2016年11月29日(火) 更新

いすゞ自動車が近年行っている取り組みと素晴らしい評判

いすゞ自動車は主に自動車の製造を手掛けている

いすゞ自動車の主な事業内容は、自動車の製造です。自社が保有するディーゼルエンジンに関する技術を活かして、普通車ではなくトランクやワンボックスカーの製造に注力しています。そのため顧客となる対象は、運送業者や建設業者が多くなっているのがいすゞ自動車の特徴です。バスの製造もおこなっていますので、地方自治体も顧客の対象に含まれます。

直近3年間は増収でタイでの販売が伸長している

いすゞ自動車の近年の業績を見てみると、直近3年間は増収となっています。ただ、当期純利益は減益となっており、業務のテコ入れが実施されています。国内の新型トラックの販売は好調ですが、海外での自動車販売が低迷していることが、当期純利益減少の要因です。タイでの販売が特に伸長していることから、さらにこの付近の国々での販売を強化する予定となっています。

自動走行車の研究開発に力を入れているいすゞ自動車

いすゞ自動車の取り組みとして顕著にみられるのが、自動走行車の研究開発に力を入れている点です。いすゞ自動車と同じく自動車メーカー大手の日野自動車と共同で、トラックとバスに特化した自動走行車の研究開発を進めています。この技術が完成したら、実用化に向けての取り組みも共同でおこなっていく予定です。

CSR活動では次世代の人材育成に取り組んでいる

いすゞ自動車がCSR活動として取り組んでいるのが、自動車産業に貢献できる次世代の人材育成です。自動車の研究開発や整備士の育成を目的に、全国の自動車大学校や整備士専門学校に教材を無償提供しています。また、学生時代から研究開発に打ち込める環境の提供といった面でのサポートも行っているのがいすゞ自動車です。

いすゞ自動車では世界的に獲得しているシェアが評判

いすゞ自動車の評判として多く聞かれる意見が、世界中でいすゞ自動車製のトラックが道路を走っていることです。建設現場や物流の現場では欠かせないトラックのシェアを世界中で獲得している点に対して、社員は誇りを持っています。また、交通インフラを担っているバスの製造事業でも同じことが言えるでしょう。

特定分野の知識や技術を有した社員が求められている

いすゞ自動車では、ディーゼルエンジンを搭載した自動車の製造を行っているので、それらの分野に関する知識や技術を有した人が理想の社員です。また、世界中に販売拠点を置いている点から、海外でのセールス業務も必須となっています。自社の製造した自動車の魅力を顧客に伝えられる社員が、必要とされているのです。

自動車走行車の研究開発を行っているいすゞ自動車では世界的に獲得しているシェアが評判

以上、いすゞ自動車が近年行っている取り組みと素晴らしい評判をご紹介しました。日本最古の自動車メーカーとしてトラックやバスなどの製造事業を展開している企業が、いすゞ自動車です。どの自動車にも負けないディーゼルエンジンの技術には定評があり、その技術を活かして自動車の研究開発を進めています。近年は、日野自動車と共同で自動走行車の研究開発にも熱心に取り組んでおり、将来の実用化が急がれているのがいすゞ自動車です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント