2016年11月29日(火) 更新

内定を勝ち取るうえでの英語力の必要性について

内定をもらうためには英語力があった方が有利

就職を希望する方にとって、内定はゴールです。内定をもらえなければ企業で職につくことはできません。内定を得るために英語は必要不可欠ではありませんが、近年では英語、特にTOEICの高得点を入社時に求められるようになっているのも事実です。そもそも、なぜ英語などの外国語の語学力が求められるのかこういった疑問に答えていきます。

企業のグローバル化が進んでいることが要因

英語を筆頭とした外国語の必要性がここ数年で非常に高くなっています。一体これはなぜなのでしょうか。企業のグローバル化が最も大きな原因と言えます。ここ数年はアベノミクスにより株価も上がり、企業は海外への進出を強めています。その中で外国語、特に英語力をできる人材を求めているのです。当然そういったことを視野に入れている企業であれば英語のできる人がほしい というわけです。

特定の業界・業種においては英語力が必要になる場合がある

一般的に英語力は内定の必須条件ではありません。しかし、内定の条件として英語力を求める企業も存在し、最近では増加傾向にあります。それではそのような企業はどの業界・業種に多いのかを次で見ていきます。是非参考にしてください。

英語力が内定に必要となる企業にはメーカーや商社が多い

厳密に決まっているわけではないのですが、近年顕著に見られる傾向として、商社やメーカーそして小売業などで強く見られています。商社やメーカーはわかります。しかしなぜ小売業なのでしょうか。最近の例で言うと、ユニクロと楽天が社内公用語を英語にしたというニュースが流れました。やはりお客様が外国人の方が増えているといったことや、日本国内だけではなく海外へ進出している、もしくはこれから進出するといった場合は、英語力が求められます。

英語力を養うためには日々の勉強が必要

内定をもらうためには英語が必要になる場合があるということは理解していただけましたか?それでは、英語力を身に付けるためには何が大切なのでしょうか。それは日々の地道な努力に他なりません。英語は言語ですから、机に向かって勉強しているだけではなかなか身に付きません。以下では、具体的な英語力を高めるための勉強法を紹介していきます。

ネイティヴスピーカーと話す機会が必要

英語は紙だけでは身につきません。より早く学習をしたいのであれば英会話学校に通うか、英語を話せる外国人の友人を作ることです。英会話学校にはネイティヴの先生がいるので大丈夫ですが、友人は英語を話せる日本人ではダメです。日本語が使えない環境を作り出すことで英語が自然と身につきます。こうやっていくうちに英語が話せるようになってきます。

内定を勝ち取るために企業によっては英語力が必要になるので日頃から勉強しておこう

内定を勝ち取るためには、英語力は必要なのかについて紹介してきましたが、いかがでしたか?近年は内定時から英語を必要とする企業が増えてきています。すでに海外に進出しているといった企業はもちろんのこと、これから海外進出する企業も外国語、特に英語ができる人材を求めています。内定時に英語を求めるのも、入社後に研修という工程は省きたいといった思惑があるからです。内定を取るのに英語が必要であれば、自身で英会話教室に通うか英語が話せる外国人の友人を持つなどの策を講じて英語の勉強をしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント