2016年11月29日(火) 更新

内定長者の意味と複数の内定を獲得する人の特徴

「内定長者」の言葉の意味は?

「内定長者」の言葉を見て、「内定長者?知らないなぁ」とこの記事をクリックした人がいるかもしれません。まずは、内定長者とはそもそもどんな特徴を持つ人のことを指すのかについて紹介します。内定長者という言葉を知らないという方は、ぜひこの機会に知っておいてもいいかもしれませんね。

内定をいくつも獲得した複数の内定者

内定長者とは、一つの内定を獲得するのも大変な就活市場で、恐ろしいことに”いくつも”の内定を獲得している複数の内定者を意味します。第一志望の会社に内定を貰えたかどうかは分からないので、必ずしも「成功者」とは言えないのですが、いくつも内定が貰えるという事実は素晴らしいことです。

就活でいくつも内定を獲得する”内定長者”の特徴とは?

複数内定者もいれば”無い内定”いる残酷な就活市場。ここで勝つためにも、内定長者にはどのような特徴があるのかを知って、自分の就活にも役立てたいところです。内定をいくつも獲得する“内定長者”の特徴とは一体どのようなものでしょうか。

内定長者の特徴①学びを”行動”に還元できる

就活で内定を取る人というのは、落ちた原因を直視して反省し、実践上の態度を変える人のようです。それこそ熾烈な就活戦線で、いくつも内定を取る人は「Why?」を何度も自分に対して投げかけることで、課題や問題点を次に生かしていこうとします。つまりいくつも内定を取る内定長者は学びを“行動”に還元しているのです。

内定長者の特徴②ポジティブシンキング

いくつも内定を獲得する内定長者の2つ目の特徴は、ポジティブシンキングにあります。ネガティブシンキングではいつまで経っても落ちた事実を悪いものとしてだけ残し、「次」のための布石にできません。
最悪「才能」という改善不可能な原因にまで帰着させかねません。内定長者のようにポジティブシンキングにするだけで、あらゆる失敗が「次」の踏み台になります。

内定長者の特徴③質問にきちんと回答できる

就活でいくつも内定を獲得する複数内定者=内定長者は、必ずしも凄い体験をしてきた超人ではありません。むしろ内定長者は、欲しい人材としていつも「コミュニケーション能力」を求めているように、相手の質問に対して適切な回答ができることです。

何をあたりまえのことをと思うかもしれません。しかし用意してきた回答を全て出し尽くそうとする余り、質問の回答から逸脱するようなケースはないでしょうか。あるいは緊張の余り、ずれた回答をしてしまったということもあるかもしれません。それは自己分析うんぬんとは関係ありません。自己分析の結果を相手の質問とズレて話し続けても意味が無いのです。
あくまで質問に回答するフォーマットに従った上で、説得的で魅力的な回答をすることです。つまり徹底的な自己分析です。

いくつも内定を獲得する内定長者の特徴は失敗を学びととらえるポジティブさにあり

今回は、いくつも内定を獲得する複数内定者=「内定長者」の意味と特徴に関して紹介しましたが参考になりましたか。内定長者の人とそうでない人の違いは、そんなに大きな差では無いと思います。失敗したり、挫折したりした時に、人は成功者か失敗者になるか、ターニングポイントに立たされていることを覚えておきましょう。
とどのつまり、そこのタイミングで何を考え、どんな行動をするかで内定長者になるかどうかなど大きく変わってくるのです。大きな違いは、はっきりいいましてこの一点だけだと思います。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント