2016年11月29日(火) 更新

広島銀行のインターンシップの内容と受かるための選考対策

広島銀行のインターンシップ選考の対策①:企業研究をしておく

インターンシップに参加する前にはその企業がどんな背景を持っているのか、また業務の特徴にはどんなものがあるのかを紹介します。
広島銀行は、広島県を拠点とする地方銀行であり、地域のお客さまと共に持続的に成長していく「好循環」の創造のため、様々な取り組みを展開しています。

多様化するニーズに応える姿勢が強み

広島銀行はお客さまのニーズに応えるため、独創的なサービスも展開しています。その例として、地方銀行で初となる遺言代用型信託の「家族つなぐ信託」などがあります。遺言代用型信託とは、契約者に不測の事態が起きたい場合に後継者に株式をきちんと譲渡できるものであり、株式の分散化を防ぎます。
また地方創生の取り組みとして、観光振興に向けた地域資源の活用を通じ、地域社会の活性化への積極的な取り組みを推進しています。

広島銀行のインターンシップ選考対策②:応募条件

広島銀行のインターンシップに応募するには、学生である必要がありますが、その際に細かい条件があります。大学3年生と大学院1年生がインターンシップの対象となるので注意をしておきましょう。

参加にはエントリーシートを提出する必要がある

広島銀行のインターンシップに参加するのに、エントリーシートを提出する場合があります。エントリーシートの内容は公開されていませんので、質問内容はその年によって違いますが、「なぜ広島銀行のインターンシップに参加したいのか」という志望動機は高確率で聞かれるので必ず用意しておきましょう。

広島銀行のインターンシップ選考対策③:実施内容

広島銀行のインターンシップ1DAYインターンシップとなり、広島市にある会議室で行われ、各講座50名ほど募集し,合計100名程度を予定しています。
また、交通費は支給されないので自分が無理なく行ける場所で参加するようにしましょう。

インターンシップの内容は業界知識から広島銀行の業務内容までを詳しく知れる

2016年卒の広島銀行のインターンシップは終わってしまいましたので、来年にどんな内容が開催されるのかは公表されていません。昨年度の実施内容は、金融業界の基礎的な知識を講座形式で教えたのち、「地域発展に向けた『銀行員』の視点で考えるニュービジネスの企画など企画提案型のプログラムとなっています。

広島銀行のインターンシップ参加者の声

広島銀行のインターンシップに参加した人は、以下のような感想を持ったそうです。
●和気藹々とした雰囲気で社員の方々からの助言は大きな財産になりました。また、就活を進め、社会人になるにあたり、自分に必要なものに気が付くことが出来ました。
●社会人として期待される生産性の一端を垣間見ることと共に、今の自分のスキルをどのように昇華していくべきなのか感触を掴めたように思います。
●グループワーク課題が他の銀行と比べて難しかったが、同世代の人たちの意見を聞けて刺激になりました。

広島銀行のインターンシップではエントリーシートの志望動機を確認して選考対策をしよう

広島銀行のインターンシップと選考対策の必要性について紹介しました。広島銀行のインターンシップに参加するにはエントリーシートを提出する場合があり、その際に高確率で質問されるのは「なぜ広島銀行のインターンシップに参加したいのか」です。きちんと自分の中の志望動機を確認しておきましょう。
またインターンシップで実施される内容は、広島銀行をとりまく業界の詳しい知識を学べるとともに、業務内容を詳しく知れる機会ともなります。また、他の就活生と意見を交換する事も出来るので、自分の知識やスキルを客観的に見つめ直せます。しっかりとインターンシップを活かして自身の就活につなげていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 23年卒
  • 22年卒
  • 19年卒
  • 24年卒
  • 21年卒
  • 20年卒
  • 18年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

45951 view

おすすめの就活イベント