2019年01月18日(金) 更新

【人材業界の志望動機】採用担当者の目にとまる書き方と例文

6a0ed8043a8a1688

この記事の監修者

キャリアアドバイザー

赤塩 勇太

大学を卒業後、新卒で採用コンサルティング会社に入社。キャリアアドバイザーとして、1,000名以上の就活生に対してキャリアセミナー、面談を実施。その後、採用コンサルタントとしてクライアントの採用課題の解決に従事。法人・求職者双方の目線から、適切なアドバイスを提供している。

人材業界は職種を理解して志望動機を書くべき

大きくわけて4種類の職種がある

人材業界は、大きく分けて4つの職種があります。その4つを混合していると、業界研究をしていないと採用担当者に思われてしまいます。まずは、4つの職種の違いを確認しましょう。大きく、広告作成業務、人材派遣業務、人材紹介業務、コンサル業務の4つに分かれます。

広告作成業務は、企業から求人を集め、職を探している人へ提供する仕事です。企業から集めた求人を載せるためのメディアを作成するのが主な業務です。そのメディアは、紙媒体かWEB媒体になります。近年、インターネットの普及によりWEB媒体が主流になりつつあります。

人材派遣業務は、派遣登録者を企業へと紹介派遣させる仕事です。派遣登録者を欲している企業へ、条件等を聞き出し人材を紹介します。企業から依頼された求人情報を元に、適材を送るのが、人材紹介業務になります。
人材コンサルティングは、上の3つと多少異なり、仕事を探している人を企業に売り込む仕事です。企業側が提示している条件にマッチした人材を探す必要があり、コミュニケーション力の高い人に向いています。

人材業界の志望動機に盛り込むべき内容

人と接する仕事への興味関心

人材業界は、人と人を結ぶ仕事です。人と接する仕事への興味関心をアピールしてください。コミュニケーション力が高いことや、人と接することが好きというエピソードがあれば積極的に伝えましょう。問題解決力も、人と接する仕事では必須です。人とのやりとりのため、少しでも問題が発生すれば溝ができてしまいます。その溝をどう埋めるかを考えられることも充分アピール材料になるでしょう。

職種に関する適性アピール

全ての職種を把握した上で、どの職種にどう貢献できるのかをアピールしても良いです。そうすることで、採用担当者に入社後のビジョンを提示できます。将来どうなりたいのかがはっきりしていると、採用されやすいです。自己分析をし、向いている職種を探しておいてください。

人材業界に関して調べたこと

業界研究した内容を、志望動機に取り入れても良いでしょう。業界研究をすることで、自分の適所も見えてきます。業界研究だけでなく、企業研究も同時に行ってください。その企業が、その分野に強いのかを把握しておけば、自分のスキルをアピールする際の材料となります。人材業界は、多くの企業が存在しています。1社1社の特徴を把握しておかないと、志望動機が「他の人材会社でも良い」という内容に聞こえてしまうかもしれません。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

人材業界の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に人材業界に採用される志望動機を完成させましょう。

志望動機を考える際のポイント

仕事の流れを把握しておく

志望動機では、ただ自分がやりたいことを羅列していては意味がありません。その仕事の流れを把握し、その流れに合わせたアピールが必要です。どのような仕事の流れがあり、その中でどう自分のスキルが活かせるのかを伝えてください。それには、まず仕事の流れを把握しておきましょう。

常に学ぶ姿勢をアピールする

人と人との取引では、お互いに興味関心がないと成立しません。常に、「知りたい」と思う姿勢を見せる必要があります。志望動機では、常に学ぶ姿勢で仕事をしたいということをアピールしてください。相手の話をしっかりと聞けるヒアリング力や、話をまとめる力も一緒に言うとと説得力のあるアピールになります。

履歴書では時系列を意識して簡潔にまとめる

履歴書に志望動機を記載する場合、先に結論を書くと採用担当者に伝わりやすいです。結論の後は、時系列に話を進めましょう。結論、結論に至るまでのエピソード、そのエピソードからどう結論にたどり着いたのかの順で記載すると、わかりやすいです。

面接では履歴書の内容を詳しく話す

面接では、履歴書に書いた内容を詳しく話してください。履歴書に書いていないアピール内容を伝えても、話がかみ合いません。もし、履歴書以外のスキルをアピールしたいのであれば、記載した内容にプラスして話しましょう。面接には、一貫性のある内容が好ましいです。

人材業界に関する情報を把握しておく

採用担当は業界研究、企業研究をしないで面接を受ける就活生は5分話せばわかります。詳しく知らない業界で「働きたい!」と言っても説得力に欠けます。そう思われないために、早いうちから人材業界対策資料で学んだ上で面接に挑みましょう。

人材サービス業界への志望動機の例文

履歴書に記載する、志望動機の例文を紹介します。スペースが限られていますが、そのスペースを目一杯利用して志望動機を書きましょう。空白は、なるべく作らないよう記載すると意欲が伝わります。エピソードは、できるだけコンパクトに伝えてください。

志望動機の例文①

私は人と話すのが好きで、よく友人や家族からの相談役として聞き手に回りアドバイスをしていました。アドバイスした相手からの喜ぶ声が聞けることが嬉しかった経験から、人と企業の架け橋となれる人材サービス業界に関心を持つようになりました。

志望動機の例文②

人のキャリアに携わることへの責任感も大きいですが、だからこそ自分がお手伝いしたことで相手の喜ぶ顔が見られた時には大きなやりがいが感じらえるものと思っております。派遣会社としてスタッフへのキャリアサポート面を重視しているという点を拝見し、これまでのヒアリング力を活かし、事業に貢献してまいりたいと思っております。

人材業界への志望動機では職種別の仕事内容を理解し適性をアピールしよう

人材派遣会社といった人材サービス業界では、人が好きだという気持ちが重要です。実際に、人材サービス業界を志望する人には、人が好きという学生が多い傾向があります。 自己分析を充分にしたうえで、人が好きであることをアピールしましょう。
また、人材サービス業界に関する業界研究、志望する人材派遣会社の企業研究は志望動機を書うために必要不可欠です。業界や企業の特徴を把握し、自分に適性があることをアピールする書き方で、志望動機を作成しましょう。

6a0ed8043a8a1688

キャリアアドバイザー|赤塩 勇太

「人にコミットする力」が重要

誰かの人生の重要な場面にかかわることの多い人材業界は、「人にコミットする力」が重要です。よって、過去に部活などで後輩を育成した経験や、それを通じて、「誰かの人生がよりよくなることを諦めない」気持ちを持ったことなどは、いいアピールポイントとなります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Ec3cbddd3e05bd95

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【最短2日で内定】テレビの人気情報番組にも登場した企業による説明選考会
  • 2019年卒
  • 2020年卒
  • 会社説明会

【最短2日で内定】テレビの人気情報番組にも登場した企業による説明選考会

  • 開催場所: 福岡県
  • 開催日時: 2019/05/26
  • 人気情報番組にも登場! 注目を集める企業から、最短2日で内定を獲得できる特別選考会です。

    1696 view

    <選考直結>東京・神奈川勤務希望の方へ。地域に密着した優良企業の説明会
    • 2020年卒
    • 会社説明会

    <選考直結>東京・神奈川勤務希望の方へ。地域に密着した優良企業の説明会

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時: 2019/06/07
  • 東京・神奈川勤務希望の方へオススメの、地域に密着した優良企業の説明会です。

    3012 view

    【早期説明選考会】起業の夢を実現したい方へ。グループ企業100社に向けて3カ国17社に展開する『起業家・ベンチャー創出企業』
    • 2020年卒
    • 会社説明会

    【早期説明選考会】起業の夢を実現したい方へ。グループ企業100社に向けて3カ国17社に展開する『起業家・ベンチャー創出企業』

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時: 2019/05/28
  • グループ企業100社を目指す『起業家・ベンチャー創出企業』ファインドスターグループの早期説明選考会をご紹介します。

    3772 view

    もっと見る

    おすすめの就活イベント