策しても履歴書全体としてはまだまだ。選考を確実に通過するために、履歴書全体を魅力的にしたい人はこの履歴書作成マニュアルを使って抜け目ない対策で選考に挑みましょう。

履歴書の志望動機の「書き出し」ポイント

新卒の就活では、転職のように、「これまでの経験を活かして……」「○○の経験・実績があります」といった書き出しができません。そんな新卒の就活で志望動機を書く時の書き出しは、その業界・企業を受けようと思ったキッカケ、もしくは、就職してこんな事がしたい!という思いにピッタリはまった!というアピールしましょう。

書き出しで読んでもらえるかが決まる

履歴書の志望動機を書く際に、書き出しをどのような内容にするかということはとても重要です。採用担当者は志望者すべての履歴書に目を通さなければならず、たくさんの履歴書を読むという大変な作業をしています。ほとんどの就活生が同じような志望動機の書き出しをするため、ありきたりな書き出しにしてしまうと、その他大勢の就活生と差別化ができず採用担当者の印象に残りません。

どれだけ志望動機の内容が良くても、書き出しがありきたりだと印象に残らない可能性があるのです。しかし、同じような書き出しが続く中で、他と違う書き出しにしてインパクトを与えられれば、採用担当者も興味を持って続きを読んでくれます。履歴書の志望動機を書く際には、採用担当者の印象に残る書き出しになるよう意識しましょう。

書き出しの例

例を挙げると、キッカケの書き出し例であれば、「祖父が入院した際、○○の重要性に気づき…」といった感じ、自分にピッタリ!の書き出し例だと「私はもともと○○を専攻しており、大学院では××について研究しておりました。御社の今回の求人はどちらの知識も活かすことができ…」といった感じです。

タイトルのように最初に結論を書くパターンもあり

採用担当者の印象に残る書き出しの方法として、志望動機の最初に結論を書くという方法があります。結論を最初に書くことで、読んですぐに結論を把握でき、読む相手に何が言いたいのかが伝わりやすい志望動機が書けます。

最初に結論が書かれていると、読む相手は「この人はこういうことが言いたいんだ」ということを把握できているので、志望動機のエピソードや理由を読みながら、「このエピソードや理由はこの結論を伝えたいんだな」と判断できるのです。また、社会人が資料やメールを作成するときには最初に結論を持ってくるので、最初に結論が書かれた履歴書の方が読みやすいと感じ、印象に残りやすくなります。志望動機の書き出しは、最初に結論を書くことを意識しましょう。

履歴書に書く志望動機の例文をご紹介!

履歴書に志望動機を書く際に、見本となる例文をいくつか紹介します。なかなか履歴書の志望動機が浮かばないという方は、以下の例文を確認してみてください。 しかし、例文はあくまで例文です。志望動機が完全に一致することはありません。例文で作り方を参考にして、他の就活生と差をつけられるオリジナルの志望理由を履歴書に記してください。

例文①商品開発を希望する志望動機

例文①

  • 志望動機は、健康学を生かした仕事をしたいと思ったからです。在学中は、栄養学を 専攻していました。以前から心と体の健康と食事の関係に興味があり、大学でも集中 して学んできました。今後は超高齢化社会を迎え、健康への関心がさらに高まるはず です。大抵の企業は、栄養面のみに注目しています。そこで、貴社の人の心にも配慮した商品開発をおこなっている点に、共感しました。 また、貴社の社員にOB訪問をさせていただき、詳しいお話をうかがいました。 その際に、貴社は自分の今まで学んできた知識や経験を活かせる環境があると感じました。全社員が目標を持っている企業だという印象を受けたことも、貴社を志望した理由です。これらの理由から貴社で働くイメージが強く湧き、志望いたしました。専攻である栄養学を、商品開発部で活かしていきたいです。入社後は、貴社の商品開発で活かして貢献いたします。 未熟な点もありご迷惑をおかけするかもしれませんが、意欲と健康に対する熱意は誰にも負けません。よろしくお願いいたします。

例文②営業戦略に共感したという志望動機

例文②

  • 私が貴社を志望した理由は、商品の開発から販売までの全ての工程において、顧客視 点を反映させた営業戦略を貫いているところに強く共感したからです。私は、学生時代にしていたアルバイトで、顧客満足度が売上に直接影響を与えると、身を持って経験しました。 また、若手社員も責任のある仕事を任せていただけると知り、自身の成長意欲と積極性を発揮しながら、貴社に貢献していきたいと思いました。国内シェアトップクラスの貴社が、世界の市場獲得を目指して海外進出するという、今後の方針にも惹かれています。

例文③食品メーカーへの志望動機

例文③

  • 私が食品メーカーを志望した理由は、食の重要性を伝える貴社の役に立ちたいと思っ たためです。 食事は体を動かすエネルギーという役割だけでなく、人と人の関係を深 めたり、幸せを感じたり、健康を維持するためにも欠かせないものです。どれほどテ クノロジーが発達しても、人間と食は切り離せるものではなく、技術が発展していく からこそ、生活の根幹である食事の大切さを忘れてはいけないという使命感から、こ の業界を志望いたしました。 生産から流通といった食品に関わる全てを担う食品業界トップの御社で、営業として、「食」を中心としたコミュニケーションやヘルスケアを多くのお客様に伝えたいと思っております。

例文④IT業界への志望動機

例文④

  • AIやサイバーセキュリティなどに注目が集まる現代において、私はIT技術がビジネス に与える影響の大きさに魅力を感じ、IT業界を志望しております。 貴社は、「○○○○(社訓)」という理念と元に、様々な顧客のニーズに対応されてきた実績があります。この理念により、社員一人一人の自覚によって技術が向上し、顧客に評価されているという貴社のスタンスに共感を覚え、今回志望に至りました。日進月歩で進化するIT業界ではスピード性、柔軟性が求められますが、それに組織として対応できる貴社の能力は、自分自身の能力の向上、にも繋がると考えております。 私は大学の研究室においてアプリ開発を行い、また趣味でもソフトウェアの作成を行っており、今後の貴社の技術刷新に尽力することができます。ぜひとも、どうぞよろしくお願いいたします。

例文⑤事務希望の場合の志望動機

例文⑤

  • 貴社のインターンシップに参加した際、担当の○○さんがおっしゃっていた「事務とし て会社を円滑に回すのが仕事」という言葉に感銘し、ますます貴社で働きたいと感じ たため志望しました。学生時代はパソコンスキルを磨くため、様々な資格を取得しま した。情報処理の速度には自信があります。貴社で事務のスペシャリストになるべく、精進していきたいと考えています。

例文⑥介護業界への志望動機

例文⑥

  • 私が介護業界を目指したのは、祖母を懸命に世話してくださったヘルパーの方のよう になりたいと感じたからです。貴所でインターンをしていた時に、「一人一人と向き 合ってコミュニケーションをとるのが大事」とおっしゃっていたことに感銘を受け、 ぜひ一緒に働かせていただきたいと思いました。貴所で経験を積み、患者様のために なることを自分で考えて動けるヘルパーになります。

例文⑦看護師を希望する場合の志望動機

例文⑦

  • 「患者様を中心としたケア」をという看護理念に共感し、自分が目指す看護師になれ ると思い、貴院を志望しました。祖母が入院していたときに担当だった看護師の方は 、仕事中も仕事が終わってからも祖母を気にかけてくださり、体調が良くないときは できる限りのことをしてくださりました。そんな姿を見て、看護を必要としている人 の心に寄り添った看護師になりたいと感じ、勉強してきました。貴院の看護理念を心 に秘め、患者様を中心としたケアをしていきたいと考えています。

例文⑧保育士の志望動機

例文⑧

  • 私が貴園を志望したのは、私が保育園に通っていた際、保育をしてくれた先生に憧れ を抱いていることと、児童を少人数にすることで一人一人をより丁寧に保育している ところに魅力を感じたからです。待機児童という問題が深刻化している今、有資格者 による、より丁寧な保育は保護者の方の安心・信頼を得るためにもとても重要なこと だと考えます。児童の笑顔が絶えず、のびのび育てる場所、そして保護者とのコミュ ニケーションを取りやすい環境作りにつとめます。

履歴書の志望動機は例文とマニュアルを参考に3つのポイントを意識して書く

履歴書の志望動機に関して、人事が見るポイントや書き方のコツ、具体的な例文をご紹介しました。志望動機で人事が見るのは、【なぜ自社を希望したのか】【自分や企業・業界の研究ができているか】【どんなビジョンを持っているか】でした。人事はそれまで何十人何百人という就活生の書類を見ているため、嘘は見抜かれてしまいます。

本ページでご紹介した例文や、キャリアパークが無料で提供している内定者の志望動機まとめの資料を参考に、内容を充実させて内定を勝ち取りましょう!

【大学4年生限定】人気企業20社に受かった内定者の”志望動機まとめ”

志望動機を書くためには、業界研究・企業研究・自己分析と、やることがたくさんあります。就活の中でも、特に面倒な部分かもしれません。
今回キャリアパークでは、人気企業20社の内定者が実際に提出した志望動機集をプレゼント!対象企業は、ANA/JAL/三菱東京UFJ銀行/トヨタ自動車など人気企業ばかり。人事が認めた志望動機を参考に、受かる志望動機を作成しましょう。

内定者の志望動機集を閲覧する

登録必須!おすすめ就活サイトランキング3選

B21b6c267fd3df5b

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

<選考直結>海外10カ国22拠点、国内61拠点を展開。「ヒト」と「テクノロジー」で新しい世界のスタンダードを創る企業の説明会
  • 2019年卒
  • 会社説明会

<選考直結>海外10カ国22拠点、国内61拠点を展開。「ヒト」と「テクノロジー」で新しい世界のスタンダードを創る企業の説明会

  • 開催場所: 東京都, 大阪府, 愛知県, 福岡県
  • 開催日時:  2018.02.08 12:00 ...

国内61拠点、海外10カ国22拠点を展開し、「ヒト」と「テクノロジー」で新しい世界のスタンダードを創る企業の説明会!

42114 view

【これで内定!】面接・グループディスカッション突破が“驚くほど楽になる”セミナー
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【これで内定!】面接・グループディスカッション突破が“驚くほど楽になる”セミナー

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.01.21 21:00 ...

今回は、面接・グループディスカッション突破が驚くほど楽になるセミナーをご紹介。選考突破に必要なノウハウを、実績あるセミナー講師がみなさんに伝授します!

5684 view

【特別セミナー】中小、地方、ベンチャー企業を支援して日本を活性化するWebマーケティング企業
  • 2019年卒
  • 会社説明会

【特別セミナー】中小、地方、ベンチャー企業を支援して日本を活性化するWebマーケティング企業

  • 開催場所: 東京都, 京都府
  • 開催日時:  2018.02.05 12:00 ...

日本の9割を占めると言われている、中小企業、地方企業、ベンチャー企業をWebマーケティングで支援。地方から、日本を活性化する企業です。

2311 view

もっと見る

おすすめの就活イベント