2018年12月17日(月) 更新

【研究職・研究開発職が志望動機でアピールするポイントは2つ】志望職種に就くための書き方と例文を紹介

理系学生の多くは研究職や研究開発職を志望する

研究職や研究開発職を志望するのであれば、事前の準備を徹底して自己PRを考えておく必要があります。理系学生の多くは研究職や研究開発職を志望していますが、企業によっては採用枠がそれほど大きくない場合もありますし、人気の企業であれば倍率が高いこともあります。

文系の総合職などと比べると、募集人数はそれほど多くはありませんし、他の就活生を差別化を図り、選考を勝ち抜くためにも自己PRは重要になります。自己PRでどれだけアピールできるかで印象は大きく変わりますし、合格率なども大幅に違ってきます。

理系学生が研究職や研究開発職への就職を果たすためには自己PRを念入りに考えなければなりませんので、アピールすべき点を知って、好印象を与えていきましょう。

研究開発職の魅力=「新しいものを開発できる喜び」とイメージする就活生が多い

キャリアパーク会員の就活生を対象に「研究職・研究開発職の魅力ってなんだと思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 答えのないものの探求
  • 一つのことを継続して研究し、極めることができること。
  • 新しいものを発見するワクワクと、好きなことをとことん突き詰められるところ。
  • 社会に自分の商品を浸透させることができる
  • 今までなかったものを自分が開発してそれを世の中に出すことができる。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「研究職・研究開発職の魅力ってなんだと思いますか?」

就活生が思う研究・開発職の魅力には、新しいものを開発できる喜びなどがあるとわかりました。「今までなかったものを自分が開発してそれを世の中に出すことができる」など、自分の研究が社会に出せることに喜びや、やりがいを見いだせるのではないかという声があります。

また、「一つのことを継続して研究し、極めることができる」などの大学の専攻をさらに活かし、学ぶことができるのも魅力の1つだと考えられるでしょう。

このように研究・開発職の魅力を知っておくと将来のビジョンも立てやすいですし、志望動機の作成にも役立ちます。そこで、本記事では研究・開発職の志望動機を作成するポイント、書き方、例文について紹介します。

研究職・研究開発職でのアピールポイントとは?

人事が研究職・研究開発職の採用において見るポイントには、やる気、資質、協調性等の性格、清潔感などがあるでしょう。そのような採用ポイントを理解した上で志望動機を考えると、要点を抑えた志望動機の書き方ができるはずです。

アピールポイント①:やる気や向上心

研究職・研究開発職においては、研究への真摯な姿勢と向上心のある人が一般的にどの企業であっても求められます。どの職種でも重要な要素ではありますが、特に研究職や研究開発職ではより厳しく見ているようです。

理由としては「なぜだろう?」「どうしてだろう?」と、何にでも興味をもって解明しようとする強い探究心は、知識や考え方を狭めることなく、広い視野を育むものだからです。なので、その探究心に直結してくるやる気や向上心は高い方がいい評価をしてくれる可能性が高いです。志望動機も、その点をアピールした内容を書き込むと良いでしょう。

アピールポイント②:客観的な視点とユニークな発想

また、いろいろな角度から客観的に物事が見られる視点を持つということは研究職や研究開発職において確実に必要なものです。研究結果の数値を客観的な視点で分析できないといけませんので、研究職・研究開発職ではこのような要素を持っている人物はとても貴重なのです。

そして、研究というのは無から有を生み出して価値を創造するために行うものである為、やはり固定観念に囚われないユニークで発想豊かな人物も、研究職・研究開発職では重宝される傾向にあります。

アピールポイント③:大学で専攻していた研究テーマ

大学で専攻していた研究テーマも、自己PRでアピールできるポイントの一つです。研究テーマを伝えることで即戦力になることができるというアピールになりますし、研究職を目指すのであればこのアピールは非常に重要になります。

研究職では即戦力が求められることも多く、研究内容への理解や知識、スキルなどが身に付いていることが重要視されています。大学でどのような研究をし、そこから何を学んだのかを伝えることで戦力になるかどうかが判断され、即戦力として働けると評価されれば合格になる可能性も高くなります。

理系の場合はそれぞれの専門分野に分かれていることも多いですし、専攻していた研究テーマのアピールは欠かすことはできません。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

研究職の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に研究職の志望動機を完成させましょう。

研究職・研究開発職でアピールするのは技術力だけではダメ

研究職・研究開発職でアピールするポイントとしては技術力が最もイメージされやすいですし、実際に技術力を自己PRの中心に据えてアピールしている人は多いです。

技術力の高さをアピールすれば即戦力で活躍できることが伝わり、高評価が得られる可能性も高いです。

しかし技術力のアピールだけではなく、他にもアピールすべき能力はたくさんあります。技術力のアピールは大切ですが、それ以外にも大切なものはありますので、それらもアピールするようにしましょう。

コミュニケーション能力がある

研究職・研究開発職を目指すのであれば、技術力だけではなく、コミュニケーション能力があることもアピールしなければなりません。研究職などであれば、研究室にこもって好きなだけ研究ができると考える人は多いですが、実際には人と接しながら仕事を進めていくことになります。

研究結果を伝えるために社内の別の部署の人と連携しなければならないこともありますし、社外とのつながりも意外に多いです。また仕事を進める上では同じ部署人との協働は欠かせませんし、コミュニケーション能力がなければ勤まる仕事ではありません。

社内や社外の人にも社会人としてきちんと接する事ができるかどうかが重要となり、コミュニケーション能力が高ければそれも評価の対象になります。

研究以外に学生時代に行った事をアピールする

自己PRではさまざまなことをアピールすることが大切であり、研究以外に学生時代におこなった事をアピールすることも大切です。アピールする内容はアルバイトやサークルなど、どんなものでも構いません。

自己PRでは自身の能力をアピールすることも大切ですが、能力やスキルだけではなく人柄などをアピールすることも大切です。研究内容からは知識や技術力などはアピールできますが、人柄や個性などはアピールできない場合も多いです。

人柄などをアピールするためには、他の内容でのアピールが必要ですし、研究以外のことに目をむけてアピールを考えておく必要があります。研究以外の内容でも上手にアピールすれば好印象を与えることはできますし、さまざまな内容で自己PRをすることが大切です。

研究職・研究開発職に就く為の志望動機の書き方とは

それでは研究職・研究開発職において、魅力的な志望動機の書き方のポイントをみてみましょう。職種により求められる人材は異なるのと同時に志望動機の書き方も職種によって変わってきます。志望動機からあなたのやる気や長所が研究職・研究開発職に向いていると分かってもらえるよう、ポイントを抑えた書き方をする必要があります。

将来のビジョンも盛り込み具体性のある文章で簡潔に書く

研究職・研究開発職に関わらず、志望動機を書くときにありがちなのが、曖昧で抽象的な具体性のない文章になるという点です。それでは魅力的な志望動機の書き方とは言えません。志望動機の内容は出来るだけ具体的に書いていきましょう。

もちろんあんまり長くなってしまうと、それはそれで読みづらいものになってしまいますので、簡潔で具体性のある文章を書くように心がけてください。そして、その中で必ずあなたが研究職・研究開発職として働いていく上での将来のビジョンをしっかりと明確に伝わるように書いてください。

読み手の事を考えてイメージしやすいように書く

志望動機を書く際に心がけるポイントのもう1つが常に読み手の事を考えた書き方を心がけることです。志望動機であなたが何を言いたいのかが読み手に伝わらないと意味がありません。

特に研究職・研究開発職などのように、職種名が明確になっている場合はその中で特にどのような仕事をしていきたいのかなど、読み手があなたの姿をイメージできるようにしっかりと具体的に書くように心がけてください。

「企業の発展のために貢献したい」というのであれば、どんな仕事をして、どのような発展をさせて、その為にはどのように企業に貢献をしたいのかというように読み手の事を考えてイメージしやすい書き方をしましょう。

研究職・研究開発職になる為の志望動機の例文紹介

研究職・研究開発職においては、例文を参考にして志望動機の書き方を知るのと同時にきちんと自己分析をする必要もあるでしょう。研究職・研究開発職が自分に合っているのか、自分のどのような能力が研究職・研究開発職に向いているのか、将来的に続けられるかを見極めながら、志望動機を考えましょう。

志望動機の例文①:自分の専攻と企業の分野を結びつける

私は自分の手で新しいモノを生み出す事に面白さとやりがいを感じ、研究職(研究開発職)に就きたいと考えるようになりました。大学で○○を専攻しており、主に△△の研究を行っておりました。そして、△△は今後市場価値を高めていく可能性が十分あると感じ、△△において高い技術力を持っている貴社に興味を持ちました。この技術を製品へと結びつけて社会に貢献していきたいと思っております。

志望動機の例文②:自分のやりたい研究内容を具体的に書く

私は学生時代に災害に関する研究を行い、特に○○市の災害に関する考察を行っておりました。その研究から得た知識や経験は、必ず住宅メーカーである御社にて活かすことができるはずです。

先日に会社訪問をさせて頂いた折にも実感しましたが、貴社の研究室に実装されている設備は非常に高性能なものばかりであり、何より携わっていらっしゃるメンバーの皆さんがまさに社会を変えようと働いていらっしゃるのが印象的でした。ぜひ、私も貴社の研究室で力を発揮させていただきたく存じます。

志望動機の例文③:得意な研究分野の潜在価値について語る

私は大学時代、化学を専攻しており、△△合成法の研究を行っておりました。こちらの合成方法は業界でも貴社だけが採用されていますが、コストの面では課題があるかと思います。
しかし、私はこの合成法において大幅にコストを削減する方法を研究しており、時間と設備さえ整えば必ずや実現できると確信しております。
この研究は、必ずや貴社の発展と利益につながるはずです。ぜひ、私に貴社で研究を行うチャンスを頂ければと存じます。

研究職・研究開発職になる為の志望動機は例を参考に将来のビジョンを具体的に書こう

今回は、研究職・研究開発職を受ける際の志望動機の書き方と例文に関して紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?この志望動機の項目は、あなたにとっても、企業にとってもとても大事なところになります。少し面倒だなぁと思っても、この志望動機を書く際に、自分と向き合って研究職・研究開発職という仕事について、しっかりと考える時間を設けましょう。それだけ、志望動機は大事だということを理解しておいください。なので、マニュアルのような文章ではなくて、しっかりと自分の言葉で文章を作成させてオリジナルの魅力のある志望動機にしてください。

イマ就活生に大人気!実力がわかる「診断シリーズ」5選!!

9ae284e4e96406ea

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【名古屋開催】ESなし/面接スキップなど!最速内定できるスペシャルセミナー
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

【名古屋開催】ESなし/面接スキップなど!最速内定できるスペシャルセミナー

  • 開催場所: 愛知県
  • 開催日時:  2019.01.21 09:00 ...

今回ご紹介するのは、独自の特別選考ルートで最速内定できるセミナーです。

40 view

【合同選考会】1日で5社の選考を受け、一気に内定に近づく。企画職、コンサルタント、営業職志望向けの内定直結イベント
  • 2020年卒
  • 合同説明会

【合同選考会】1日で5社の選考を受け、一気に内定に近づく。企画職、コンサルタント、営業職志望向けの内定直結イベント

  • 開催場所: 東京都, 大阪府
  • 開催日時:   ...

1日で5社の選考を受け、内定に近づく。今回は、特定の職種に絞った特別篇。自分の志望職種に就ける企業だけの選考に進めます!

12114 view

【男子限定!】解禁前に大手/優良企業に内定?!選考対策もできるスカウトイベントin東京
  • 2020年卒
  • 合同説明会

【男子限定!】解禁前に大手/優良企業に内定?!選考対策もできるスカウトイベントin東京

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2019.02.05 12:00

今回ご紹介するのは、男子限定の最短2週間で内定のチャンスがあるスカウトイベントです。グループワークの実施や企業との座談会など、就活対策に役立つ内容となっております!

716 view

もっと見る

おすすめの就活イベント