2016年11月29日(火) 更新

ヤマダ電機を受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

ヤマダ電機の業務内容①:仕事の詳細

ヤマダ電機の労働環境を知るうえで、業務内容は重要な要素となります。自分が働くうえで設定する業務の裁量を決めやすいですし、内容を細かく把握することで、知識や技術の準備をスムーズに整えることができます。入社後に携わる可能性のある業務内容を理解しておきましょう。

取り扱う商品の幅が広い

ヤマダ電機の企業理念は「創造と挑戦」をテーマに展開されています。感謝と信頼を重要視して、顧客第一で事業を進めていくことを目的としたモットーといえます。ヤマダ電機は、電機量販店として有名です。顧客からの信頼も厚く、徹底した接客を心掛けています。扱う商品は、家庭電化製品やPC関連商品から始まり、オール電化・住宅販売・ゲーム・玩具など様々です。また、電化製品の他に、書籍・生活雑貨・医薬品等の販売などもあり、販売を手広く行っているのが特徴です。

ヤマダ電機の業務内容②:労働時間

ヤマダ電機の労働時間はどのように設定されているでしょうか。今後長く働いていくうえで、知っておくべき要素です。労働時間と業務内容と一緒に覚えることで、時間の使い方を前もって設定しやすくなります。ヤマダ電機の労働時間について、詳しく知っておきましょう。

季節や部署によって変動する

ヤマダ電機の労働時間は、季節や部署によって違います。例外もありますが、基本的な勤務時間を紹介していきましょう。ヤマダ電機の業務時間は、平日と土日祝で違いますので、覚えておくと良いでしょう。平日は10:30~19:30。または、12:15~21:15の実働8時間での体制となります。土日祝10:15~19:15か12:15~21:15までのどちらかで、こちらも実働8時間となっています。シフト制になりますので、どちらの時間帯かはその都度決定されるでしょう。

ヤマダ電機は休暇制度も充実している

ヤマダ電機の休暇制度は、シフトでの勤務で週休2日制になっています。年間で換算すると、約111日の休みとなります。また、元日も休暇になります。他にも、年2回の連続休暇制度など、様々な休日制度が充実しています。

ヤマダ電機の業務内容③:働くやりがい

ヤマダ電機のやりがいは、自分の成長を感じられる点です。自ら「感じ」「気づき」「行動する」ことが必要であるヤマダ電機では、自らの躍進や成長を日々の業務で感じ取れるでしょう。自己の能力を高める意味でも、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ヤマダ電機の業務内容は幅広い商品を扱うもので労働時間は季節・部署によって変動する

ヤマダ電機を受ける就活生が知るべき業務内容と、労働時間について紹介しました。自分の所属する部署の労働時間や業務内容を理解しつつ、業務のやりがいを知ることで、自分が就職したい企業とどう向き合っていくべきか考えましょう。業務内容を踏まえて、前もって準備ができそうな要素をまとめて、企業でいち早く活躍できるようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント