2018年06月21日(木) 更新

旅行会社で自己PRになるスキルと求められている人物像【例文3つあり】

旅行会社への自己PRは仕事内容に合わせる

旅行会社へ自己PRをする時に、真っ先に頭に浮かぶ自己PRは自分が旅行好きであることや、新しい土地や場所へ出かけることをたくさん経験してきたことと答えたくなるものです。しかし、そもそも旅行会社を志望する学生は、ほとんどの場合、旅行に何らかの関心を持っています。さらに、社会人でも旅行好きな人はたくさんいます。このことから、旅行好きであることは、旅行会社への自己PRとしては印象に残りにくく、選考での高評価に繋がらないことを理解しておきましょう。
旅行会社の選考に望む時の自己PRで印象に残るために必要なことは、旅行会社の仕事内容に合わせたアピールを行うことです。旅行という言葉に飛びつかずに、旅行会社の選考を受けていることを自覚しましょう。旅行会社の選考を受けている自覚を持ち、仕事内容まで自己PRに組み込むことが出来れば、他の学生と一味違った印象を採用担当者に抱かせることが出来るはずです。

自分がアピールしたいスキルでは弱い

上述したように、旅行をたくさんしたことのような旅行経験だけでは、選考でのアピールとして採用担当者の印象に残るようなものになりません。そもそも、旅行会社を志望することに問わず、就職活動を通じて、自分がアピールしたいことをそのままアピールしても評価に直結しないことは覚えておきましょう。
自分のアピールがそのまま評価に繋がらない理由は、主に2点あります。1つは、評価を行う会社が存在していることです。会社の採用担当者が魅力を感じて一緒に働きたいと思えるようなアピールを出来なければ、選考で高い評価を得ることは叶いません。
もう1つの理由は、自分以外に他の学生も選考を受けていることです。会社ごとに採用人数は決まっている中で、他の学生以上に会社に適した人材という評価が必要になります。もちろん、持っていないスキルや出来もしないスキルを答えていいわけではありません。しかし、会社がどのような学生を必要としているかや、他の学生を意識したスキルを自己PR時に回答することは、選考で生き残るために大事なことです。

志望動機にならないようにする

自己PRが志望動機と異なることも把握しておきましょう。似ているように感じるかもしれませんが、自己PRと志望動機は、全く別物です。
自己PRは、自分が今持っているスキルや将来働いている中で獲得するであろうスキルを踏まえた上で、自分を雇用することが、いかに会社へ利益をもたらすのかをアピールすることになります。対して、志望動機は自分がなぜその会社を希望したり、志すに至ったかの理由を説明することです。
この違いを理解しないまま、いくら選考に挑んだとしても採用担当者と会話がかみ合わなくなってしまう危険性があります。選考を突破出来るために、どのような回答を用意するのかも、大切なことです。しかし、まず質問そのものの真意を考えてみるのも、新しい発見が出来る可能性があります。

JTB・HISに受かるにはどうしたらいいの?

旅行業界の中でも特に人気の2社がJTBとHIS。実際に内定をもらったみなさんの先輩のエントリーシートを特別に公開します!これを見れば、旅行業界で受ける志望動機や自己PRはもちろん、各社のエントリーシートの方向性もよくわかります。ぜひ一度ご一読ください。

旅行会社へアピールすべきスキル

旅行会社は就活生に人気の就職先のひとつであり、就活を成功させるためには自己PRで上手にアピールをしなければなりません。自己PRがどれだけ上手にできるかによって印象は大きく変わりますし、評価も左右されますので合否の結果も違ってきます。自己PRでは単に自分がアピールしたい能力をアピールするのではなく、志望する会社に合わせたアピールを心がけることが大切です。
どれだけ高い能力を持っていても、それが会社で活かせなければ意味はありませんし、高評価を獲得することもできません。高評価を獲得するためには、旅行会社への理解を深めた上で自己PRを考えていく必要があります。業界・会社研究を徹底しておこない、上手に自己PRをして旅行会社からの内定を勝ち取りましょう。

コミュニケーション能力

旅行会社の仕事内容から考えても、コミュニケーション能力はスキルとしてアピール出来ます。なぜなら、旅行会社は、様々な業界の人と密接に関わるような仕事が多いからです。
旅行を検討している顧客と直接関わり、コミュニケーションを取る仕事は誰しもがイメージしやすいはずです。さらに、旅行を行うためには、鉄道や飛行機といった乗り物やホテルなども利用します。そのため、こういった旅行に関わる会社の担当者と接する機会もあります。このような会社間のやり取りの場面でも、コミュニケーションの機会があります。
一口にコミュニケーションといいますが、仕事ごとにその内容は多岐に渡ります。旅行会社は、仕事内容によって必要とされるコミュニケーションがかなり違うという特徴があります。自分がどのようなコミュニケーションが得意なのか、実例を基に話せるように準備しておきましょう。

企画力

企画力というスキルを持っていることは、旅行会社でも重宝されること間違いなしです。しかし、企画力という言葉をそのまま受け取るのは危険です。
おそらく、旅行会社の企画力というと、新しい旅行のプランを立てる能力のようなイメージに思えるはずです。しかし、このような意味で企画力をアピールしようとしては、会社が期待する意味とは的外れです。会社が求める企画力とは、目の前にある問題や課題を解決する道筋を立てる能力のことです。
旅行会社を取り巻く環境は、多岐に渡ります。さらに、流行の変化も早いです。取り巻く環境がすぐに変わりやすいため、問題が起こりやすくなるのは想像に難くないです。その問題や課題がたくさんある中でも、自らで解決する道筋を立てるような考える力を持っていることを企画力と認識しましょう。

行動力

環境が多岐に渡り、変化が激しいということは、企画力の部分で触れました。環境の流れが激しいということは、行動力も求められると言えるでしょう。
旅行会社に就職するとなると、一つの分野にこだわっている訳にはいかなくなります。色々な分野に広く携わるためには、それに見合った行動力が必要になるはずです。気になることがあったら、とにかく行動に移るといったフットワークの軽さは、旅行会社の中でも間違いなく役立つ能力です。
受動的な仕事の仕方よりも、能動的な仕事の仕方が多いのが旅行会社の特徴です。とにかく自分で行動しないことには、どうにもならないことも多いということをイメージ出来ていれば、選考でもアピールすることは決まってくるでしょう。

旅行業界が求める4つの人物像

自己PRを効果的におこなうためには、会社が求める人材像に照らし合わせてアピールを進めていく必要があるでしょう。会社ごとに求める人材像は違っていますので、それに合わせた能力や人柄をアピールすることで評価されやすくなります。
また、会社だけではなく、旅行業界全体として求める人材像もありますので、業界研究も欠かせません。旅行業界ではどのような人材が求められているのかを知り、自分の中で何がアピールできるかを考えていきましょう。

①自分で考えて行動できる人

旅行業界が求める人材像としては、自分で考えて行動できる人が挙げられます。旅行業界では自分で考えて相手に提案する事が多いため、能動的に行動できる人材が求められます。相手の出方を伺っているだけでは良い提案をすることはできませんし、良い提案ができなければ顧客を獲得することもできません。
旅行代理店は数多くありますし、他社に負けないためには、より魅力的な旅行商品の提案が必要です。どのような旅行であればお客様に合っているか、どのような旅行が魅力的なのかを考え、提案していく必要があります。受け身なままでは顧客は去っていきますし、職種によっては自ら相手のもとに出向いて営業をかけなければならない場合もありますので、主体性があることは重要です。

②相手のニーズを的確に掴む人

相手のニーズを的確に掴む人も、旅行業界で求められる人材像の一つです。自分から行動して提案をしていけることは大切ですが、提案がすべて相手の希望にそぐわないものであれば意味はありません。闇雲に提案をすればいいわけではなく、お客様のニーズを的確につかんで、希望とマッチした提案をすることが大切です。
提案すること自体が目的なのではなく、お客様に満足してもらうこと、お客様の希望をかなえられることが目的です。お客様の希望とマッチした提案をするためには、ニーズをつかみとる観察力が必要ですし、ニーズに合わせた提案ができるだけの知識が必要になります。ニーズが分かっても、それを叶えられる提案ができなければ意味はありませんので、旅行に関しての幅広い知識は前提として必要です。

③相手の事を思いやる気遣いがある人

旅行業界に求められる人材像としては、相手のことを思いやる気遣いがある人も挙げられます。お客様のニーズを知れば、その希望を叶えるための提案をしなければなりませんが、それはお客様が本当に満足できるものでなければなりません。自分の売りたい商品ではなく、お客様のご希望を最大限に叶えると感動が生まれますので、相手のことを思いやって希望を叶えていく必要があります。
もちろん参考までに自分のおすすめ商品を提案するのは問題ありませんが、それを押し付けてしまうのはNGです。自信を持っておすすめできる商品があるのは良いことですが、最も大切なのはお客様をいかに満足させるか、感動させるかです。相手のことを気遣って、お客様の希望が叶えられる提案ができる人材が求められています。

④コミュニケーション能力が高い人

アピールすべきスキルにもあった、コミュニケーション能力です。
旅行業界ではお客様と関わる職種はさまざまありますが、どれもその旅行会社の顔となるため円滑なコミュニケーション能力は必要不可欠です。コミュニケーション能力が高い人は評価の対象になりますし、欠かすことができない能力でもありますのでしっかりとアピールしていきましょう。お客様に旅行を提案するのも、希望を聞き出すのもすべてコミュニケーション能力がなければできないことです。
また旅行が決まればそれで終わりではなく、当日旅行を楽しんでいただくためのさまざまなサポート業務もあります。お客様と直接やりとりをする機会も多いので、コミュニケーションが円滑に進められることが大切です。旅行業界ではコミュニケーションは欠かせない能力ですので、自己PRでも上手にアピールしていきましょう。

旅行会社の自己PR例文

履歴書やエントリーシート、面接などで自己PRを行う時に注意することは、その会社ごとの仕事内容に合わせたスキルを組み込むことです。自分が会社に入社することで、いかに有益であるのかをアピールしましょう。
特に、旅行会社の自己PRでアピール出来るといいのは、コミュニケーション能力、企画力、行動力の3つです。それぞれに合わせた自己PRの例文を見ることで、自分ならどのような自己PRを行うのかイメージを膨らませましょう。
自己PRを書くときに注意することは、結論を先に書くことです。また、具体例も簡潔で何も分からない人でもすぐに理解できるような文章を心がけましょう。自己PRでは、自分が過去に経験したことを基にして、アピール出来る部分を知ってもらうことになります。そのため、まず結論であるアピール出来ることを先に知ってもらい、具体例を述べる形がベストです。

自己PR①

私の長所は、コミュニケーション能力に長けていることです。特に初対面の人とでも、すぐに打ち解けることが得意です。
長所になった理由は、アルバイトで衣服の店頭販売を行った経験があるためです。元々、ファッションが好きという理由でアルバイトを始めたので、最初は接客に戸惑いがあり、お客さまへの接客が上手く出来ませんでした。しかし、このままではいけないと思い、自分自身が別のお店に買い物に行き、色々な店員さんを観察しました。そこで思わず買いたいと思わせる店員さんに共通していることは、笑顔だと気づきました。
笑顔の大切さに気付いた後は、毎日欠かさず笑顔を作る練習を行い、常に笑顔で接客することを心がけました。その結果、お客さまと話すことの苦手意識もなくなり、ファッションのことやプライベートのことを打ち解けてくれる方も増えました。そして、最終的には個人として売り上げも倍に増やすこと出来ました。
このことから、初対面の人と接する時に最も大切なことは笑顔であることを学び、笑顔で接することで打ち解ける時間が早くなることも実感出来ました。社会人になってからも、初対面の人はたくさん出会うと考えています。私が持つこの能力を活かして、御社に貢献出来ると確信しています。

自己PR②

私は企画力に自信を持っています。目の前の問題に対して、何を行う必要があるのかを正しく判断し、なんとなくという曖昧さをなくすことで、絶対に実行できるようにすることを信条としています。
私の家庭は、学業をないがしろにしてまで、アルバイトをしてはいけないという決まりがありました。しかし、私は旅行が好きで、長期休みは毎度旅行したいと考えていました。長期休みに海外へ旅行をするためには、お金が必要です。そのために、優秀な成績を維持しながら、学業とアルバイトを両立させる計画書を入念に考え、両親が納得いくまで計画書を書き直しました。そして、実際に学業とアルバイトの両立を実践するために、生活の無駄を排除することを徹底しました。
長期休みに毎回旅行に行くという目標の基、学業の好成績とアルバイトを両立することは、簡単ではありませんでした。しかし、簡単ではないからこそ、長期的な企画力が手に入ったと考えています。

自己PR③

私は、行動力という点で誰にも負けません。常に目標が決まったら最短の道で行動するように心がけてきました。
私は、大学1年生の終わりに留学したいと思い立ちました。そして、思い立った後は、すぐに留学に必要なことを調べました。さらに、実際に留学を経験した人を学内と学外問わず、訪問しました。こういった下準備を踏まえた上で、1年間の準備の末、留学することが出来ました。
私は、行動力という言葉の意味をただ行動するだけでなく、行動のための準備も大切であると考えています。思い付きの行動だけでは、後が続かず、目標に到達できないかもしれません。しかし、行動に伴う準備を入念に行うことで行動力が磨かれると考えています。私が持つ考えながら行動する能力は、社会人になっても役立つと考えています。

旅行会社の自己PRは仕事内容に合わせたスキルを伝えよう

旅行業界を志望する人は非常に多く、倍率が高いです。まずは、志望する会社について調べましょう。旅行会社全体ではなく、その会社で必要なスキルが洗い出せるかもしれません。会社の特色を調べることは、自己PRを考える上でも重要な行動です。下調べをしっかりした上で、自己PRを作成しましょう。

【大学4年生限定】旅行・ホテル・ブライダル業界で内定を獲得した先輩たちが実際に提出したES集

学部学科問わず、女子就活生から圧倒的人気を誇るJTB。とりあえず受ける、という就活生も多く、選考を勝ち抜くのはかなりハードルが高いです。

今回キャリアパークでは、JTB内定者のエントリーシート(ES)を集めてみました。他にも、競合「H.I.S」など、有名企業のESが充実!期間限定で、無料プレゼントキャンペーンを実施中です!

掲載企業:JTB/エイチ・アイ・エス/阪急交通社/星野リゾート/ワタベウェディング

内定者のESを閲覧する

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

D96cd52e7e82f453

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【厳選20社!】優良企業に「特別選考ルート」でエントリーできるイベント
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【厳選20社!】優良企業に「特別選考ルート」でエントリーできるイベント

  • 開催場所: 東京都, 大阪府
  • 開催日時:  2018.01.15 00:00 ...

年間1,500名以上の内定を生み出している就活生向けサービス、ベネッセi-キャリアの「DODA新卒エージェント」が19卒向けのスペシャルセミナーを開始しました! 各セミナー人数限定で、1日で埋まってしまう可能性もありますので、エントリーはお早めに!

27022 view

【システムエンジニアを目指す方ONLY】IT業界30年の講師が登壇! 的確な指導が魅力、多数のSEを生み出したプレミアムセミナー!
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【システムエンジニアを目指す方ONLY】IT業界30年の講師が登壇! 的確な指導が魅力、多数のSEを生み出したプレミアムセミナー!

  • 開催場所: 東京都, 大阪府
  • 開催日時:  2017.09.26 12:00 ...

SE職を目指している学生にとって、とっておきのイベントをご紹介します。SE適性も、IT系技術職の面接選考準備もこれでばっちりです。

4160 view

開発力は世界を救う!? 開発や企画のノウハウを伝授!
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

開発力は世界を救う!? 開発や企画のノウハウを伝授!

  • 開催場所: 東京都, 愛知県, 大阪府, 福岡県
  • 開催日時:   ...

プロの開発力・企画力を学べるセミナー開催。自分のやりたいことを実現できる、開発・企画関係の職種を志望する方、必見のセミナーです。

3413 view

もっと見る

おすすめの就活イベント