2016年11月29日(火) 更新

リクルート住まいカンパニーへの志望動機の書き方

リクルート住まいカンパニーへの志望動機の書き方では熱意が重要

リクルートグループの「住宅業務」部門である、リクルート住まいカンパニーの求める人材のひとつの例として強い意気込みを持った人が挙げられます。意気込みや熱意はモチベーションにつながるため書き方で表現する必要があります。志望動機の書き方のポイントは、
・なぜ、この会社に魅力を感じるのか
・この会社でなければならない理由
・この会社での自分の目標
この3点を具体的にすることです。これらを明確にすることでリクルート住まいカンパニーへと志望動機として自身の熱意を伝えることができます。そして、企業への熱意は将来の活躍のためにも必要なものでもあるのです。それではリクルート住まいカンパニーへの志望動機の例を見ていきましょう。

リクルート住まいカンパニーへの志望動機の書き方①:どのようなものが創りたいか伝える

リクルート住まいカンパニーが考えるイノベーションは「未来にある普通のものを創りだそう」です。志望動機の書き方の例としては、将来どのようなものを創りだしたいかという点にテーマを絞るという方法も可能です。またご存知のように、リクルート住まいカンパニーは「住まい」を業務の中心として、企業活動を行っています。家は人間にとって必要不可欠なもの。この点に関しても志望動機と結びつけることができそうです。

等身大の自分で豊かに表現する書き方を意識する

注目を浴びたいというだけの理由で、あまりにも現実離れした目標の書き方をしてしまうのは考えものです。本当にやりたいことをしっかりと整理することが必要なのです。また具体例を挙げた書き方を心がけたほう意気込みが伝わりやすいでしょう。

リクルート住まいカンパニーへの志望動機の書き方②:外国人の入居可能な物件を増やしたい

【例文】大学生活を通じて、外国人の友だちができ、交流を深めています。彼らの悩みのひとつとして、部屋を借りることが難しいという現実があります。少しずつ改善されつつあるようだが、外国人に部屋を貸すことに抵抗がある大家もまだまだ多いです。外国人の入居が可能な物件をもっと増やしたいという強い思いがあります。そのためにはリクルート住まいカンパニーの持つ仲介ネットワークへの働きかけが必要不可欠だと考えています。部屋を借りたいカスタマーと部屋を貸したいクライアントの架け橋となりたいです。

リクルート住まいカンパニーへの志望動機の書き方③:都市計画に基づき物難民をゼロにしたい

【例文】「物難民」をゼロにしたいです。そのためには長期的な計画が必要であります。都市計画などの見直しもしなければなりません。培ってきたノウハウはこの困難が伴う計画を現実に近づけてくれると信じ、その仕事がしたいと感じたため志望しています。

リクルート住まいカンパニーへの志望動機の書き方④:理想の物件との出会いで人を笑顔にしたい

【例文】人を笑顔にしたいです。それが私の願いです。うれしいことがあると人は笑顔になります。私は理想の住まいを提供することで顧客を笑顔にさせたいです。「スーモ」など貴社の様々な情報発信手段をより使いやすく進化させることで、理想の物件との出会いを通じて顧客を幸せにしたいと思います。「住まい」は常に身近にあるものだから、その出会いはとても重要だと思っています。

リクルート住まいカンパニーへの志望動機の書き方は住まいへの熱意を等身大の自分で表現すること

志望動機の書き方の例を3点紹介しました。ここで重要なのはほんとうに自分のやりたいことを素直に伝えるということです。リクルート住まいカンパニーを活躍の場として、熱意をどのような形で実現させていくか、採用担当者の心に届くような志望動機を心がけましょう。技工を凝らした書き方ではなく、素直な気持ちを伝えることが重要です。リクルート住まいカンパニーのホームページには先輩方の活躍例が掲載されていますので、参考になると思います。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント