2018年04月17日(火) 更新

【座談会でするべき質問とは】就活生なら知っておきたい選考への影響と注意点3つ~具体例あり

会社説明会の座談会ではどのような質問をすべき?

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「会社説明会における社員との座談会で、あなたならどんな質問をするのか教えてください!」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 仕事のやりがい
  • その会社の強み
  • 働いている時にこうだったらいいのにと思うことはあるか。
  • 仕事をする上で大切にしていることは何か
  • その会社を志望した理由と、実際に働いて見てどう思っているか

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「会社説明会における社員との座談会で、あなたならどんな質問をするのか教えてください!」

アンケートの結果を見ると、会社説明会の座談会で社員に質問する機会がある場合は、「仕事をする上で大切にしていることは何か」「実際に働いてみてどう思っているのか」など、そこで働く社員ならではの答えが期待できる質問をする傾向が強いようです。 では、実際には座談会ではどのような質問をすべきなのでしょうか?こちらの記事で確認していきましょう。

座談会には2つのタイプがある

まずは、そもそも座談会がどういったものなのかを、把握しておきましょう。就活において、座談会は2つのタイプに分かれるといえます。それが、以下の2つです。 ・会社説明会のあとに行われるもの ・座談会形式で説明会が行われるもの それぞれどのような特徴があるのか、見ていきましょう。

①会社説明会のあとに行われるもの

会社説明会のあとに行われるものについてですが、これがごく一般的だといえるでしょう。これは企業側が企画して、説明会の直後などに先輩社員と学生が話をする場を設けてくれます。懇親会のような雰囲気もありながら、説明会で分からなかった部分や話されなかった内容について質問できるのです。

②座談会形式で説明会が行われるもの

座談会形式で行われる会社説明会は、一般的なものとは違いアットホームな雰囲気さえあります。「学科が違うのが心配」「実際の仕事の流れはどんな感じなのか」など、具体的な質問をしてみましょう。ただ、いきなり給料のことを深堀するのは失礼にあたるので控えましょう。

座談会の質問の前に準備しておきたいこと

座談会を有効活用するためには、事前に質問を考えておく必要がありますが、その質問を考える前にもやっておくべきことがあります。事前の準備ができていなければ、質問も上手に考えることができませんし、質問をしても企業からの回答を正しく理解できない可能性もあります。

座談会を有意義なものにするためには、事前の準備を欠かすことはできません。質問の前には何をしておくべきなのかを知り、上手に準備を進めていきましょう。

企業研究の整理

座談会の質問の前には、企業研究の整理をしておくことが大切です。企業からしてみれば、その企業を志望している時点で企業研究をしているものとされるため、これができていないと印象が悪くなってしまいます。

企業研究ができていない=企業への興味関心が薄く、志望度も低いと思われてしまいますので注意しなければなりません。実際に入ってみての企業の特徴などを質問するのは良いですが、必要最低限の企業研究は必須です。ネットなどで情報はしっかりと調べておき、調べてもわからないものについてを質問することが大切です。

ネットで調べれば簡単に答えがわかるような質問をしてしまうと、企業研究ができていないと判断されますので注意しましょう。

募集要項や企業の概要など公表されている情報を整理

募集要項や企業の概要など公表されている情報を整理しておくことも、座談会の質問前にしておくべきことです。会社説明会などで、すでに説明済みのことやHPに掲載されていることを質問すると評価が下がりますので、それらを避けるためにも情報は整理しておく必要があります。

説明会で説明された内容を聞いてしまうと、説明会に取り組む姿勢も悪印象になりますし、大幅に評価が下げられることも少なくありません。自分で調べればわかることを質問しないためにも、座談会に臨む前に情報をもう一度整理し、すでに知っている情報と知らないことを明確にしておく必要があります。

知っていることを質問すると不要な情報しか手に入りませんし、貴重な時間の無駄遣いにもなりますので注意が必要です。

「座談会は選考に影響しない」はウソ?

「座談会」という名前から選考とは関係なく、ざっくばらんに話すというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、それは間違いです。座談会には基本的に人事担当者も出席しています。

そのため、その会社への志望度やコミュニケーション能力などは見られています。企業によっては座談会は選考の対象にしないとするところもありますが、備えあれば憂いなしです。どの座談会も選考の一部だと思って、気を抜かずに臨むようにしましょう。

選考に関係のないことを企業はわざわざしない

座談会形式の説明会も、説明会後の座談会も、気を抜くことなく参加するようにしましょう。企業側は本来の仕事があるにも関わらず、説明会や座談会という場を設けているわけです。

相手の貴重な時間を頂いているということを忘れないようにしましょう。また、直接社員の方と対面する場でもあるわけですから、自身の印象値を上げておくにこしたことはありません。粗相のないよう、注意を払いましょう。

就活生が何を質問するのかも大事なポイント

座談会では就活生が何を質問するのか、就活生が何を知りたいのかも人事が知りたいポイントであり、質問内容などは注意深くチェックされています。何でも質問さえしていればいいわけではなく、質問内容にも気をつけないとマイナスの印象を与えてしまいますので注意が必要です。

質問をすれば人事の印象に残る可能性も高いですが、それが悪印象を与え、悪目立ちするものでは意味がありません。座談会で悪目立ちしてしまうと、選考でも不利になってしまいますし、少しでも好印象を与えられる質問を考えておく必要があります。

どのような質問をするかによって、企業への志望度や仕事への熱意などもわかりますので、やる気が伝わるように質問を考えておくことが大切です。

人事がチェックしているポイント

では具体的に人事が座談会でチェックしているのはどのようなポイントなのでしょうか。下記のリンクから無料でダウンロードできる面接官評価シートでは、面接の内容だけでなく立ち居振る舞いやエントリーシートなどあらゆる選考の場において、採用担当者が就活生を見極めているポイントが載っています。ほかにも、業界ごとに求められる資質もまとめられているので、座談会でする質問を考えるときには参考にしてみると良いでしょう。

人事が見ている座談会でのポイント

座談会で好印象を残すためには、人事がどのようなポイントを見ているのかを知っておくことが大切です。座談会での印象は少なからず選考にも影響しますし、少しでも就活を有利に進めるためには座談会でもしっかりとアピールをしておかなければなりません。

好印象を残せれば選考も有利に、悪印象だと選考でも不利になってしまいますので、評価のポイントを知って上手に振舞うことが大切です。人事が何を見ているのかを知り、評価される行動、振る舞いを考えていきましょう。

どんな質問をしているか

人事が座談会で見ているポイントとしては、どんな質問をしているかが挙げられます。就活生がどんな質問をしているか、的確な質問をしているかが見られており、質問内容によって与えられる印象は大幅に違います。

的確な質問ができていれば好印象になりますし、企業への関心が強いと判断されますので、志望度の高さをアピールすることも可能です。しかし的外れな質問をしてしまうと、マイナスの印象を与えてしまい、選考でも不利になりますので注意しなければなりません。

また的外れな質問をしないために、質問を控えようとする人もいますが、これもNGです。質問をしないと印象に残らないばかりか、積極性がないとして評価を下げられる可能性もあるので、質問は積極的にしていく必要があります。

話を聞く姿勢や学ぶ姿勢

話を聞く姿勢や学ぶ姿勢も、人事が座談会で見ているポイントのひとつです。質問内容はもちろん大切ですが、それだけではなく先輩社員の話を聞くときの姿勢はどうかも見られていますので注意しましょう。

座談会で好印象を残そうと考え、事前に質問を練り上げている人は多いです。それ自体に問題はありませんし、しっかりと準備をしてから臨むことは大切なことです。しかし質問をすることばかりに意識がいってしまい、質問以外の部分で話を全く聞いていないのであれば意味はありません。

人の話を聞かないことで自分勝手な印象を与えてしまいますし、企業への志望度が低いと思われる可能性もあります。自分の質問が終わっても油断することなく気を引き締め、話を聞く姿勢も意識して好印象を与えていきましょう。

他の就活生との協調性

座談会は企業によって規模が違いますが、基本的には複数の就活生が集まっておこなわれます。そのため他の就活生との協調性も見られており、自分勝手な行動をしていると印象は悪くなってしまいます。

質問がしたいのは自分だけではなく、他の就活生も同じです。他に質問がしたい就活生との協調性はどうか、自分ばかりが好き勝手に質問をして、他の就活生の時間を奪っていないかなども見られています。積極的に質問をすることは大切ですが、自分ばかりが質問をして、他の就活生が質問をするチャンスを奪ってしまうのはよくありません。

積極性を見せながらも、他人に譲る気持ちを見せることも大切ですので、自分と周囲の発言量がバランス良くなるように調整していきましょう。

説明会後にある座談会ですべき質問とは?

座談会も就活の選考の一部だと説明しましたが、だからといって意識しすぎて何も質問できないようではもったいないといえます。説明会のあとのせっかくの機会ですから、気になる内容は確認しておきましょう。では、説明会のあとの座談会ではどのような質問内容がいいのでしょうか。

プライベートな内容よりも仕事に関係する質問が望ましい

座談会ですので、ある程度聞きたい事を聞いていいのですが、休日は何をしているかといったプライベートな質問内容よりも、仕事に繋がる内容の方がよいです。 ただ、答えられない内容にはきちんと答えられないと言ってくれるので、あまり心配しすぎて収穫がなかったという状態にだけはならないようにしてください。説明会では聞きにくかった質問も、是非この機会に聞いてみましょう。

説明会で聞き逃したことを聞くとよい

座談会は採用面接とは違い、学生が会社に対してどのように考えているのか、先輩社員に聞きたいことはないかなどを確認できる、学生発信の会話形式となっているのが特徴的な内容です。会社から学生に向けた説明会よりも、学生から会社へ向けた会話が繰り広げられます。説明会で聞き逃したことなどを質問するといいでしょう。

質問に対する回答からさらに掘り下げよう

座談会では、自分がした質問への回答が来たら、それをさらに掘り下げられるようしっかり聞いておきましょう。質問への回答を聞いて「分かりました」だけでは、印象に残りません。「○○ということでしたが、具体的にどのように○○するのでしょうか」といったように掘り下げてください。

他の就活生がした質問への回答を掘り下げるのも◎

また、質問がどうしても浮かばないときは、他の就活生がした質問への回答を掘り下げてみるのもアリです。そうすれば、「話を聞いているな」という印象に結びつく可能性もありますし、疑問も解決できるため大変有効でしょう。とにかく質問をする、という姿勢を大事にしてください。

質問しないまま帰るのは避ける

できれば、座談会で何の質問もしないまま帰らないようにしましょう。説明会の段階で少しでも疑問に思ったことがあれば、質問したほうがよいです。面接以外で人事に対して発言できる機会はそうありません。貴重な機会を有効活用してください。

座談会での質問例

座談会ですべき質問例

・自分の後輩として配属される後輩には、どういった能力や考え方を求めますか。
・女性として働いていて、「働きやすいな」と感じるのはどんな点ですか。
・どんな時(こと)にやりがいを感じますか。
・入社前にやりたいと思っていたことはありましたか。また、現時点で達成していらっしゃいますか。
・入社後すぐに担当した業務を教えてください。
・業務をおこなう上で、気をつけている点や注意すべき点について教えてください。

座談会ですべき質問例として、いくつかピックアップしてみましたので見ていきましょう。具体的にどういう質問がいいかというと、面接やエントリーシート(ES)などの材料になることです。そして、「~しやすいですか?」など端的ではなく、「~しやすいのはどういった時ですか」などしっかり答えてもらえる内容にしましょう。

座談会での注意点とは?

質問すべき内容については、お分かりいただけたかと思います。では、座談会で先輩社員に質問する際は、どのような点に注意したらよいのでしょうか。説明会や座談会に参加する際は、以下のような点にも注意しておきましょう。

注意点①:最低限のマナーは守る

先程も述べた通り、座談会とはいえ就活の選考の一部です。選考過程ですから、なんでもありの失礼な態度はいけません。対応しくれている先輩社員も忙しい中、時間を割いて参加してくださっているわけですから、最低限のビジネスマナーは守るよう注意しましょう。

注意点②:会社に興味がある姿勢を見せる

就活の座談会は、会社に興味を持った学生のためにより会社のことを知ってもらおうという機会です。それなのに、せっかくの質問タイムも口を開かず、俯いてばかりでつまらなそうにしていては失礼に当たります。きちんとその会社に興味があるという姿勢を見せましょう。

注意点③:相手を不快にする質問は避ける

座談会の会話において、相手を嫌な気持ちにさせてしまうのだけは避けなければなりません。自分ではそのつもりがなくても、マイナスの部分に触れている可能性があるため、質問内容には十分注意しましょう。

特に年齢や役職などに関する内容には、あまり触れない方がいいかもしれません。また、調べればわかることや個人にしか関係のない内容の質問などは、しないようにしましょう。

座談会での質問のNG例

座談会では積極的に質問をすることが大切ですが、質問をしていれば何でもいいわけではなく、NG例も存在しています。NGな質問をしてしまうと印象は悪くなりますし、選考にも悪影響を及ぼしてしまいますので注意しなければなりません。

それまでどれだけ好印象でも、NGな質問一つで台無しになってしまう可能性もありますので気をつける必要があります。NG例をきちんと理解して座談会に臨み、余計な部分でマイナスの評価にならないようにしましょう。

他人の質問に意見する

座談会の質問でのNG例としては、他人の質問に意見することが挙げられます。他人がした質問に対して、なぜそのようなことを聞くのか、その答えはこうだと思うなど、社員が回答する前に話す就活生はNGです。

出しゃばって意見してしまうと、自分勝手な印象を与えてしまいますし、悪目立ちは避けられません。好印象を残すためには、ただ目立てばいいわけではありませんし、悪目立ちをしないように他人の質問をしているときは大人しく聞いておく必要があります。

他人の質問に対してプラスして聞きたいことがある場合は、社員の回答が終わってから次の質問でするようにしましょう。社員が回答している最中に話を割って自分の質問をするのもよくありませんので、一連のやりとりが終わるまで待つことが大切です。

自己PRをする

自己PRをするのも、座談会の質問のNG例の一つです。座談会はあくまで社員と就活生の質問の場であり、そのような場所でも自己PRをする就活生は座談会の趣旨を理解してないと評価されますので注意しましょう。

座談会で好印象を残せば、選考でも有利になることは多いですが、だからといって露骨に自己PRをするのはよくありません。自己PRをしても評価されないどころか、マイナスの印象を与えてしまいますし、趣旨を守った上でアピールをすることが大切です。

座談会でプラスの評価を得たいのであれば、自己PRをするのではなく、的確な質問を考える必要があります。鋭い質問をすることができれば人事の記憶にも残りやすく、好印象を与えることができます。

就活生にアンケートで聞いた生の声はコチラ!

最後に、説明会などの座談会に持っていくものについて、キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:説明会に参加する際に必ず持っていくものは何ですか?その理由と、その持ち物の活用方法を教えてください。

就活生の回答

私は説明会には、自分の名前を表紙に大きく書いた手帳を必ず持っていきます。手帳だけでなく、説明会に持っていく小物にはすべて名前を書いています。手帳などの小物に名前を書いて持っていく理由は、顔と名前の印象を少しでも残すためです。就活において一番の重要なポイントはまず、顔と名前を覚えてもらうことだと思うので、説明会で自分が取り出すもの、相手の目につきそうなもの全てに名前を書き自分の名前が印象に残るようにしています。質問するときなどでも、積極的に自分の名前を先に話し質問するなど、とにかく印象に残るように努力しています。

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております。

座談会も選考に影響する可能性大!質問例を参考に就活のためになることを聞こう

座談会での質問例や選考への影響について見てきました。就活における座談会は、説明会とは別に開催される選考の一部であり、実際にその会社で働く先輩社員と直接会話できる絶好のチャンスです。

選考の一部ですが、態度や質問内容などにおいて最低限のマナーを守っておけば基本的には問題ありません。ですから、この機会を活かして気になる点は思う存分質問し、説明会だけでは得られない満足感を得られるよう、有意義な時間を過ごしてくださいね。

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

F5c15e29e849105e

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【内々定が狙える】人事責任者・経営者が集まるプレミアムイベント【最短、当日内定】
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【内々定が狙える】人事責任者・経営者が集まるプレミアムイベント【最短、当日内定】

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.10.17 13:30 ...

【当日内定率50%以上!?】早期内定が叶う選考イベント「ジョブコミット」をご紹介します。2019年卒業予定の方は必見です!

119352 view

宿泊型の3泊4⽇インターン。昨年5,500名が挑戦したプログラムで ⼈の⼼を動かす極意を学ぶ
  • 2020年卒
  • インターン説明会

宿泊型の3泊4⽇インターン。昨年5,500名が挑戦したプログラムで ⼈の⼼を動かす極意を学ぶ

  • 開催場所: 東京都, 大阪府
  • 開催日時:   ...

人の心を動かす極意を学び、就活を勝ち抜く。チームで高度な課題の解決に挑む、3泊4日の宿泊型インターン!

13667 view

創業以来40年続く安定基盤のなか、全国トップクラスの成果を残すノウハウを学べる成長環境をもった不動産企業
  • 2019年卒
  • 会社説明会

創業以来40年続く安定基盤のなか、全国トップクラスの成果を残すノウハウを学べる成長環境をもった不動産企業

  • 開催場所: 東京都, 愛知県
  • 開催日時:   ...

独立系の不動産で全国1、2位の売上を誇る企業。創業40年以上続く安定基盤をもった同社が説明会を開催中です。

1845 view

もっと見る

おすすめの就活イベント