2018年10月11日(木) 更新

志望動機をインパクトのある書き方にする方法【面接官を虜にするコツや例文あり】

志望動機は似通ってしまうもの

志望動機はエントリーシートや面接でにほぼ必ず聞かれる項目の一つです。そして、その中でも、特に他の応募者と似通ってしまう可能性の大きいものでもあります。なぜなら、応募する会社の魅力というのは概ね決まっているので、そのような内容であれば他の応募者も書くためです。例えば、「風通しが良い」「業界ナンバーワン」「海外展開している」等がそうです。しかし、似たような内容では数ある応募者の中から相手の印象に残ることはできません。

面接官はありきたりな志望動機に飽きている

面接官は何十枚、多いと何百枚というエントリーシートを読み、面接では何十人、何百人の志望動機を聞きます。集団面接の場合、1日に連続で数十人の話を聞くという環境のこともあります。そのような中、「風通しが良い」「業界ナンバーワン」と言った誰でも言えるような志望内容を何回も言われていると面接官も人間ですから、飽きてしまいます。聞いた途端に、「またさっきと同じような話か」ということが頭をよぎり、その後の話を真剣に聞こうという思いが削がれてしまいます。特に、自分ならではのエピソードや想いもないもの、ホームページに書いてある内容そのままのもの、といった内容の場合、がっかりされてしまうことすらあります。

似通った志望動機は面接官の記憶に残らない

似通った志望動機の弊害として面接官がそのような志望動機に飽きているということをお伝えしましたが、弊害はもう一つあります。それは、面接官の記憶に残らないということです。例えば自分が面接官だったとして、「御社を志望する理由は、説明会で感じた風通しの良さです。私もそのような環境で活躍できたらと思っております」という内容を10人連続でされたらどうでしょうか。「またか」とがっかりすると同時に、誰にそれを言われたのか、どの人が自分の会社をきちんと理解してくれていたのか、分からないのではないでしょうか。記憶に残らないということは「採用したい」とも思われないということです。就職活動とは、他の応募者よりこの人を採用したいと思われることが大切なため、記憶に残らないということは非常によくないことです。

他の就活生とは一味違う志望動機を作成すべき

このように、似通った志望動機は「面接官に飽きられる」「記憶に残らない」という点でデメリットしかありません。そのため、採用されたいと思うのならば、他の就活生とは一味違った志望動機を作成することが重要となります。「他の就活生とは一味違う=他の就活生がに書けないこと」と考えると、ホームページや説明会で言われていることをそのまま書くようなやり方はあまりよくないことが分かります。自分の今までの経験とその会社のやっていることで繋がっているものや、個人で会社訪問をしたり説明会の中でも個別に質問をしに行って聞いた話等、他の就活生では知らないことや体験していないことを入れていくと、一味違った志望動機を作成しやすくなります。

インパクトのある志望動機は目に止まりやすい

似通った志望動機はデメリットばかりである一方で、インパクトのある志望動機は目に止まりやすく、メリットが大きいです。目にとまるということは言い換えれば「印象に残る」ということなので、数ある就活生の中で注目してもらえるということです。前述したとおり、自分の体験を元にする自己PR等と違い、特に志望動機は似通ったものになりやすいため、そこで他の人と違うインパクトのある志望動機がかけると目が止まりやすくなります。

個性をアピールできる

インパクトのある志望動機を作成するメリットの一つとして、個性をアピールできるというのがあります。例えば、他の人がほとんど「先輩と後輩関係なく仲がよく風通しが良い」ということを書いている中、「OB訪問をした際、1年目から自分が発案した企画が採用されたという話を聞きました。私は組織がよくなることはどんどん行っていきたいと思っているので、そのような環境で仕事がしたいと思いました」と書けば、「OB訪問を積極的にする人材であること」「風通しが良いことで若いうちから意見をいいたいというやる気のある学生であること」が伝わります。このように、他の人にはないその人だけの行動や感性というのが、相手の記憶に残るアピールとなります。

面接官の興味をひける

さらに、インパクトのある志望動機を作成すると面接官の興味をひけるというメリットもあります。面接官は同じような志望動機ばかり聞いているため、同じような内容だと、誰が何を言っているのかほとんど覚えていられません。それどころか、飽きてくるので「また同じような話か」と、興味を持たなくなってきます。そのような中、インパクトのある志望動機を伝えることができれば面接官は興味をひかれます。このとき大事なのが、冒頭にインパクトのある言葉をもってくることです。聞くことに飽きている面接官たちは、冒頭のことばが他の応募者と同じようなものだと、そのあとがいい内容であっても聞く準備ができていないのでそのまま聞き流してしまいます。しかし、冒頭にインパクトがあれば、「この話はおもしろそうだ、真剣に聞こう」と興味を持ちます。

インパクトを狙って失敗する発言は?

このように、インパクトのある志望動機を作成することは非常にメリットがあります。しかし、注意しなければならないことがあります。それは、インパクトを狙うあまり、失敗する発言をしてしまうことです。当然ですが、インパクトは残せばいいというものではありません。よい印象を残すことが大事ですので、「この発言はきちんとよいインパクトを与えるものだとうか」ということをしっかり考えてから発言をしていくことが大切です。

ビッグマウス発言

インパクトを狙って失敗する発言の一つが、ビッグマウス発言です。ビッグマウス発言とは、ものごとをおおげさに言ったり、自慢話をしきりにひけらかすことです。例えば、「他のどんな先輩たちよりも早く昇進してみせます」「最年少社長を目指します」というように、「やる気がある」というよりは「かわいげがない」「生意気で謙虚さがない」ととられるようなものがそれにあたります。特殊な業界、例えばスポーツ業界で実績も確実に残している若い選手がこのようなことを言った場合は好意的にとられることもありますが、そうでもない限り、あまりいい印象になることがありません。特に、新入社員には「素直さ」や「謙虚さ」を求めている会社が多いですので、注意が必要です。

相手を落として自分をあげる発言

インパクトを狙って失敗する発言の2つ目が、相手を落として自分をあげる発言です。例えば、「~さんはこういうことが苦手なようですが、私はできます」「~さんはこの間遅刻をしていましたが、私はそのようなことはしません」というようなものです。言っている本人は「自分のほうが上だ」とアピールしたくてこのようなことを言うと思いますが、実際には「他人をおとしめる人」としてよい印象になることはありません。ちなみに、これは会社に対しても同じことが言え、「あの会社はこういうところがよくないから御社がいいです」という場合も同じくよい印象になることはありません。基本的に他人をおとしめるような発言は、マイナスになると認識しておくのがよいでしょう。

相手を踏み台にする発言

インパクトを狙って失敗する発言の3つ目が、相手を踏み台にする発言です。相手を踏み台にするとは「将来は起業したいと思っています。御社ではそのスキルを磨くのにもっともよい環境だからです」と言ったように、そもそもその会社で活躍することが成し遂げたいことではない場合です。このような発言をすると「この人はそのうち辞める気なのか」「うちの会社をなんだと思っているのか」と大変悪い印象になります。なお、企業のような大げさな例でなくても、「海外どこでも通用する人間になりたいと思っており、御社ならその経験が積めると思った」というように「会社を利用している」感が全面にでてしまうと良くない印象になることが多いので、注意しましょう。

インパクトを狙う書き方のコツ

それでは、上記のように失敗する発言を避けながら、「よいインパクト」を面接官に残すにはどうすればよいのでしょうか。それには、いくつかのコツがあります。内容を具体的に書くこと自身の想いや経験を記載することはもちろんですが、語尾の言い方を変えたり、文章の順番をかえたり、文字の書き方を変えるだけでも大分印象が変わってきます。コツの紹介の他、例文も載せていますので、こちらを参考にしながら、自分だけの志望動機を作ってみてください。

「思います」「と考えています」はNG

インパクトを残す志望動機を述べる際に必要なポイントの1つ目は語尾に「思います」「~と考えています」をつけるのをやめることです。この2つの言い方を入れてしまうと、途端に説得力が落ちますし、「思っているだけなのだな」という印象になってしまいます。例えば「御社の海外ビジネスに惹かれ、志望しました。私の英語力を活かし、海外ビジネスに貢献できると思います」をいい切りの形にすると、「御社の海外ビジネスに惹かれ、志望しました。御社に入社できたら、私の英語力を活かし、海外ビジネスに貢献します」となります。後者のほうが「本気でできると思っている、やる気がある」というふうに感じられるので、面接官もより期待することができます。

書き出しでインパクトを狙う

インパクトを残す志望動機を述べる際に必要なポイントの2つ目は、書き出しでインパクトを狙う方法です。書類選考をするひとは何十枚何百枚ものエントリーシートを見ているため、読んでいるうちに疲れてきます。そのとき、他の人が何人も書いているようなありきたりな冒頭の文章だとそのあとの文章をよむのもおっくうになってしまいます。逆に、ここでインパクトのある志望動機を書くことができると、「そのあとをもっと読みたい」「ようやく興味がもてるエントリーシートがきた」と思ってもらえるため、真剣に読んでもらえます。面接官は多くの応募者のエントリーシートを読んでいることを念頭に置き、書き出しで注目してもらえる書き出しにしましょう。

カタカナやローマ字・数字を適度に入れる

インパクトを残す志望動機を述べる際に必要なポイントの3つ目は、カタカナやローマ字、数字を適度に入れることです。例えば、「能力」を「スキル」にしたり、「IT企業」「SPI」などのローマ字を入れたり、「業界初」を「業界一番手」にする、といったことです。ほとんどの学生はそこまで意識をしていないので、ひらがなと漢字だけの志望動機になりがちです。それよりも、このように上手にカタカナやローマ字、数字を効果的に使うことで、文章にメリハリができます。文章にメリハリができると、他の志望動機よりも読みやすくなるので、最後まで読んでもらえるようになります。前述したとおり、面接官は多くの志望動機を読みますので、興味をもって最後まで読んでもらうことはとても大事です。

インパクトを狙った志望動機例文

断定的な言い方をした例文

私は御社で醤油のおいしさを全国に伝える人材になります。私の実家ではとにかく和食が多く、特に御社の醤油は毎日のように食卓の献立に使われていました。そのような中、大学のサークルで留学生に日本食をつくる機会があり、私は御社の醤油数種類を中心としたメニューを振る舞いました。すると、留学生たちが「これはすごい調味料だね。甘いのもしょっぱいのも全部おいしい」と大喜びしてくれました。御社は醤油製造メーカーの中でも海外展開ナンバーワンで、味も様々な方の好みに合うように何種類も発売されています。海外の方にも広くこのおいしさを伝えるなら御社しかありません。御社の醤油を広めるためなら様々な工夫ができる自信があります。

カタカナなどを適度に使用した例文

御社が法人相手に普通の旅行の販売ではなく、イベントコンベンションコングレス事業部でイベントや視察、滝行とのコラボレーションを企画していくビジネスに力を入れているところを魅力に感じ、志望しました。私は元々旅行が好きで、旅行会社に入社したいと持っていました。それは、様々な人に私が旅行で得てきた経験や新しい発見をしてほしいと思ったからです。しかし、御社の説明会でイベント・コンベンション・コングレス事業の話を聞いてから、旅行だけではなく、もっと広い視野と発想で案を出すことができることに大変きょうみをもつようになりました。このビジネスでは業界ナンバーワンの実績を誇る御社で、今までにない営業をしていきます。

インパクトのある志望動機にはひらがなと漢字以外の文字を適度に入れる!失敗発言に注意

インパクトのある志望動機の履歴書への書き方は、過去のエピソードを掘り起こしてみるのが大事です。一次選考が書類のみの場合、履歴書の書き方だけで採用担当者にどれだけのインパクトを与えられるかが非常に重要になります。自分という人間をより深く知ってもらうためにも、素直に個性を発揮して、他の人とは違う自分なりの履歴書の書き方をしてみましょう。

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

9ae284e4e96406ea

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【限定10名/特別選考つき】課題解決能力&金融業界の知識が身につく金融コンサルティング体感インターン!
  • 2020年卒
  • インターン説明会

【限定10名/特別選考つき】課題解決能力&金融業界の知識が身につく金融コンサルティング体感インターン!

  • 開催場所: 東京都, 京都府, 大阪府
  • 開催日時:  2018.07.09 23:55 ...

課題解決能力&金融業界の知識が身につく「金融体感コンサルティング」インターン!

10103 view

【ESなしで即日選考】日本最大級の求人サービスを生み出した大手企業でのコンサルティング営業
  • 2019年卒
  • 会社説明会

【ESなしで即日選考】日本最大級の求人サービスを生み出した大手企業でのコンサルティング営業

  • 開催場所: 東京都, 大阪府, 愛知県, 福岡県, 京都府, 宮城県, 北海道
  • 開催日時:  2018.05.23 21:00 ...

エントリーシートなしで即日選考できる、日本最大級の求人サービスを生み出した大手企業でのコンサルティング営業の募集です。

11413 view

【19卒向け】【6万人の就活生が利用!】最短1週間でプロが内定まで導く、個別面談サービス
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【19卒向け】【6万人の就活生が利用!】最短1週間でプロが内定まで導く、個別面談サービス

  • 開催場所: 東京都, 大阪府
  • 開催日時:  2018.01.15 00:00 ...

【19卒向け】【6万人の就活生が利用!】最短1週間でプロが内定まで導く、個別面談サービス

35474 view

もっと見る

おすすめの就活イベント