2017年04月24日(月) 更新

ヤマトホールディングスの気になる事業内容と評判

ヤマトホールディングスは物流サービス事業を行っている

ヤマトホールディングスの主な事業内容となっているのが、物流サービス事業です。個人や法人から預かった荷物を自社の物流センターに集めて、そこから届け先へ配達します。冷凍食品やゴルフ用品の配達など、用途のによって配送方法を指定できるサービスは多くの顧客から支持を受けています。時間指定や代金着払いサービスをいち早く取り入れた企業としても知られています。

売上高は直近3年間で増加を続けている

ヤマトホールディングスの近年の業績をみてみると、売上高は直近3年間で増加を続けています。インターネットショッピング・オークション利用者の拡大を受けて、小型荷物の配送事業が拡大しています。今後は海外でも同じような傾向が広がると予想しており、国際宅配便サービスの充実を図っています。

##ヤマトホールディングスの業績

"IR情報から分かるヤマトホールディングスの事業内容と状況について解説します。
『事業業績概要』によると、デリバリー事業が一番の収入源であり安定したものとなっている。収益面では、前期に発売した「宅急便コンパクト」「ネコポス」の販売強化と、グループ横断型提案営業の強化による高付加価値などビジネスモデルの創出を加速させている。
コスト面では、社会保険適用拡大などの制度変更のコストアップ要素はあるものの幹線ネットワークの全体最適化により、業務量の伸びに連動してないコスト構造への変革を図っている。
"

ヤマトホールディングスは新たに金融関連事業の取り組みの強化をしている

ヤマトホールディングスの最近の取り組みとして顕著にみられるのが、金融関連事業の取り組みの強化です。特に企業間決済システムの構築には躍起になっており、顧客も増加しています。企業同士の商品のやり取りや売掛金の処理、代金の受け取りなどをヤマトホールディングスが代行しておこない、そこから手数料収入を受け取る仕組みを作りました。

交通マナーに関する講話などで安全教育に関する活動も行っている

ヤマトホールディングスがCSR活動として取り組んでいるのが、安全教育に関する活動です。ヤマトホールディングスのセールスドライバーが、地域の保育園や小学校に出向いて交通安全教室を実施しています。交通マナーに関する講話や、自社で使用している集配車の乗車体験を通じて、子供たちに交通安全の重要性を伝えています。

安全な運転方法の教授などでの交通事故防止への取り組みが評判

ヤマトホールディングスの評判として多く聞かれる意見が、交通事故防止への取り組みに関することです。セールスドライバーをはじめ、自社の社員全員に交通事故・交通違反防止に関する教育を徹底しておこなっています。定期的な交通安全研修や安全な運転方法の教授などを実施して、荷物の配達と事業運営をおこなっています。

顧客から預かった荷物を確実に届けるという使命感のある人材を求めている

ヤマトホールディングスは、顧客から荷物を預かって確実に相手先に届けなければなりません。こうした使命感を持って仕事に取り組める人が理想の社員像といえます。物流センターから各店舗に荷物を届ける業務に携わる人は、中型自動車免許か大型自動車免許が必要となります。ただ、近年は住宅街や繁華街に限って、カーゴを使っての配送をおこなっていますので、必ずしも自動車免許を必要とする仕事ではありません。

ヤマトホールディングスは物流事業を展開しており研修などでの交通事故防止への取り組みが評判

ヤマトホールディングスは、自社の物流物を駆使して全国に荷物の配送サービスを提供しています。冷凍便やゴルフ便などの多様な配送サービスがあります。また、送り状印字サービスなどを実施して顧客の拡大を図ってきました。企業専用の物流サービスも展開しており、工場から預かった荷物を店舗やオフィスに直接配送する業務もおこなっています。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント