2017年08月10日(木) 更新

就活生必見!企業研究の効率を4倍上げるやり方【正しい方法を知って内定をつかむ】

1、「企業研究をしなくても良い」は大きな間違い

企業研究をしなくても良いと思ってるそこのあなた。それは大きな間違いだということに今直ぐ気付きましょう。企業研究をしなくても受かったと言っている先輩の話を鵜呑みにしてはいけません。その人は、自分が知らず知らずのうちに興味がある企業情報を上手く取り入れていたから、内定をもらえたのです。

自己分析・業界研究と並ぶ"必須プロセス"

近年の就活生は、自己分析を特に重要視するといわれていますが、業界研究はもちろん、企業研究も欠かしてはいけません。これらのうち、一つでも欠いてしまうとなかなか満足のいく結果が得られず、就職活動で苦しい思いをしてしまうかもしれません。取り組む順番について特別なルールが決まっているわけではありませんが、いずれも就活における必須プロセスですから、欠かす事のないよう時間をかけてじっくり取り組んでください

志望動機を見つけるキッカケになる

企業研究のやり方をしっかり把握して、情報を得る努力をしていかなければ、いつまで経っても自分の志望企業が見つからないことにもなりかねません。 そうすると、就活のスタートダッシュに乗れなくなってしまいます。企業研究は重ねるごとに志望動機を見つけるきっかけになりますので、積極的に行っていきましょう。

万が一研究不足を書類選考でごまかせても、面接ではバレる

企業への理解が足りていない応募者は不合格となる確率が高いですが、ESの場合、情報収集が行き届いていなくてもまれに面接へ進める場合があります。テクニックでごまかせる回答もあるからです。しかし、万が一書類選考時に研究不足や準備不足をごまかせても、面接では必ず見抜かれてしまいます。就活の目標が書類選考通過ではなく内定であるならば、企業研究をきちんと行ってください。

人事の声①

「企業研究をしてこなかった学生はすぐにわかります。大抵とんちんかんな質問をしてくるからです。ホームページやパンフレットに答えが載っているような質問をしてくる学生には、がっかりしますね。うちの会社にはそこまで時間が割けない、つまり第一志望ではないということですから」

人事の声②

「最近の就活は数を受けないといけないので、一社一社をじっくり調べている暇はないかもしれません。しかし、自分の興味がある会社、本命の会社については、普通熱心に調べるでしょう。でも本命なのに対して調べていない学生もいるみたいで、不思議です。自分の将来を預けることになる組織のことを調べないというのは、自分の将来はどうでもいいということだと思うのですが。就活自体にやる気がないのかと感じます」

2、正しい企業研究のやり方を10つチェック

企業研究のやり方が分からないなんて人多いですよね。そんな人でも大丈夫です。下記で紹介する9つのポイントをおさえておけば問題ありません。就活で必要な様々な情報を手に入れられます。

このやり方を網羅すれば企業研究は十分

企業研究をし始めると、全ての情報を網羅しようとして時間をかけすぎてしまう人も多くいます。しかし、就活中は授業や説明会などに参加する必要もありかなり忙しいですよね。 その中で上手に就活を進めていくためには、企業研究にかける時間を最小限におさえる必要があるのです。以下のやり方を網羅すれば、企業研究で十分な効果が得られます。

やり方①:コーポレートサイトを確認

企業は、誰のために巨額のお金を使って、コーポレートサイトを作っていると思いますか?もちろん、顧客・取引先や株主のためだったりします。企業は自分たちの事業や考え方を知ってもらうことでより良いブランドイメージを作ろうとしています。 そのため、ユーザーが得たい情報をどう簡単に探せるかを考えて作成しています。就活生にとっても簡単に情報が探せるので、コーポレートサイトは企業研究で重要なのです。

企業概要や取引企業・プレスを確認

企業研究のやり方で、コーポレートサイトをチェックする際に確実におさえておきたい所があります。それは、企業概要・事業内容・プレスリリースです。

注目ポイント

企業概要:企業名・資本金・従業員数・本社所在地等
事業内容:どんな事業を展開しているかの詳細
プレスリリース:報道機関に向けた情報の提供を発表

企業概要は、情報を整理する際に利用し、事業内容はその企業がどのような事業展開をしているのかを把握するために閲覧。プレスリリースは、最近その企業が行った重要な情報を得るために確認するようにしましょう。

やり方②:採用サイトを有効活用

企業研究で、ぜひ見ていただきたいのは、採用サイトです。なんといっても、就活生向けに書かれたサイトのため、さまざまな情報を手にいれられるのです。とはいえ、興味のある企業の採用サイトをとことん調べようとすると時間がいくらあっても足りない状況になってしまいます。初めての企業研究の場合で絶対におさえておきたい箇所を確認しましょう。

募集職種や企業文化をチェック

注目ポイント

採用サイトでおさえてもらいたいのは、募集職種や企業文化が書かれた場所です。募集職種は、企業がどのような職種を募集しているのかを知ることができます。

企業文化は、あなたが企業を選ぶ際にとても重要になります。採用サイトの企業文化のところには、社長さんのメッセージやビデオで解説しているところもあるので、しっかりチェックしましょう。

やり方③:会社説明会や合同説明会に参加

あなたは、その企業に勤めている人に会う前に、その企業に自分の将来を預けられますか?大半の人がNoと言うでしょう。会社説明会や合同説明会への参加は、そんな不安を解消するためにとても有効だと言えます。

人事の方の雰囲気をつかめる

注目ポイント

合同説明会や会社説明会で話をしてくれるのは、その会社の顔「人事」です。その人の話し方や考え方、説明会のやり方で、他の社員の方々の雰囲気までもが少しだけわかります。自分のOB・OGがいないような企業は、必ず説明会に参加して、その企業の雰囲気をつかみましょう。

イメージしづらい「B to B」を知るにはぴったり

会社説明会に参加するメリットは他にもあります。それは、自分一人ではイメージしづらい業務の流れやビジネスモデルについて改めて学べる点です。特に「B to B」の事業を展開している会社への応募を考える際、なかなか企業研究が進まなくて悩む就活生も多いのではないでしょうか?「B to B」の理解を深めるための最初のとっかかりをつかむのには、説明会がぴったりです。もちろん「B to C」のビジネスについても、参加前と参加後では理解度が大きく違うでしょう。

やり方④:OB・OG訪問を必ず行う

OB・OG訪問も、企業研究で欠かせないもの。なぜなら、実際に働いている人の生の声を聞くことによる発見は何にも代えがたい経験だからです。仕事の喜びや苦労をOB・OGから聞き、自分の働く姿をより具体的にイメージできるようになります。

社内の人のキャリア・考え方を知る

注目ポイント

OB・OG訪問は、企業説明会などと違いその人のキャリアや考え方について、より深く学べます。その人の将来への展望を聞くと、企業研究や業界研究につながるだけではなく、自分の今後のキャリアについてより深く考えられるようになります。

やり方⑤:IR(投資家情報)をチェックする

あまり知られていませんが、IRをチェックすると企業研究に役立ちます。IRとは企業が投資家向けにデータを提供するものです。企業は、株主から多くの投資を得たいと考えています。そのため、IRには多くのデータが載っています。

注目ポイント

IRは、投資家が投資をするか否かを決める判断要素になるため、その企業の今後の展望が読み取れます。今後の展望を読み取れると、自分が就きたい仕事が今後どうなっていくのかなどもわかります。

またIRを読むことができると、社会に出たときに大きな力になります。株主総会で企業がどういったことを話しているのか、世の中の景気、日経新聞で取り上げられているような株価の推移までもが理解できてしまうので。どうせやるなら、就活だけで終わらせることのない勉強をした方がいいですよね。

やり方⑥:インターンシップへ参加

ある調査によると、インターンシップは就活生の約3割が参加経験があると答えています。複数企業のインターンシップへ参加している就活生もいますよね。長期・短期の違いはありますが、企業について理解を深めたいのなら、積極的にインターン参加を視野に入れてみましょう。

直接質問ができる大チャンス

インターンシップでは、質疑応答の時間が設けられている場合がほとんど。説明会では会社概要や事業説明などの大まかな説明が多い一方、インターンでは実務に深く関わるチャンスがあり、深くまで突っ込んだ質問もできるかもしれませんね。

注目ポイント

就労意欲を高める目的があるインターンシップは、単なるアルバイトとは異なる位置づけがされているケースも多いです。インターンの場だからこそできる質問もあるはず。

やり方⑦:業界地図を読む

企業研究では、業界地図を読むのもオススメ。業界地図として有名なのは、日本経済新聞社の『日経業界地図』、東洋経済新報社の『会社四季報 業界地図』です。文字通り業界研究に役立つツールですが、企業研究とも切り離せないものです。

業界の枠を超えたトレンドや可能性がわかる

業界地図を読むと分かるのは、いくつもの業界を横断して事業を展開する会社があるということ。もしも応募を検討している企業が複数事業の展開に成功している場合、各業界でのポジションを知る必要がありますよね。

注目ポイント

業界地図を見れば、勢力関係や市場規模に加えて、買収や提携、出資関係についても図で理解できます。一つの業界だけでなく、社会全体のトレンドや新たな可能性を知るチャンスにつながりますから、是非業界地図を読んでみましょう。

やり方⑧:新聞やニュースに目を通す

新聞を、企業研究や業界研究に必要な情報の宝庫と呼ぶ就活生も多いです。なぜなら、新商品の発売、事業展開、新サービスの導入など、ほぼリアルタイムで最新情報を手に入れられるから。新聞には企業の社長の発言が載る機会も多いですね。

「いい話」からは見えてこない部分を知れる

また、採用サイトでは基本的に「いい話」が多くなってしまう反面、新聞であれば課題や問題点についても客観的に記載されています。課題解決のために何が出来るのか、自分なりに考えておくのがベター。実際に、エントリーシート(ES)や面接で「わが社の課題は何だと思いますか?」と聞かれるケースも珍しくありません。

やり方⑨:経営陣のSNSや著書に触れる

会社のトップの発言を細かく確認するのも、企業研究をうまく進めるコツ。SNS(FacebookやTwitterなど)で手軽に情報のキャッチアップが出来ますよね。最近では、ブログを公開している経営者も珍しくありませんね。また、志望企業の社長が本を書いている場合は、是非一読してください。

ESや面接の回答も際立ってくる

社長の発言に直に触れておけば、その企業だけでなく業界全体への理解も深まります。差別化が難しいエントリーシート(ES)の回答にも、かなりの個性と説得力が出てくるでしょう。 ただし、社長の言葉を出したからといって、それだけで選考を勝ち抜けるわけではありません。発言に込められた意図をくみ取らないと、かえってマイナスの印象を与えてしまうリスクもあるので注意してください。言葉の真の意図を追及する姿勢を忘れないようにしましょう。

やり方⑩:就職情報サイトを利用

余裕がある場合は、民間・役所の就職情報サイトを活用してみるのもオススメ。リクナビやマイナビはほぼすべての就活生が利用するサービスですよね。 少数の大手サイトだけでなく、『グッドカンパニー大賞』や『jobway』をチェックしたり、厚生労働省が認定する『若者応援宣言企業』を調べてみたりしましょう。知っているようで知らなかった発見もあるかもしれません。

登録者限定の"特別選考"も魅力的

小規模なサイトには対応が丁寧・小回りが利くといったメリットもありますから、「あまり有名じゃないし…」という理由だけで敬遠しないのがコツです。 また、就職情報サイトに登録すると、場合によっては"特別選考"へ進めるかもしれません。その数は決して多くありませんが、魅力的だと思う企業の特別選考があれば、このうえないチャンスとなりますね。

3、知識を得た後に絶対に行うべき4つのこと

上記のやり方で、企業に関しての知識を得たからといって満足してはいけません。忘れてはいけないのは、知識を得た後にどうするかが重要だということ。だからこそ、復習をかねた行動を取りましょう。

何度も見返せるように情報の整理

企業研究のために起こした行動が無駄にならずに何度も見返せるよう、情報の整理をしましょう。重要な情報は、あらかじめ決めておいたフォーマットに記入します。

興味が湧いた箇所から志望動機を作成

重要な情報を整理した後は、企業研究で興味が湧いた箇所を上手く利用して、志望動機を作成します。自分で調べた、見た、聞いた情報からできる志望動機は、とても説得力のあるものに仕上がります。

競合調査を必ず行う

企業研究をしたあとで忘れてはいけないのは、競合調査を必ず行うことです。その企業がどのような競合と戦っていて、どのような戦略の違いがあるのかなどは調べておいて損はありません。志望企業の他社と差別化を理解することは内定を獲得するためにとても重要です。

実際の商品に触れてみる

「B to C」ビジネスを展開している会社へ就職したいのなら、実際に商品・サービスを購入(利用)しなくてはいけません。志望動機を伝える際に「CMで見たことがある」のと「実際に愛用している」のとでは、説得力に雲泥の差が出てきますよね。広告等で全国的に知られている企業は、それだけ志望者も多くなる傾向にありますから、ありきたりな志望動機ではライバルになかなか勝てません。

4、周りに差をつけるワンポイント

これまでご説明したポイントが企業研究の王道です。他の就活生との差をつけて、ゆとりを持って本番に臨みたいと思うなら、さらに深入りしたプラスアルファの準備をした方がいいでしょう。

3C分析・SWOT分析をする

企業研究のフレームワークとして有名なのが3C分析という手法。3つのCは、それぞれ「企業」「顧客」「競合」を意味しています。企業についてはブランドや経営資源、顧客についてはニーズの変化、競合についてはシェアなどを調べるのが一般的です。

3C分析の"C"とは

・企業(Company)
・顧客(Customer)
・競合(Competitor)

一方、SWOT分析とは、強み・弱み・機会・脅威を分析するフレームワークのこと。「強みと弱みを内部的要因、機会と脅威を外部的要因」と捉えたり、「強みと機会をプラス要因、弱みと脅威をマイナス要因」と捉えたりします。一般的に良い部分の方が深掘りしやすいといわれておりますので、強みと機会について細かく分析するところから始めるのがオススメです。

SWOT分析の"SWOT"とは

・強み(Strengths)
・弱み(Weaknesses)
・機会(Opportunities)
・脅威(Threats)

展示会に行ってみる

説明会やOB・OG訪問で企業研究を進めるのもアリですが、知識を深めるために展示会へ足を運ぶ就活生もいます。「B to B」ビジネスを展開するメーカーの製品は、日常でなかなか目にする機会がありませんよね。そこで役立つのが展示会です。企業が顧客企業へ製品をアピールするのが主要な目的ですが、一般客の入場を受け付けている展示会も多くあります。大学で情報を得られる場合もありますので、アンテナを張ってライバルに差をつけましょう。

企業の将来像をイメージ

仮説でも構わないので、応募先の企業が今後どのように変化していくのか考えてみてください。ESでは自分の5年後~10年後について問われるケースが多いですが、企業の将来像と自分の将来像をマッチさせて考えるのが理想的です。

面接が進むごとに理解を深めるのが理想

企業研究は時間に余裕を持って進めなくてはいけませんが、就活前半で終わらせるべきものではありません。面接回数を重ねるごとに、応募先への理解度が深まっている状態が理想的です。もちろん、面接に進む前に、他の就活生よりも圧倒的に企業研究を行っている人もいるでしょう。しかし、面接が一次二次三次…と、どんどん進んでいるのに、志望度や理解度が何一つ変わっていないというのは、企業にとって「物足りない」と感じるようです。 面接では質問の時間も設けられていますから、気になる事は聞けますよね。前もってきっちり研究をしておくのも大事ですが、「これで完璧」と思わずに、内定をもらうまでは探究心を持って企業研究に取り組んでください。

ただし、思い込みを強く持ちすぎない

まるで実際に働いている社員かのように、企業に対する理解度が高いのはとても素晴らしいことです。しかし、気をつけなければならないのは「調べた事が全てではない」という点。たとえば総合商社であれば、川上から川下までのあらゆる業務内容を担当する可能性があり、配属される前に完璧なイメージをすることはできません。飲料メーカーで新商品の開発に携わる場合も、商品発売に際して、キャンペーンで全国を駆けずり回らなければならないケースもあり得ます。 強い思い込みはかえってマイナス要素になるのです。こだわりが強すぎる就活生よりも柔軟なイメージを与える就活生の方が高評価となるケースも往々にしてあります。

5、企業研究のやり方の例

◯◯商事の企業研究の記入例

では、今まで話してきた企業研究のやり方を実際にやってみましょう。全ての企業を同じフォーマットで整理するととってもみやすくなりますよ。 是非、例を上手く利用して自分なりの企業研究ノートを作ってみてください。

良い点と悪い点は両方調べる

企業研究をするとき、その企業へ好印象を持っている場合がほとんどだと思います。そのため、就活生は良いところばかりを見つけようとしてしまいます。しかしながら、弱点や課題がない完全無欠の企業はありませんよね? 魅力を探しつつ、企業が直面している壁は何なのか、自分はその壁をどうやって乗り越えればいいと思うのか、を考えてみてください。

トラブル回避のために条件面は細かくチェック

仕事探しの際にやりがいを重視するのは素晴らしい姿勢ですが、待遇面についてもきちんと確認をしておかないと後々思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。転職では給料や雇用形態に関するトラブルが頻発しますが、新卒就活でもその可能性はゼロではないでしょう。 複数事業を展開する会社の場合、募集要項にはない職種・部署で働かなくてはいけないケースもあるのです。その他に、転勤の有無・給与額・休日に関する規程・教育制度など、条件面でトラブルの基になることはいくつも考えられます。

6、どの企業を研究すれば良いか分からなくても大丈夫

就活を始めたばかりで、企業研究のやり方の前にどんな企業から始めたら良いか分からないという人もいるでしょうが、全く問題ありません。企業研究を始める前にどのようなことから実行していけばよいか見ていきましょう。

根本的な簡単な所から始めよう

企業研究をやり方やどの企業を研究すればいいのか分からない人は、根本的な問題・簡単に考えられるところから始めましょう。下記で具体的に見ていきます。この順序に従えば、企業研究に困ることもなくなるでしょう。

7、企業研究のやり方がわからない人が知るべき3ヶ条

自分にとって「働く」とは?を考える

まずは、自分にとって「働く」とは何かを考えましょう。士気の高い人たちに囲まれて働きたい人、定時で帰りプライベートも充実させたい人、いろいろな考えが出てくると思います。 自分にとっての「働く」の意味を考えていくと、自分がどのような目的を持って仕事に臨みたいのか、またはどのようなゴールを目指して仕事をしたいのかが見えてきます。どのような環境・人に囲まれて仕事をしたいのかが見えてくると、それに近い企業文化の企業を研究していきましょう。

『はたらきたい。』(ほぼ日刊イトイ新聞)を読む就活生も多いようです。自分にとって大切なこと、働く目的を探すために、外から情報を仕入れるのもオススメです。

自分が興味のある分野・職種を考える

自分に合っている企業文化を理解できたら、自分が興味のある分野・職種を考えていきましょう。リサーチや分析業務に携わりたいのか、人とコミュニケーションを取るのが好きだから接客や営業にいきたいのかなど、興味のあることから派生させてみましょう。 興味がある分野・職種を考えていくと、必然的にどの業界に行きたいのかが見えてきます。コミュニケーションを取るのが好きで、かつ何かを生み出している企業に行きたいと思えば、メーカーの営業職などにいきつくでしょう。このように考えていくと、調べるべき企業が見えてきます。

働く場所に求めるものは何か想像する

最後に、自分が働く場所に求めるものは何か想像してみましょう。給与・残業代・家賃手当・海外転勤有・育成制度などいろいろなものがあります。その中で、自分の譲れない条件に当てはまっている企業を探していきます。 働く場所に求めるものは何かを考えていくと、働く企業の規模も大体分かっています。なぜなら、大手企業や大手企業のグループ会社は、家賃手当や育成制度が比較的整っているので、その条件を満たせない企業が嫌な場合は、必然的にそういった企業の研究を進めていくようになります。逆に、圧倒的な成長や裁量権を求めている場合は、中小企業やベンチャー企業を中心に企業研究していくとよいでしょう。

企業研究の正しいやり方を学べば受けたい企業がきっと見つかる

企業研究をそんなに難しくとらえなくても大丈夫です。自分の知りたいと思ったデータを収集していき、その企業の競合と比較していく。また、企業研究をする前に、必ずあなたにとっての働くという意味を考えてみてください。 その根本的なところがずれると、就活本番になって自分の志望すべきは違う業界・企業文化を持っているところだったと気づくことになりかねません。 上記に記載している企業研究のノートの例も参考にしながら、効率的に進めていきましょう。そうすると、少しずつ受けたい企業が見つかってきます。

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【就活の基礎】心理学に基づいた分析で、たった3時間で自己分析を完了する!
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【就活の基礎】心理学に基づいた分析で、たった3時間で自己分析を完了する!

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.08.02 12:00 ...

心理学の手法を使い、自分の『価値観を発見』する!! たった3時間で自己分析を完了できるワークです。「自分のことは自分が一番よくわかる」と思っているとしたら、それは大きな間違い。心理学的な手法を使った診断で、“客観的な自己分析”を完了させましょう!

6326 view

福岡開催【企画、事業創造に興味がある方へ!】チームで新しい価値を生み出せ! 事業創造インターン「CREATE」
  • 2019年卒
  • インターン説明会

福岡開催【企画、事業創造に興味がある方へ!】チームで新しい価値を生み出せ! 事業創造インターン「CREATE」

  • 開催場所: 福岡県
  • 開催日時:  2017.10.30 12:00

人材紹介や再就職支援を中心としたサービスで企業から信頼を得るパソナキャリアカンパニー。そんな同社の事業創造プロセスを体感できるインターン「CREATE」をご案内します。

1273 view

【充実の福利厚生&安定経営】国内最大級のエンジニアグループでスキルを身につけよう!(東京&大阪開催『プレミアム説明選考会』ご案内ページ)
  • 2018年卒
  • 会社説明会

【充実の福利厚生&安定経営】国内最大級のエンジニアグループでスキルを身につけよう!(東京&大阪開催『プレミアム説明選考会』ご案内ページ)

  • 開催場所: 大阪府, 東京都
  • 開催日時:  2017.10.13 12:00 ...

福利厚生の整った安定経営企業でエンジニアになろう。一次選考あり、昼食付きの東京&大阪開催『プレミアムセミナー』のご案内です。

14 view

もっと見る

おすすめの就活イベント