2016年11月25日(金) 更新

女将の仕事に就きたい人の為の志望動機の例文

女将とはどういった仕事なの?

女将は、お客様をもてなす究極の接客業です。しかしお客様のことを考えるだけでは足りません。それを基本として、従業員をまとめるリーダーシップ、経営への参画、旅館周辺の観光スポットや諸事情を把握する知識など、求められるスキルは多くあります。最近は、相次いで旅館が経営不振に陥り、倒産するケースも少なくありません。それを防ぎ、繁盛させるのが女将の仕事なのです。

女将には経営能力も必要

女将は単に接客ができるだけではやっていけません。はっきりとした経営方針を定め、運営していく実力が求められます。お客様に求められる旅館とは、どういったものなのか、落ち着いた雰囲気の旅館を目指すのか、最新鋭の設備の整った旅館を目指すのか、温泉を売りにしたり、アミューズメントを取りそろえたり、立地にものをいわせるという場合まで、旅館を運営していく上で、考慮しなければならない要素は多くあります。

女将の志望動機

女将を目指したいという人の志望動機として挙げられるのが、誰かに快適に過ごすひとときを提供したいというものです。旅館というものの性質を考えると、お客様が旅館に求めるものは、癒しだったり、気分転換だったり、思い出だったり、そういった感情的なものである場合が多いです。

そのような点を考えると、必然、女将を目指す人は、人に安らかなひとときを過ごしてもらいたいという気持ちを持っていると好ましく、人に尽くす事がやりがいだという人が向いているかもしれません。

接客業、サービス業の志望動機例文も参考に

多くの接客業がそうであるように、女将に求められるのは、コミュニケーション能力、快活さ、笑顔といった要素です。そのような面では接客業、サービス業の志望動機の例文は参考になります。ただその例文をそのまま流用するのではなく、女将の仕事内容考慮し、オリジナルの内容を志望動機に盛り込むことが必要です。

女将の志望動機の例文

女将を志望する場合、よく接客業の志望動機例文として挙げられる、『お客様の喜ぶ顔が見たいと思い志望しました』『人と接する事が好きで、仕事をする際も人と関わる仕事をしようと思いました』といったものでは弱いです。

女将の志望動機の例文としては『料理や温泉、アミューズメントなど多様な面でお客様をもてなすことができる女将にやりがいを感じ応募しました。』『今まで勉強してきた知識を経営にも生かしていけると考えたからです』などがあります。
接客業としての一面だけでなく、女将の仕事全般に興味があり志望した、という内容を志望動機にきちんと盛り込みましょう。

志望動機の中に自分の経験を盛り込んでアピール

志望動機の中では自分の経験を盛り込むと効果的です。接客業のアルバイト経験や、大学で学んだ経営学、ボランティアで行った町おこしなど女将の志望動機に盛り込める経験はたくさんあります。上の例文を参考に、自分オリジナルの志望動機を作成してみましょう。より気持ちが伝わりやすくなるはずです。

女将の志望動機を考える際は例文を参考にオリジナリティを重視

女将の志望動機例文を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。女将は品や礼儀正しさ、気づかいの心や、トラブル時の機転、そして経営センスまで求められる仕事です。単なる接客業と同じ志望動機を考えても、熱意は伝わりにくいでしょう。女将に求められる仕事の要素を分解し、様々な業種の志望動機の例文を参考に、また、自分の経験を盛り込んでオリジナルの志望動機を作成することを意識してみてくださいね。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Aba7b1a5b32f5a54

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】