2019年12月12日(木) 更新

阪和興業への志望動機の書き方と回答例

阪和興業対策:受かる志望動機の作り方

阪和興業の志望動機の書き方について、例を挙げて説明していきます。志望動機は採用する側としてはかなり重要視しています。企業によっては志望動機で採用不採用がはっきり分かれる事もあります。さらに志望動機は面接でも改めて質問されることがあります。エントリーシートの志望動機を適当に書いたせいで、面接で自分がエントリーシートに何て書いたかわからない、なんて事が起こらないようにしっかりと考えて書き、面接まで覚えておきましょう。

志望動機は面接で詳細を問われる場合が多いので説明できるように書く

特に阪和興業は面接でエントリーシートの詳細を聞き出してきます。ここを疎かにしていては採用されません。実際の阪和興業の内定者の志望動機を元にした例題の書き方をよく読んでおき、面接でもしっかりと答えられるようにしましょう。以下が阪和興業の志望動機の回答例になります。

内定者の志望動機を参考にする

採用では、志望動機が重要視されています。志望動機で十分にアピールできないと、内定を得ることは難しいでしょう。志望動機を書くのが苦手という就活生におすすめなのが「志望動機まとめ」です。この資料には、内定者が実際に提出したESの志望動機20選が掲載されています。内定先の企業には「伊藤忠商事」「三菱東京UFJ銀行」「ANA」「JAL」「トヨタ自動車」「JR東海」など大手が多数です。公務員と民間企業は異なる点が多いですが、志望動機を書く上でのヒントを得られます。無料でダウンロードできるため、志望動機の作成に役立てましょう。

阪和興業対策:志望動機の回答例①

【回答例】
働く環境として、人で勝負している商社で働きたいと考えていました。
商社の中でも、商社本来のトレーディングを重視している点が魅力的に感じられたので選びました。
特に選考を通して、様々な社員さんに出会う事で、阪和興業で働くビジョンが明確になりここで必ず働きたいと思いました。

阪和興業対策:志望動機の回答例②

【回答例】
私は、人や社会の基盤を担う会社で働きたいと考えています。御社では産業に欠かせない鉄を扱っており、産業の基盤を支えていると感じました。私も御社で産業を支える一員として働きたいと思い、エントリー致しました。

阪和興業対策:志望動機の回答例③

【回答例】
御社の会社説明会で、改めて鉄が社会に広く貢献しているということを感じました。特に阪和商法について大きな魅力を感じました。
そういったことから、御社で商いを学ぶことにより、商人としてのノウハウを学ぶことができ、自身のスキルアップに繋がると考え志望いたしました。

阪和興業対策:志望動機の回答例④

【回答例】
私は貴社の事業理念である「私たちは、時代と市場の変化に迅速に対応し、「流通のプロ」として顧客の多様なニーズに応え、広く社会に貢献します。」に共感し、志望しました。OB訪問に伺った際も多くの方がプロ意識ということをお話しされていてどれだけ仕事にこだわりを持ってやっているかをお伺いしました。私は小学1年生から大学生までずっと野球を行なっていたのですが、プロ意識に関しては人一倍気を張り練習に励んでいました。会社では小さいな気遣いも欠かさずに細かいことまでこだわって貴社に貢献したいと思います。

阪和興業の志望動機は面接時に詳細を問われるため具体的に説明できるような内容で入社後の展望などを書く

阪和興業の志望動機の書き方の例を3つ挙げました。志望動機として一番大事なのは、その企業で何をしたいかという点です。阪和興業で鉄をさらに広めていきたい、自分の商人としてのスキルアップをしたいなど、考えている事をしっかり書きましょう。阪和興業は特に人柄を意識しているので、その辺りがよくわかる書き方で例を参考にして志望動機を書くようにしましょう。以上のことを参考にして阪和興業のエントリーに積極的にチャレンジしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント