2016年11月29日(火) 更新

就職や転職を志す人が知っておきたい仕事の心構え

就職や転職を試みる人に必要となるのは仕事に対する考え方

就職や転職を試みる人たちにとって、まず考えるべきは次の就職先ではありません。就職先を考える前に仕事についてきちんと考えなければならないのです。現状と同じような仕事がしたいのか、または全く異なる業種にトライしてみたいのかをしっかりと考えましょう。そうすることであなたのこれから進むべき道がしっかりと見えてくるのです。

自分がどのような業種で活躍できるのかを考える

仕事に向き合って考える事、それは就職や転職を考える人全員が避けて通ることができない道でもあります。自分がどのような業種で活躍を期待するのか、「今までと同じ業種で環境の良いところ」という考え方だけでは就職や転職活動は上手くいきませんよね。しかし考え方をより具体的にすることで、あなた自身の考えをしっかりと確立する必要もあるのです。

書類審査で仕事に対する意気込みをアピールできる

転職を試みる場合、新卒で行った就職とは明らかに異なる点がいくつもあります。そのうちの一つが自分の経歴をしっかりと認識することにあります。書類審査をするときに、履歴書と一緒に職務経歴書を送付します。これはあなたが今までにどのような仕事をしてきたのかを採用担当者に把握してもらうためのものになります。これもあなた自身が仕事に向き合わなければ、きちんとしたものが作成できないのです。

転職者は職務経歴書で自分は「何ができるのか」をアピール

職務経歴書を作成しなければならないのは転職を希望して仕事を探すときしかありません。新卒の就職ではまず聞かれることがない項目でしょう。ここで今まで自分は何をしてきたのか、自分にはどのような価値があるのかをしっかりと考える必要があります。この時間を大切にしてください。大切にすることで本当のあなたを知ることができるのです。

転職時に前の企業を退職している場合は「なぜ退職して」「これから何をしたいのか」を述べる

無事就職や転職をする準備ができた時、あなたが考えなければならないことに退職理由があります。企業の面接を受ければ分かることですが、企業はなぜ退職したのかの理由を聞きたがります。本人には触れてほしくない事でしょう。しかしやりがいのある仕事に就きたいのでしたら、退職してしまう前にしっかりと退職理由を分析しましょう。

就職と転職を行う際に一番必要なのはポジティブな理由

退職理由を聞かれると、まず出てくるのは非常にネガティブなことが多いでしょう。あまりポジティブな理由で退職する場合はほとんど見受けられませんよね。しかし転職するときは新卒の就職試験以上のポジティブな理由が必要になってくるのです。そこでできる事、それはネガティブな退職理由をポジティブに変えてしまう方法です。仕事が少なかったのなら、「もっと仕事を沢山出来るところに行きたい」と言うことも考えてみましょう。

就職や転職時には自分がどんな仕事をしたいのかを考えてポジティブに伝える

就職や転職が非常に大変なことだということが分かっていただけたのではないでしょうか。特に自分をアピールするにも、ネガティブな気持ちで仕事を変わろうとするとその気持ちが面接官に気づかれてしまうことも少なくありません。できるだけモチベーションを高くして転職活動を行うようにしましょう。そうすればあなたが行う面接の発言にも力を増すことができるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Aba7b1a5b32f5a54

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント