2018年10月11日(木) 更新

就活生が悩みがちな職種の正しい5つの選び方

就活生が考える自分にあった職種を探すポイントとは?

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「自分に合った職種の見つけ方は何だと思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 説明会に行くこと
  • 自分の性格を考える
  • 先入観を持たず、自分の人間性と照らし合わせる。
  • 合説で企業に話を聞く
  • 自己分析

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「自分に合った職種の見つけ方は何だと思いますか?」
多くの就活生が、「自分の性格を考える」や「合説で企業に話を聞く」など、自分に合った職種を見つけるには自己分析や仕事とのマッチングが大切だと考えているのがわかりました。
そこでこの記事では、あなたにピッタリの職種が見つかるように、仕事を探す際のポイントをいくつか紹介していきたいと思います!

職種の選び方ポイント①:仕事内容を見る

就活の際に重要な職種の選び方は、まずどういった仕事内容かを把握しましょう。職種は営業や事務、企画などといったものがあります。職種の中には、特殊な技術や資格がなければできないものもあります。誰でも好きな職種に就けるわけではありません。

例を挙げますと、医師などは資格を持つことで初めて職種に就けれます。そのため一般の人より収入が高いのは当然でしょう。憧れの職業と言われるのも当たり前ですよね。これから社会に出て経験を積んでいくのですから、自分がやってみたい仕事を優先して職種を選んでいきましょう。その幅は未知数ですよ。

就活生は可能性を広げるためにさまざまな仕事内容を知る

就活生は可能性を広げるためにさまざまな仕事内容を知りましょう。就活学生の場合は、大学などで勉強してきた専門的な職種、例えば機械工学などを学んでいれば、機械メーカーでの開発など。専門の技術などで学んでいた場合は、その道を選ぶことができるでしょう。しかし、多くの学生はそうではありません。

自分にとっていったいどういった職種がぴったりなのか?と、なかなかすぐに答えが出ないでしょう。就活では少しでも興味を持った職種を独自で調べ、学んでいくようにしてくださいね。

職種の選び方ポイント②:実際に働いてみる

就活生にオススメの職種の選び方2つ目は、実際に働いてみる事です。もし色々とやらせてくれる会社に就職できると、自分にとってぴったりの職種に出会えるでしょう。しかし、そうは簡単にチャンスはやってきません。

就活では与えられた環境の中で、精一杯の努力をしつつ、自分を分析することを重ね、ぴったりの職種を見つけていくというのが現実的なのです。

就活生のうちにインターンシップに参加すると◎

多くの就活生を見ていくと、やりたい職種と実際に就いている職種にギャップを感じ、早期退職する人も少なくはありません。結局のところ、働いてみて結果が出せてやりがいを感じられる職種が一番でしょう。あまりにも自分の考え方を通そうとすると、ビッグチャンスを逃す事になりかねません。

そのために、就活生は今のうちにインターンシップに参加してみましょう。インターンに参加して、自分の理想と現実とのギャップを埋めていくのです。インターンシップはアルバイトのようなものです。一度、経験として参加してみてください。

職種の選び方ポイント③:経験があるものを

就活生におすすめの職種の選び方、3つ目は経験がある職種を選ぶ事です。しかし、なかなか経験ある職種なんて無いのではないでしょうか?

社会人で転職をするなら、同じ職種に転職するでしょう。しかし就活生は、なかなかそうはいきません。では、どうすれば自分に合った職種に就職できるのでしょうか?

就活生は今までのアルバイトの職種を参考にしてみる

就活生は、今まで経験したアルバイトを思い出してみましょう。その中で、自分が向いている職種はありませんでしたか?例えばカフェでアルバイトしていたなら、飲食業に向いているのかもしれません。接客業をしていたのなら、必然的に営業職にノウハウを活かせることができます。このように、自分が今まで経験してきたアルバイトを思い返してみてください。自分に合った職種診断ができるかもしれませんよ。

職種の選び方ポイント④:目先だけを考えない

後悔しない職種選びのコツとして、目先の給料や雇用条件はもちろん大事ですよね。しかし、後悔しない職種選びのコツとしてもっと大事なのは、10年、20年、30年後、定年の自分を思い描ける企業で働く事です。

「98,000時間」これは、20歳から60歳まで1日8時間、年間120日働いたときの、40年間の勤務時間です。これだけの時間を使って働くのですから、目先の事にとらわれ過ぎた選択は、適切な選択でないかもしれませんね。就活は未来を決める重要な出来事です。悔いのないようにしましょう。

真剣に"自分の未来"と向かい合って選択する

キャリアプランや、キャリアゴールを考えることができない企業で働くのは、後悔する可能性が高くなります。よって企業研究をして、自分がその企業で本当に働きたいのか、どうなりたいかをきちんと考えることが後悔しない職種選びのコツです。就活の軸とよく言われますが、まさにこの軸をきちんと作ることが仕事選びではもっとも重要です。

実際に仕事をすると考え方が変わり、なりたい未来像が変わる場合は当然ありますが、大事なのはその都度真剣に自分と向かい合い考えるという事です。真剣に自分の未来と向かい合い、選択していくことで後悔しない仕事選びができます。就活生の皆さんは、将来の自分と向き合ってみてください。

職種の選び方ポイント⑤:譲れる・譲れない条件を選別

給料が高く福利厚生がしっかりとしている。休日が多くて拘束時間が短く、ストレスが無い。社会貢献度が高く、やりたい職種で…等々。選択したくなるような条件は様々です。希望する条件はたくさんあることと思いますが、では本当に自分にとって譲れない条件は何ですか?それが後悔しない職種選びのコツとして大切になってきます。職種の選択では、やりたい事だけでなく"譲れない条件"もしっかり選別して、自分のキャリアの選択をしましょう。

条件が全て整っている仕事はほとんどないのが現実

また一方で、とくにこだわらない条件や、譲歩できる条件は何ですか? 条件が全て整っている仕事選びをする事は、ほぼ皆無と言えます。仕事をしている人達はほとんどの人が、全て満足して働いているわけではありません。では、どのように仕事を選択すればいいのでしょうか?職種選びで後悔しないためのコツとして、自分が絶対に譲れない条件を曲げないようにしましょう。絶対に譲れない条件を満たしてくれる会社だと、人は満足感を得られやすく後悔しない可能性が高くなります。選択までに、自分自身を向き合わないと、これは意外と難しい事なので要注意ですよ。

上記で紹介した職種の正しい5つの選び方を参考に後悔しない就活を!

就活生が悩みがちな職種の正しい5つの選び方をお教えしました。就職の際の職種を選ぶのはとても重要ですが難しいものです。もしも職種が決まらないのでしたら、ためしにインターンシップに参加してみてはいかがでしょうか?今回紹介した就活生が悩みがちな職種の正しい5つの選び方を参考に、後悔しない就職活動を進めていってくださいね。

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

96d3d7bdc29564db

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【1時間でまとめて5社】夏採用中の優良企業紹介イベント開催 in 大阪
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【1時間でまとめて5社】夏採用中の優良企業紹介イベント開催 in 大阪

  • 開催場所: 大阪府
  • 開催日時:  2018.09.19 00:00 ...

電通グループのベンチャー企業など、様々な業界から、業績を伸ばしている好調な大手グループ・ベンチャー企業5社をご紹介します!

5326 view

【ANA/JALほか、多数の大手内定実績】日本最高の就活ノウハウを学ぶ無料セミナー
  • 2019年卒
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

【ANA/JALほか、多数の大手内定実績】日本最高の就活ノウハウを学ぶ無料セミナー

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2016.12.20 19:00 ...

ANA/JALほか、多数の大手内定実績あり!No.1就活予備校「内定塾」の就活セミナーをご紹介します。

43971 view

総合デベロッパーによる圧倒的裁量インターン。実際に予算を使い、『ビジネスプロデュース』に挑む!
  • 2020年卒
  • インターン説明会

総合デベロッパーによる圧倒的裁量インターン。実際に予算を使い、『ビジネスプロデュース』に挑む!

  • 開催場所: 東京都, 大阪府
  • 開催日時:  2018.10.15 23:55 ...

ビジネスに必要な四要素を学び、企画から実行まですべてを行うインターンです。リクルートグループから独立したデベロッパーのもとで、本気で企画に挑みましょう。

4187 view

もっと見る

おすすめの就活イベント