2020年06月12日(金) 更新

就職浪人生が注意すべき履歴書の書き方

就職浪人は履歴書に書く必要はない

就職浪人をした際には、履歴書への書き方も悩んでしまうものです。
履歴書は、自分自身を包み隠さず書かなければならないので、就職浪人をした経験もしっかりとか書かなければいけないと考えてしまいがちですが、実際には、「就職浪人をした経験を履歴書に書く必要はありません」。

浪人や留年はネガティブなイメージになるから…

就職浪人に限らず、浪人や留年をした場合には、履歴書の書き方として特別、履歴書に記載する必要はありません。
やはり、浪人や留年をしていたというのは、
履歴書に書くには、少しネガティブな印象を与えてしまいがちです。決してなまけていた為に浪人や留年をしてしまったというわけではないとしても、履歴書に留年や浪人と書かれていると、どうしても疑った見方をされやすいので、これについては書く必要はありません。

履歴書の正しい作成方法をマスターしよう

履歴書を作成する際は、誤字脱字に気を付けること以外にも基本的なルールやマナーを守る必要があります。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。

そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。無料でダウンロードできるので、実際に履歴書を作成する際のお手本としても持っておいて損はありません。

就職浪人は大学の履歴書は使わない

就職浪人をした人は、新卒でもなければ、中途採用でもないので、少し特殊な立場となります。
なので、履歴書を書き方として、どの履歴書を使えばいいのか迷ってしまうという人もいるかと思います。
一般的に新卒の人の場合は、大学の履歴書を使って履歴書を書くケースが多いのですが、就職浪人の人の場合は、すでに卒業をしていますので、「大学の履歴書は使わない」方がいいといえます。

市販のものを利用した方がいいのですが少し注意も…

履歴書を書く場合には、市販のものを利用した方がいいのですが、
これは物によってアピールポイントなどを書く欄が大きく異なっているので、もしアピールポイントなどが小さいという場合には、自分で履歴書にアピールできる書類を付け加えるなど、工夫をしていくといいようです。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

就職浪人も履歴書は丁寧な書き方が基本

履歴書を書く際には、新卒だろうと就職浪人だろうと、書き方は誤字などの内容に丁寧に書かなければなりません。
新卒の頃は、何十枚でも手書きで履歴書を書いていたものの、就職浪人をしてからPCを使って履歴書を書くようになったという人も見られます。
IT関係の会社では、手書きかPCで書いたものかどうかは重視しないケースが多いのですが、
一般の企業の場合は、履歴書は手書きで書いたものの方が印象がいいので、手書きで書くようにしましょう。

PCではなく手書きで書いた方がいい!!

どうしても就職浪人になると、新卒の頃と違って就職活動をするのにも、慣れが出てきてしまったり、あせりや面倒に感じる面もあって、
ついついPCで書いたり、雑に履歴書を書いてしまいがちです。
しかし、就職浪人であっても企業は新卒と同じように対応するので、
「就職浪人でも新卒の頃と同じように、丁寧でしっかりとした履歴書を書く」ように心掛けなければなりません。

就職浪人が注意する履歴書の書き方のまとめとして…

就職浪人が履歴書を書く際には、新卒とは違っていくつか気をつけるポイントがあります。
なので、少し戸惑う面もあるかもしれませんが、大学の履歴書を使わない、就職浪人をした経験は履歴書にあえて書かないなど、ちょっとしたポイントですので、履歴書を書く際にはよく注意して書くようにしましょう。
また、どうしても就職が決まらないあせりなどがあって、雑に履歴書を書いてしまったり、履歴書を書くのが面倒に感じるものですが、
心はいつでも新卒と同じつもりで丁寧に書くように心がけましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント