2019年12月26日(木) 更新

電力会社の志望動機を魅力的にする作り方と例文3つ

電力会社で求められている人を知る

電力会社を志望する場合、まずは電力会社で求められている人物像を把握しましょう。求められる人物像の把握は、電力会社に限らず、どの業界、どの会社を志望する際にも言えることです。

求められている人物像は具体的には企業によって異なります。ここでは、電力業界のどの企業でも、働くうえで求められる人物像を紹介します。

誠実さがあり信頼のできる人物

電力会社で求められているのは、誠実さがあり信頼できる人物になるようです。電力会社の仕事は契約者に安定した電気を供給することに他なりませんので、配電設備の点検や維持、管理がその仕事の一つになるでしょう。

配電設備などを扱うためには、専門の技術を有していることはもちろんですが、何よりも信頼できる人間である必要があります。技術は高くとも仕事に対して手を抜くような人に管理を任せてしまうと、いざという時に事故やトラブルの原因になりかねません。

その点、誠実で信頼できる人物であれば、複雑な設備の点検管理を安心して任せることができます。それは、すなわち本旨である契約者に安定した電力を供給するということにも繋がるでしょう。

コミュニケーション力の高い人物

電力会社に求められる人物像としては、コミュニケーション力の高さも挙げられます。コミュニケーション力は今やどの分野でも必須の能力と言われていますが、電力会社のようなBtoBでも、BtoCであっておお客様との距離が近い仕事が多い場合は尚更でしょう。

今は電力自由化が解禁されたため、電力会社同士の競争も発生しています。そのため、もし契約者に対して失礼な行動をとってしまった場合、「おたくの社員は不快だから別の電力会社に変える」と言われてしまうような可能性もあるのではないでしょうか。

電力等のインフラは他に比べると他者に乗り換えるのが難しい面もありますが、それでも絶対というわけではありません。コミュニケーション力が高い人であれば、その心配を減らすことができます。

意欲的な人物

電力会社に求められる人材としては、意欲的な人物であるというものも挙げられます。電力会社はインフラ業種故イノベーションには縁がないと思われるかもしれませんが、インフラだからこそ最新を追い求めるという面もあるでしょう。

技術の革新は何も生産性を上げるだけではなく、より安定した電力をより安く供給できることにも繋がります。前述したとおり、今は電力自由化が解禁されたため、各社がいかに自社サービスを充実させるかが顧客確保の堺になります。

学習意欲のある人、常に新しいものを追い求める人は重宝される傾向にあるようです。時代の最先端を追求するのは簡単なことではありませんが、常に学び続けることが大切です。

電力会社の特色を知る

それでは、電力会社の特色を見ていきます。電力会社はもはや社会になくてはならない存在であり、いまの状況では、電気がなくなったら私達が生活している社会は途端に機能不全に陥ってしまうことが予想されます。

それだけに、電力会社が担っている責務は重いものですが、その反面、仕事を誠実にまわしていても賞賛されるものではありません。「やって当たり前」が、電力会社の仕事の特色であり、ある種縁の下の力持ち的な存在と言えるでしょう。

生活に不可欠

電力は生活に不可欠な存在であり、それだけに電力会社の責任は重いものです。災害時に停電した場合等でも即時の復旧が求められますし、平時に何事もなく運営管理しているからといって、特段賞賛されるわけでもありません。

しかし、電力は現代社会には必須のエネルギーであり、電力がなくなってしまうと私達が享受している便利な社会は失われてしまいます。

その時になって初めて電気の大切さに気づく人もいるかもしれませんが、現状は電気は「あって当たり前」の存在と言えるでしょう。

「あって当たり前」の存在は、すなわち消失されるまでは多くの人がその価値に気づかないということにもなります。それだけ安定しているとも言えるかもしれません。

常に「安定」を求められる

電力会社は、常に「安定」を求められます。上述した通り、電気は現代社会にとって「あって当たり前」の存在であるため、失われるまでその価値に気づかない人が大半ではないでしょうか。

その場合、やはり安定供給しているからといって特に賞賛されるわけでもなく、電気が無事通っているからといって契約者にプラスの価値を与えられるわけではありません。

その点は公共交通機関に似たようなものがあるかもしれませんが、それでも変わらず「安定」して電気を供給することが電力会社に課せられた使命です。

「安定」という言葉はビジネスにおいてはマイナスの意味で使われることも多いものですが、ことインフラに関しては「安定」が価値になるでしょう。

災害の影響を受けやすい

電力会社は、災害の影響を受けやすいというのも特色の一つです。災害時にはよく停電情報が流されますが、災害で停電した際にいかに早く復旧させるかというのが電力会社の役割の一つと言えるでしょう。

停電状態にある場合、ほとんどの設備が使い物にならなくなってしまいます。電気とガス等にうまく分散されていればいいのですが、今はオール電化を導入している家庭も多いため、その場合は電気が失われてしまうと家の設備がほぼ動かないのです。

そのため、災害時は電力会社の繁忙期と言えるかもしれません。平時であれば設備の異常や電気の供給具合を確認するだけで良いかもしれませんが、災害時の電気の復旧は場合によっては難問になる可能性もあります。

電力会社の志望動機を魅力的にする作り方

では、電力会社を希望する際の志望動機の作り方を見ていきましょう。志望動機を魅力的に記載することができれば、相手に一目おいてもらうことがで、面接等に呼ばれる可能性も上がるのではないでしょうか。

電力会社に限ったことではありませんが、魅力的な志望動機を作ることは就職活動の成功に繋がります。自分が何故志望先希望を志しているのかをしっかりと語り、なるべく相手に興味を持ってもらえるように心掛けましょう。

希望する職種の現状を把握し志望動機に入れる

電力会社を志望する際には、希望する職種の現状を把握して志望動機に入れるのが効果的です。志望する職種の現状を把握しているということは、すなわちしっかりと情報収集をしていることに繋がり、またトレンドに敏感である点もアピールできます。

それらは電力会社で仕事をする際にはもちろん、それ以外の分野で仕事をする際にも役に立つでしょう。同時に、相手先企業から見て、「この人材は他所に取られたくない」という思いにも繋がるのではないでしょうか。

業界内で人材を取り合うのはよくある話ですが、場合によっては業界を超えて人材を取り合うケースもあります。優秀な人材というのは、一分野だけではなく、どこにいっても成果を発揮できるのかもしれません。

キャリアビジョンを明確にする

電力会社を志望する際に魅力的な志望動機を作成するためには、自分が今後何をどうして行きたいのか、キャリアビジョンを明確にしましょう。

それは「ビジョン」という言葉で表されることも多いものですが、未来図がしっかりと描けている人はそれに対する努力を怠らない傾向があり、企業側からは魅力的に映ります。

そのため、今後どうして行きたいのかを明確にするのと同時に、そのために今現在行っている努力を記載するのも効果的でしょう。それにより、自分のビジョンが絵に描いた餅ではないことを証明することができるのではないでしょうか。

また、今後どうして行きたいかを明確にするためには、電力会社という存在が今後どうなっていくのかを予想する必要もあるでしょう。

「結論→過程→理由→結論」の構成で作る

志望動機は、「結論→過程→理由→結論」の順での作成がおすすめです。まず、結論から入るのはビジネスにおけるコミュニケーションでは、常に意識してほしい点です。

結論から入ることにより、相手が知りたい内容を先に伝えられ、相手はその後の話を安心して聞くことができます。または、もし忙しい場合は理由を聞くことなく、決定時候だけを伝えられますので、相手本位のコミュニケーションになると言えるでしょう。

そして、最後に結論で閉めることで、その結論の説得力が増せます。あまりにくどいのは問題ですが、大事なことを始めと終わりに伝えることで、相手の記憶に残りやすくなるのです。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

電力会社の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に電力会社に採用される志望動機を完成させましょう。

電力会社の志望動機例文

志望動機例文①

私は電力の安定供給によって社会貢献し、人々が安心して暮らせる未来を作りたいと思っております。ただ電気を供給するだけでなく、より安全に・いつでもどこでも電力が供給されるよう工夫している貴社に魅力を感じます。説明会に参加した際、従業員が一丸となって、使命感と責任感をもって仕事に向かっている社風に魅力を感じたのも志望理由の一つです。

志望動機例文②

お客様に安定した電力を送り続けることは大きな責任がありとても重要なことだとおもうので、貴社の、最適なエネルギーサービスを通じて快適な環境を実現するという経営理念に、深く感銘を受けました。 送電分野で万一の事故に備え迂回ルートを確保するなど、安全面にも気を遣っておられること、そして政治経済の中心・首都圏に電力を供給している点にも大変魅力を感じました。 そして、先輩方の偉大さや社内環境の良さが、貴社への志望を決めたきっかけです。

志望動機例文③

私が御社を志望するのは、御社の最先端技術を取り入れる姿勢に惹かれているからです。私は仕事を通して成長したいという思いが強く、できる限りそういう環境に身を置きたいと考えて就職活動を行っております。
成長できる環境というのは人それぞれですが、私としては、「最先端技術に触れられる場所」と結論づけました。技術的な成長に加え、業界や社会がどういった方向に進んでいるかを予測できる面があるように感じます。
もちろん、受け身なだけではなく、今現在も自分の技術的知識や能力を高めるための努力は惜しまず行っております。その上で、御社のような最先端の環境に身を置くことができれば、より多くの実りがあるのではないかと思い、この度志望させて頂きました。

電力会社の志望動機は求められる人物とアピールポイントを近づけて作成しよう

電力会社業界を希望する際の志望動機は、業界の魅力を理解し自分に何が出来るかを伝える必要があります。

面接選考へ進むためには、今回ご紹介したポイントをおさえた志望理由を考えましょう。例文を参考にしつつ、自分の言葉で表現するのがベストです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント