2020年06月23日(火) 更新

NHKで求められる学歴や採用人数から分かる就職難易度【日本放送協会】

NHK(日本放送協会)の選考内容とは?

NHK(日本放送協会)は、大きく分けて放送総合と、放送技術の2つの職種に対して募集があります。放送総合職では、ディレクターや記者、アナウンサーなど表に立つ人と、ニュース映像取材・編集や映像・音響デザイナーなどの裏方に徹する人材を募集しています。一方、放送技術職では番組制作技術やシステムソリューションなどを募集しています。

選考内容は書類選考後に面接と筆記試験が実施される

NHK(日本放送協会)の採用内容と、流れに関する採用情報を見ていきましょう。選考ステップは、放送総合と放送技術どちらもほぼ同じです。選考はNHK(日本放送協会)に登録することから始まります。まずは、「就職申込書記入要領」に従って、基本情報を登録後、就職申込書を印刷し、必要事項を手書きで記入して郵送します。その後、書類選考に通過すると1次試験(筆記試験・面接)が始まります。試験は3次試験まであります。

自分はテレビ業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、テレビ業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。
My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がテレビ業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

NHK(日本放送協会)の求める学歴は「短大・専門・高専・大学・大学院卒業見込み」

NHK(日本放送協会)の求める学歴は、短大、専門学校、高専、大学、大学院卒業見込みとなっています。NHK(日本放送協会)の選考情報として、選考の難易度も把握しましょう。学歴はどのくらいのレベルが有利か、難易度はどれくらいかをご紹介します。

マスコミ志望なら高学歴が有利

一般的にマスコミに求められる学歴は、国公立大では、東大・京大・大阪大・一橋大・名古屋大・北海道大・九大などとされています。私立大では、早稲田・慶応・上智・明治・青学・同志社・関学・立命館・関大・近大などです。最も多く採用されているのは早稲田で、慶応、東大と続いていきます。このように採用実績校を見ると、マスコミ志望の場合はMARCHや関関同立クラス、もしくはそれより上のレベルの大学が有利だといえるでしょう。

NHK(日本放送協会)の採用人数は「未定」

NHK(日本放送協会)の採用人数は未定です。近年のNHK(日本放送協会)の採用人数は、230~240名ほどです。放送総合職と放送技術職のトータルでの採用人数は公表されていますが、アナウンサーや記者、ディレクターの採用枠に関する選考情報は公表されていません。また、希望する業務内容によって、応募者に対する合格者の割合や難易度も変わってきます。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

NHK(日本放送協会)の配属先は職種による

日本で唯一の公共放送で抜群の知名度があるNHK(日本放送協会)は求める学歴や難易度が高く、高いハードルをクリアする必要があるといえます。配属先に関しては、選考の段階で希望職種の試験を受けるため、学歴に関係なく希望する配属先に行くことができます。

NHKに受かるための志望動機例文はコチラ!

NHKに受かるための志望動機例文

  • 私が貴協会を志望した理由は、放送業界において幅広いコンテンツ制作に関わりたいと感じたからです。幼い頃よりテレビが好きで、放送業界へ就職したいという考えを持っていました。そこで業界研究を行ったところ、幅広いジャンルを取り扱う貴協会に大きな魅力を感じたのが理由です。貴協会はドラマやニュースなどのテレビに限らずラジオもあるなど、提供するコンテンツを大きく展開しています。貴協会でなら、放送業界で必要な技術を磨き、多くのコンテンツ制作に関われると思いました。内定を頂いた際には、熱意を持って精一杯業務に取り組んでまいります。

NHK(日本放送協会)に就職するなら業界研究は必須

日本放送協会(NHK)の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数を見てきました。日本で唯一の公共放送で抜群の知名度があるNHKは求める学歴・難易度共に高く、採用試験では高いハードルをクリアする必要があるといえます。早めの対策とエントリーがカギになるでしょう。また、業界研究は必須です。
そこでキャリアパークは、テレビ業界を志望する学生のための業界研究マニュアルを作成しました。なんと、下記から無料でダウンロードできます。テレビ業界の職種や求められる人材、給与、福利厚生なども掲載されている下記の資料を、ぜひ活用してください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】