2016年11月29日(火) 更新

就活で頑張れない自分を奮い立たせる方法

「就活を頑張れない」自分を受け入れる

就活を頑張れない…そんな自分に気付いているでしょうか。それとも“就活くらい難なくこなせなければ、人生の負け組”と自分にはっぱをかけるけれども具体的な行動を起こせなくて、うつ病のような症状(不眠、昼夜逆転、食欲減少)まで追い込まれる人も少なくありません。自分が今ストレスを感じているという自覚を持つことが必要です。

自分を責めないこと

自宅で出来る求職活動もありますから、転職サイトなどを巡回したり、個人レジュメを更新したりすることも立派な就活と呼べます。「就活を頑張れない…自分はダメ。負け組」などと自分を追い込んで責めたり決してしないでください。本心では別の悩みを抱えて、動けなくなっているサインかもしれないのです。まずはゆったりと過ごしましょう。

就活を頑張れないなら理由を探そう

就活に打ち込まなければいけないことは分かっている、しかし自分だけが就活を頑張れない…そんなジレンマに苦しんでいませんか?そういう時は、“なぜ就職活動に全力投球できないのか”という点について自己分析をしてみるといいかもしれません。就職に関して何か嫌なことがあるからそれを回避したいのかもしれないのです。

本心では正社員になりたくない人も

「就活を頑張れない」と悩む人の中には、一定数で“本心では正社員になりたくない”という人もいます。仮に大企業に就職できたとしても、毎日毎日10時間も12時間も働き続けなければいけない上に、内部は熾烈な競争や蹴落としあいが待っている…と考えると、そういう状況から逃避したくなってしまうのも無理はありません。

「就活を頑張れない」ならペースを落とす

「就活を頑張れない…だから自分はフリーランスになりたい」といっていきなり就活を全面放棄してしまうのは考え物です。特にキャリア形成に重要な20代~30代前半は“人生における修行の期間”と位置付けて、黙って会社員をやっていてもそんなに悪い結果にはなりません。何事も経験なのです。もっとできるだけ視野を広く持ちましょう。

新卒でのフリーランスは危険

新卒でフリーランスになってしまう人も最近ではちらほら見かけます。「就活を頑張れない」「組織人イヤだ」」だから「自分は新卒フリーランス」というのは短絡的すぎますし人生全体で見た時に損かもしれません。何の社会人経験もないままフリーランスとして活動を始めてすぐに稼げる仕事をくれる人は少ないと考えておきましょう。

就活を頑張れないときは自分を受け入れてペース配分を考えて進めよう

就活は自分の人生のスタートのスタートであり、入社してから本当のキャリアの闘いが始まります。就活を頑張れない、希望していた会社に入れないかもしれない…そんな悩みは不要です。入社してからどんな仕事をすることになるのか分からないのに、就活で憂鬱になっているのではつまらないではありませんか。他人と比較するのは無意味です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント