2016年11月29日(火) 更新

商社に求められる能力とインターンに参加して得られるもの

商社に入社するためには高いリーダーシップが必要

商社に入社するためには、リーダーシップを発揮して成果を挙げた事例が必要です。リーダーシップは多くの商社で求められています。環境などは人によって異なるため、必ずしもそういった経験があるとは限りません。その場合は、インターンに参加してリーダーシップを発揮して、周囲を導くといった経験をしておくことが大切です。

商社では自分と異なる価値観を持つ人と働くことになる

商社に入社すれば、自分と異なる価値観を持つ人と一緒に働くことになります。特に、海外進出を果たしている場合は、文化や言語が異なる外国人と一緒に業務を行うこともあります。そのため、価値観が異なる人と一緒に働いて成果を挙げたり目標を達成した経験などを、選考の際に尋ねられることがあります。インターンで海外の支社で働くことができれば、こういった経験を得るチャンスです。

商社のインターンではコミュニケーション能力を身につけられる

インターンでは、実際に業務を行うこともあるため、コミュニケーション能力を身につけられます。特に、海外進出を果たしている商社のインターンに参加すれば、自然にビジネス英語などの上達に繋がります。また、海外で事業を行うためのノウハウを直接目で見ることで、入社してからスムーズにそういった業務を行うことができます。

インターンで実践的なマネジメントスキルを身につけられる

インターンに参加することで、マネジメントスキルやPCスキルを身につけられます。これは、商社以外のインターンに参加しても身につけられるスキルですが、商社に入社するのであれば必ず身につけておくべきスキルです。マネジメントスキルとは、仕事を効率的に行うために必要なスキルで、自分でマネジメントの方法を考えるだけではなく、先輩社員の仕事の方法を見て吸収することができます。

商社のインターンで自分が即戦力になり得ることを証明することが評価につながる

商社のインターンに参加して成果を挙げることができれば、自分が即戦力になり得ることを証明できます。また、採用担当者や社員の目の前でリーダーシップを発揮することで、言葉で伝えるよりも説得力を与えられます。特に、長期のインターンで、こういったチャンスが巡ってきますが、短期であっても参加しておいた方が良いでしょう。短い期間の中でしっかりと成果を挙げることができれば、それはそれで評価してもらえます。

就活時にインターンに参加した経験を自己PRに組み込める

商社のインターンに参加した経験を自己PRに組み込みましょう。インターンで自分のスキルを証明しているので、そのスキルをどのようにして企業の利益に繋がるのかを説明することが大切です。実際にインターンで業務を経験しているからこそ、企業の業務と自分のスキルを結びつけやすくなります。入社希望をしている商社がインターンを行っているのであれば、できるだけ参加しておきましょう。

商社は高いリーダーシップとコミュニケーション能力を求めているのでインターンに参加してそれら身に付けよう

入社希望をしている商社がインターンを行っているのであれば、できるだけ参加しておくことが大切です。商社では、高いリーダーシップとコミュニケーション能力、自分とは異なる価値観の人と協力して成果を挙げた経験などが求められます。これらは、インターンに参加することで経験できたり、身につけられる可能性があります。実際に、インターンで実力を証明することで説得力を与えられるので、チャンスと考えて商社のインターンに参加しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント