2019年11月26日(火) 更新

出版社のインターンシップでしておくべき体験

短期間で退職する事を防ぐためにもインターンシップ制度での体験が有効

応募者と出版社側のミスマッチを出来るだけ少なくするためにも、積極的にインターンシップを受け入れる出版社が多いのです。出版社の仕事は本の企画立案作成や編集に留まることなく、他にも顧客や著者開拓や協力会社との調整など多岐に渡る仕事があり現実は華やかな仕事ばかりとは限らないのです。そのため応募者が持つ理想イメージとのイメージ相違にて、短期間で退職する事を防ぐためにもインターンシップ制度がでの体験が有効とされています。

業務を体験できて仕事への理解もより深まる

出版社のインターンシップに参加すると、憧れの出版社の仕事を体験する事ができます。多くの場合インターンシップ用のカリキュラム等はなく、社員の仕事に同行し間近で仕事を見せてもらうため学びも多く仕事への理解もより深まることでしょう。もし既に憧れの部署がある方は、なぜそこに行きたいのか理由と一緒にリクエストしておくと夢が叶うかもしれません。

出版社のインターンシップは申し込む前に概要を確認しておくと良い

多くの出版社がHPや就職支援サイトでインターンシップ情報を発信していますので、まずは貴方が行きたい出版社がインターンシップを行っているのか調べてエントリーしましょう。もし情報が見当たらなければ、出版社に直接インターンシップ依頼のメールを送るのもおススメです。インターンシップ形式は各出版社により様々で、基本的にバイト代程度の支給があるところが多く期間も最短1日から一週間程度等申し込む前に概要は確認しておくと良いです。

インターンシップに参加する際の服装はオフィスにふさわしいものにする

企業からの指定がある場合を除いては、一般的にインターンシップに参加する際はリクルートスーツが望ましいと言われています。またファッション関係の出版社などで普段着でと言われた場合でも、ジャケット着用やパンプスなどオフィスにふさわしい恰好で臨む方がいいでしょう。もしわからない場合は担当者に直接確認しておくのもアリです。

出版業界研究をもっと詳しく

出版業界で働きたいという就活生は、出版業界の仕組みや課題などについて知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「出版業界大研究Book」です。この資料では出版業界の詳しい説明の他にも、主要企業の売上高の推移なども掲載されています。各企業別に事業内容や求める人材、そして志望動機例も紹介しています。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

出版社のインターンシップでは自分のイメージと比べてみよう

出版社以外のインターンシップにおいても言える事ですが実際の仕事や現場の雰囲気を体験させていただくのですから、普段HP等では知り得ない部分について学びを深める事が得策です。特に社員がイキイキと働いているのかや、意見を出しやすい風潮なのか等貴方が思い描いていた出版社のイメージと比べてどうなのかを肌で体験してみてください。

出版社の インターンシップで学んだことを就活で活かす

就職を希望する出版社でインターンシップを経験したならば、それを今後の就職活動に活かすことが大切です。最近の就職試験では、志望動機で合否のほとんどが決まると言われる位重要な項目です。その志望動機の中にインターンシップでの体験なども交える事ができれば、他の学生に一歩差をつけれること間違いありませんから積極的に参加するとよいでしょう。

出版社でのインターンシップを通じて理想と現実のギャップを体験して入社試験に臨もう

出版社のインターンシップでしておくべき体験について紹介しました。出版社の仕事はテレビや雑誌で見ると一見華やかそうですが、実はそうでない部分も沢山あります。インターンシップで全ての出版社の仕事内容を知ることは不可能ですが、インターンシップで社員同士の人間関係や社内の雰囲気など入社前に知っておきたい情報を得れます。インターンシップは有効な手段といえます。またインターンシップを知ることでより説得力のある志望動機を面接の際に伝える事にも有効です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント