2016年11月29日(火) 更新

東映アニメーションを受ける就活生が必ず知るべき業務内容と労働時間

東映アニメーションの労働環境について①:業務内容

東映アニメーションの労働環境について、初めに業務内容を見ていきます。東映アニメーションは、映画やアニメ事業を中心に展開しています。この業界の中でも5位前後の大手企業です。東映アニメーションは、あのワンピースやプリキュアのアニメで有名です。

職種ごとの業務内容を把握しよう

それでは、東映アニメーションの業務内容を職種別に分けて見ていきましょう。業務内容として、以下の項目が挙げられます。なお、他にも様々な職種があり、コンテンツを使ったビジネスに取り組んでいます。また、東映アニメーションは同じ事業を海外にも展開しています。ここでは、総合職の業務内容をご紹介しましょう。
◆製作:テレビ・劇場アニメーションなどの映像作品の製作
◆企画:テレビ・劇場アニメーションなどの映像作品の企画立案
◆営業:映像コンテンツの二次利用。キャラクターの使用権利を許諾するライセンス事業や、新規商品の企画開発など。
◆管理(事務):総務、人事、経理、法務やIR、内部監査、社内インフラの調整など。

東映アニメーションの労働環境について②:労働時間と休日制度

続いて、東映アニメーションの労働時間についてご紹介します。2016卒向け総合職の募集を見ると、勤務時間は勤務地ごとに違うことが分かります。
本社・中野オフィス:9時30分~18時15分(実働7時間45分)
光が丘スタジオ:9時~17時45分(実働7時間45分)

東映アニメーションの休日・休暇制度は充実している

東映アニメーションの魅力として、休日制度の充実が挙げられます。東映アニメーションは完全週休2日制となっており、祝日、労働祭、会社創立記念日なども休みとなっています。その他、夏季・年末年始・慶弔・特別休暇などの休暇制度も充実しています。年次有給休暇制度は事前の申請が必要なので、会社規定を把握してから申請しましょう。

東映アニメーションの労働環境について③:残業時間

東映アニメーションの労働時間の次は、残業時間を考えていきましょう。東映アニメーションは、アニメ業界の中では待遇、残業時間共に良い方であるという声もあるようです。残業時間については、職種によっても異なるので、入社前に、自分が希望する職種がどのくらい残業しているのか確認できると良いですね。

東映アニメーションは管理体制が整っている

東映アニメーションは、毎週5~6本の作品を製作しています。世の中に数多くあるアニメ制作会社の中でも、これだけの数を製作している企業は他にないとしています。これは、東映アニメーションの管理体制が整っているからなのです。

東映アニメーションの業務内容はアニメ事業が中心で労働時間は職種によって異なる

東映アニメーション株式会社の業務内容と労働環境についてご紹介しました。就活生は、この業務内容や映画、アニメ業界の指針、労働環境を知りましょう。東映アニメーションの業務内容はアニメ事業が中心で、海外にも展開しています。業務内容や業界研究は、志望動機やエントリーシートにも役立ちますので、エントリー前に把握する必要があります。入社後のミスマッチを防ぐためにも、労働環境や業務内容をしっかり把握しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント