2019年10月08日(火) 更新

編集職への志望動機を考える際のポイント

編集職に対して「大変だが流行に敏感でクリエイティブ」とのイメージを抱く就活生の声が多い

キャリアパーク会員の就活生を対象に「編集職の仕事に対してどのようなイメージがありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 流行に敏感
  • クリエイティブ
  • まとめる役
  • ネットに強い
  • 大変だがやりがいがある

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「編集職の仕事に対してどのようなイメージがありますか?」

就活生が抱く編集者のイメージですが、「流行に敏感」で「クリエィティブ」だとの回答が寄せられました。また、「情報をまとめる役」「ネットに強い」など、アンテナの強さを活かした業務をおこなうイメージや、「大変だがやりがいがある」など、忙しさはあっても成果が見えやすいとの声も挙がっています。そんな編集者になるために求められる志望動機のコツについて考えてみましょう。

編集職の志望動機は人生とリンクさせるのがポイント

出版業界の編集職への志望動機としては、編集を志望する理由と人生をリンクさせていく必要があります。たとえば、「こんな本にこんな風に影響を受けてこんなふうに人生がかわったから、そういう本を出版するお手伝いがしたいと思った」など、そういった編集業へ興味を持ったきっかけを、人生の中の具体的な経験を述べながらアピールしましょう。

編集の仕事に対する情熱の度合いを伝える

出版業界の編集職への志望動機では、こうして情熱の度合いを伝えていかないとなりません。なぜなら、編集職は楽な仕事ではないからです。したがって、本が好きだから編集になりたいといった志望動機では、情熱の度合いが足りないと判断されてしまいます。好きなことは大事ですが、それ以上に編集の辛さについていけないと思われてしまうのです。しかし、こうしてきちんと理由ある熱意のある人は、その点の不安も解消されるでしょう。

志望動機作成に役立つジェネレーター

志望動機を作成する際に、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

なぜその会社で編集の仕事がやりたいのかを述べる

出版業界の編集職への志望動機としては、なぜその会社で編集職がやりたいのかも明記していかなくてはいけません。編集職をやりたいだけなら、他にも編集職が出来るような会社はたくさんあるでしょう。その中から何故その会社を選んだのかをアピールしていかないと、志望動機としては少し弱くなってしまうのです。

その企業独自の取り組みを志望動機に盛り込んでいく

その理由は、その企業の本のファンだからなどではあまり説得力がないでしょう。そうではなくもっと仕事としてとらえて、なぜその企業で編集職として「仕事」がしたいのかを志望動機ではアピールしなくてはいけません。ですから、その企業ならではの仕事への取り組みなどを調べて、それを志望動機に盛り込んでいく必要があります。

志望動機では興味の幅をアピールすることも大切

編集職への志望動機では、興味の幅をアピールしていくことも大切になります。どんなことに興味があって、どんな本といった内容を志望動機の中で触れておくと、自分の人間的な部分もアピールできるでしょう。志望動機では熱意だけではなく、そうした適性のようなものも見たいといった目的もあるので、それも盛り込んでアピールするのがおすすめです。

編集を希望する本の種類への興味をアピールする

そこでアピールするべきは、自分が編集を希望する類の本への興味のアピールです。まったく違うジャンルへの興味がある人材を必要とする会社もあるかもしれませんが、やはりほとんどの場合は、同じジャンルでしっかりアンテナを張れている人材が欲しいと思うでしょう。ですから、編集職を希望するジャンルの本への興味の幅の広さを、志望動機の中でアピールしていってください。

編集職を希望する就活生の声はコチラ!

それでは最後に、編集職を希望する就活生の就活生の方からの意見を見てみましょう。キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:あなたは志望業界・職種をどのようにして決めましたか?また、それに決めた理由とあなたが選ぶ際に重視するポイントを教えてください。

就活生の回答

自分が志望業界や職種を決めるにあたって一番大きな部分となったのが、その業界や企業に興味関心があるかどうかです。興味を持った企業の方が、すぐにやりがいも持てますし、仕事に対するモチベーションも維持できるのではないかと思ったからです。最終的には出版業界を志望することにしましたが、大きな理由となったのは「元々本を読むのが好きで、自分の手で様々な書籍や雑誌を手掛けてみたいと思ったから」でした。会社選びで重視していたのは社会に貢献できそうかと待遇・職場環境の2つです。その2つのポイントをもとに会社選びをした結果、大手出版社のA社に企業を絞りました。

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております。

編集職への志望動機はきっかけ・その企業を選んだ理由・興味の幅広さをアピールしよう

以上、編集職への志望動機を考える際のポイントを紹介しました。出版業界の編集職への志望動機のポイントとしては、自分が編集職を希望するジャンルの本への興味の幅の広さをアピールしつつ、それに興味を持ったきっかけを人生と絡めて、かつ数ある出版業界の中から何故その企業なのかを明確にすることです。是非参考にして、そういう志望動機を書いていってください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】