2019年12月04日(水) 更新

国土交通省のインターンシップ選考と対策

国土交通省のインターンシップ選考対策①:企業研究

国土交通省のインターンシップ選考対策の1つめは、企業研究を行うことです。国土交通省で行う主な仕事内容は、以下の通りです。
景観・まちづくり企画として、地域の個性や潤いのある生活環境を造る為の活動を行ったり、下水道や河川、川の整備、鉄道、海事局、港湾局、土木、農業土木、建築、電気、機械、造園など多岐に渡る部門の仕事を行っています。全国の町作りの為に、各地の支部で、各々の事業を推進していきます。まずは国土交通省とはなにか、企業研究をすることが選考対策になるでしょう。

国土交通省のインターンシップは貴重な時間

上記ように多くの関連性のある業務内容の物の中から、自分の得意分野の実習を行得るチャンスが、国土交通省のサマーインターンシップのシステムです。より良い地域位環境の実現の為に、どれくらいの予算で、どのような事が実現出来るのか、また、自分の知らなかった推進事業などをインターンシップで学び、実習を行い、自分の体験として成果をあげられる貴重な時間となります。このインターンシップでは、人々が自由に活動して、それぞれのライフスタイルを生き生きと安心して暮らす為の計画や、国際的に安定成長する為の経済社会の実現、更には、災害による被害の最小化などの安全確保、良好な環境や会場の秩序と治安の維持など、国土交通省の基本精神を学ぶ事ができます。

国土交通省のインターンシップ選考対策②:実施概要

国土交通省のインターンシップ選考対策の2つめは、実施概要を把握することです。国土交通省での主な業務や任務については、概要をご理解いただけたと思いますが、実際に行われるインターンシップでは、どのような体験ができるかを以下に記述していきます。

国土交通省のインターンシップ内容

■土木部門
河川や道路の点検作業、調査と分析、管理について学びます。かなり広範囲な内容になりますので、1日1日の実習内容をメモしてまとめておく事が重要です。

■農業土木
各種測量関係の仕事がメイン。河道地形測量やダム地形測量、境界測量など特殊な内容のものが多いです。

■建築部門
建築基準法の見直しや災害時の建築物の対策、建築確認や構造計算などについて勉強します。

大学での勉強を元に体験できるインターンシップ

このように、国土交通鵜匠のインターンシップでは、大学での勉強を元に実践的に、基本から各部門ごとに体験出来るので、充実したインターンシップ生活を送る事ができるプログラムになっています。各部門は、それぞれ、1~2週間の研修内容ですので、かなりのボリュームを実地体験できる企画になっています。この夏に、身のあるインターンシップを送るには、国土交通省のインターンシップは最適です。6月下旬からの応募開始に間に合うように、各々の学校を通して早めの申込みの準備が必要な時期になっています。

国土交通省のインターンシップ選考対策③:提出書類

国土交通省のインターンシップ選考対策の3つめは、提出書類についてです。国土交通省のインターンシップは書類選考のみなので、内容は充実させる必要があります。誤字脱字はもちろんのこと、内容が薄い場合にも落選の可能性が高まります。自己PR、大学時代に頑張ったことなど、一つの項目を掘り下げて質問点が出ないように選考対策をしましょう。

対策:志望理由は国土交通省ならではのことを書く

なぜ、公務員になりたいのかと問われた場合は、収入が安定していたり、福利厚生が充実しているなどの待遇面は記入せずに、国土交通省ならではの志望理由を記入しましょう。例えば、「国土交通省が最も生活に深く関わっており、より豊かな暮らしを実現する為に尽力したいと考えたからです。」などが挙げられます。

通過するエントリーシートを作成する

インターンの選考に通るためのESを作成するために、実際の通過者のESを参考にしましょう。そこで活用したいのが「インターン選考通過者が実際に提出したES集」です。JALや日清製粉、三菱UFJ銀行や大正製薬などの通過者が提出したESを無料でダウンロードできます。設問の内容も確認できるため、事前の対策として持っておきたい資料です。

国土交通省のインターンシップに参加した人の声

国土交通省のインターンシップでは、
・「実際に検査や調査を行うことができるので、内定を貰ってからのことを深く知れた」
という声があります。やはり、予めある程度自分が行う仕事の内容を知っておく方が、志望動機も書きやすい上に、本当に働きたいかどうか考え直す機会にもなるようです。
・「1~2週間もの長期プログラムになっているので、社員と親しくなるのに充分な時間が設けられており、終わる頃にはあらゆる知識を得られていた」
という声もあります。より実戦的な内容である上に、長期プログラムである為に、参加することで自分の身になったと実感している人も多いようです。

国土交通省のインターンシップ選考対策は充実したエントリーシートの記入が重要

国土交通省のインターンシップ選考対策についてお話しをしてきましたが、いかがでしたでしょうか?国土交通省では、多岐にわたる業務を行っていることを御理解頂けたと思います。また、このサマーインターンシップも、かなり実践的で、期間も長期にわたり行われるものなので、多少ハードかもしれませんが、その内容は、充実したものになっています。応募をする際は、選考対策を参考にしてみてください。これから、社会人になる前提として、身のあるインターンシップ送って見ることも大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント