2018年10月11日(木) 更新

一般職を目指す人が知るべき仕事内容と志望動機の書き方~内定を決めるために押さえるべき能力とは~

就活生から見た一般事務の印象は縁の下の力持ち!

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「一般職の仕事に対してどのようなイメージがありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 一見地味ではあるけれども、会社を支える上で一番大切な仕事をこなしている
  • 転勤なし
  • 事務仕事
  • マネージャーのような仕事
  • 堅実

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「一般職の仕事に対してどのようなイメージがありますか?」

就活生のアンケートから、一般事務は堅実で縁の下の力持ちというイメージを抱かれていることがわかります。「一見地味ではあるけれども、会社を支える上で一番大切な仕事をこなしている」「マネージャーのような仕事」という意見からも、会社の血液として大事な仕事だという印象を持たれていることが分かるでしょう。この記事では、一般職を目指す人のための志望動機の書き方や必要なスキルについてご紹介します。

一般職の仕事とは

一般職とは総合職と区別され、比較的安定した事務職を希望する人です。どちらかというと女性が一般事務の仕事を志望するケースが多いと言われています。一般職の仕事であれば就くのは簡単。と思っている学生も多いかもしれませんが、現実的にはそうではありません。大企業になればなるほど、きちんとした志望動機を書き上げなければ、当然ながら内定を獲得する事はできません。まずは仕事内容や、必要なスキルから洗い出してみましょう。

一般職を志望するのはどんな人か?

総合職として働く人は様々な仕事を第一線でこなし、将来的には管理職となる立場の人たちです。色々な数字の面での管理を行い、マネジメントも並行して、会社の中核を担う存在と言っても良いでしょう。全国展開をしている企業であれば、もちろん転勤もあります。

それに対して一般職という職種は、総合職の人を補佐する役目と言って良いでしょう。いわゆる普通に働いて、普通に結婚して、普通に産休が取れて、その後また普通に社会復帰できて。そんなイメージを持って一般職を希望する人が多いようです。

一般職の仕事に就くための志望動機

続いては一般職に就く為の志望動機に関してです。一般職だからと言って、一筆書きで志望動機で書いたのでは、内定を獲得する事はできません。一般職の仕事内容は当然ながらその会社によって異なります。それだけでなく業界によっても変わってくるでしょう。どのような志望動機を伝えれば採用が近付くのでしょうか?

志望動機を作成する上で重要なこと

一般職に限らず志望動機を作成する上で重要な事は、自分がどれだけその会社に貢献できるかどうかということです。採用する側としては当然ながら、長くその会社に対して貢献して欲しいという願いを持っています。であれば、志望する側の動機としては、それを存分に盛り込んだ志望動機にする必要があります。仕事内容だけでなく、会社の社風や理念などに触れるのも良いでしょう。または業界に興味を持ったという側面から志望動機を書き上げるのも良いでしょう。

一般職には転勤が無い、基本的には内勤、各種サポートをしなければならない。といった観点から、会社の裏方としてサポートできる能力が求められます。コミュニケーション能力であったり、コツコツと努力を重ねられる事であったりが求められます。詳しい事は次項でも触れますが、過去のそうした経験を志望動機の中に盛り込むという事を意識しましょう。

一般職の仕事に求められる能力は?

では、一般職の仕事で必要とされる能力やスキルはどのようなものがあげられるのでしょうか?事務職には必要な資格やスキルなどはないと考える方も居るかもしれませんが、決してそんな事はありません。

PCスキルや簿記などが求められる

一般職は事務業務が主な業務ですので、基本的にパソコンと向き合う時間が長くなります。具体的な業務として、経理などの数字の処理や、各種書類の作成、電話やメールの応対などをおこなうことが多いでしょう。となれば、簿記検定を持っているとしたら、それは重宝がられます。また、これらの処理はパソコンを使用しておこないますから、相応のパソコンスキルが必要になってきます。パソコンスキルの指標となる資格であれば、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)なども貴重と言って良いのではないでしょうか。

コミュニケーション能力が必須

一般職は会社の屋台骨を支える存在と言っても良いでしょう。例えば営業さんは、一般職の社員がいるからこそ安心して商品やサービスを売る事ができます。もちろん社内の円滑なコミュニケーションも大事ですので、社内の人とも社外の人とも円滑な関係を築ける事が重要になってきます。伝達次項をしっかりと周りの社員と共有できる事、クライアントや会社の役員との上手な架け橋になれる事。そうした点も一般職に必要な能力なのです。

一般職の仕事内容に合った応用力と柔軟性を持ち合わせた志望動機を

一般職の仕事内容と書くべき志望動機をご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。一般職と聞くと、誰にでもできる仕事内容を想像してしまいがちです。しかし。会社としては一般職のポストは意外と重要で、それこそどんな事にでも柔軟に対応できる人でなければいけません。企業側は、一般職に求めているスキルは高いのです。きちんとした志望動機を固めてから応募するべきだという事を覚えておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント