2019年10月08日(火) 更新

スターバックスコーヒーに就職する前に知っておきたい企業の評判

スターバックスコーヒーは全国展開している人気のお店

スターバックスコーヒーは全国展開しているコーヒーチェーン店です。しかし、一切広告やコマーシャルを行っていません。スターバックスコーヒーがそれでも高い支持を得ているのは口コミが良いからです。スターバックスコーヒーに就職をするということはスターバックスコーヒーの一員となり、その評判の良さを作り上げることに加わるということなのだと自覚しましょう。

スターバックスコーヒーはやる気のある社員を求めている

スターバックスコーヒーに就職すると、接客がメインになります。スターバックスコーヒーはお客様を喜ばすことをとても大切に考えています。接客が好きだという人が向いている仕事です。どうしたらお客様を満足させ、居心地の良いひとときを提供することができるのかということを考えられる人が求められています。就職するためには、やる気をアピールしましょう。

スターバックスコーヒーの福利厚生は良いと評判

スターバックスコーヒーに就職すると福利厚生が充実しています。女性が多い企業なので、産休や育休、時短勤務などが取りやすいです。また、有給も完備されています。長時間の残業やサービス残業などもあまりありません。スターバックスコーヒーの仕事は楽ではありませんが、コンプライアンスはしっかりと守らており、飲食店の中では働きやすい企業といえるので、就職におすすめです。

スターバックスコーヒーは研修が充実している

スターバックスコーヒーに就職をすると研修が充実しています。70時間ほどは先輩の社員さんが後ろについて様々な業務を教え、フォローをしてくれます。また、就職後はコーヒーの勉強会なども盛んにおこなわれているのです。スターバックスコーヒーに就職をするとドリンクの名前や作り方などを沢山覚えなければなりませんが、一度覚えれば全国どこでも使える技術といえます。

スターバックスコーヒーは仕事が単調になりがち

スターバックスコーヒーは就職するのに魅力がたくさんある企業ですが、一方で、心にとめておかなければならない点もいくつかあります。一つは仕事が単調になりがちだということです。本社勤務はごくわずかで、就職をしても大抵は店舗勤務でしょう。毎日店頭に立ち接客をしてドリンクを作り続けるので、コーヒーへの情熱がないと飽きてしまう人もいます。

スターバックスコーヒーは給料が安い

スターバックスコーヒーに就職する場合、あまり給料面では期待ができません。二十代の頃はあまり気にならなくても、三十代以降になると他の企業と比べて、収入の低さが目立ち始めてきます。年収は中堅の人で240万円から300万円、マネージャーでも400万円程度です。家族を養うのは少し大変な金額だと言えます。就職するなら、その点は覚悟しておきましょう。

スターバックスコーヒーの正社員のキャリア

スターバックスコーヒーの正社員には、「グリーンエプロンアンバサダー」と「グリーンエプロンエキスパート」という2つのキャリアがあります。グリーンエプロンアンバサダーは、全国転勤しながら、いろんな地域での経験を積むことで、ストアマネージャーや上位職を目指すキャリアです。グリーンエプロンアンバサダーは新卒にとってのスタート地点と言えます。グリーンエプロンエキスパートは地域を限定した、転勤のない働き方です。地域に定着したストアマネージャーとして、キャリアを追求します

本社で働く「サポートセンター正社員」の部門紹介

スターバックスコーヒーの本社は、サポートセンターと呼ばれています。サポートセンター正社員になった場合は、店舗サポート等の専門性の高い業務をおこなうことになります。部門については、以下の通りです。

① 営業本部
全国の店舗運営管理を担当し、コーヒー、空間、サービスのサポートをおこなう
② 店舗開発本部
新規出店計画、店舗開発、設計、デザイン、建設または改装や設備・機器の管理をおこなう
③ 事業開発本部
人事業の計画立案やそれに伴う契約管理業務をおこなう
④ マーケティングコミュニケーション本部
社内外のマーケティングコミュニケーションやプロモーションを規格する
⑤ 商品本部
店内で販売する食べ物やタンブラー等を開発する。社内外でコーヒーの啓発を促す活動をおこなう。
⑥ サプライチェーン本部
商品や原材料、資材の需給計画や調達、品質管理をおこなう。
⑦ ファイナンス本部
財務、税務において日本基準とUS基準による会計業務とシステム開発やインフラ構築、整備をおこなう。
⑧ 管理本部
リスクマネジメントやオフィス管理などの総務業務をおこなっている。他にも、各種法的指導等の法務業務を担当している。
⑨ 人事本部
給与計算や労務管理等の人事管理、採用、教育、移動配置を通じて従業員の成長をサポートする
⑩ 経営企画室
中長期の前者経営戦略や経営計画の策定、予算策定、分析のサポートをおこなう。
⑪ 広報部
ローカルマーケティング施策をおこなう。(企業広告、PR・CSR活動など)

スターバックスコーヒーのインターンの内容とは?

スターバックスコーヒーのインターンシップは、1日または2日かけておこないます。内容としては、企業の経営、営業、マーケティング、組織開発等の企画を考えるものです。場所は東京と大阪で開催されます。対象となるのは4年制大学、大学院、短期大学、専門学校に通っていた全学部・全学科の学生です。エントリーは会員制ページよりおこなわれ、エントリーシートの提出後に参加可否について連絡があります。スターバックスコーヒーの雰囲気についてより詳しく知ることができるでしょう。課題を通して自分自身の成長について考えるような内容になっているため、参加するだけでも今後の就職活動の役に立つはずです。

選考を通過するためにおさえておきたい体験記

インターンは学生にとって魅力的なものですが、参加するためには選考を突破しなければならないものも多いです。特に内定直結型のインターンになると多くの学生が応募するため、選考さながらの倍率になります。そこで、事前にやっておきたいのが面接やグループディスカッションの対策です。多くの学生が、インターンに参加するためにさまざまな対策を練ってきます。インターンの参加権を勝ち取るためにも「選考体験記マニュアル」で対策を始めましょう。

スターバックスコーヒーの気になる社風とは?

社風について

スターバックスは「人々の心を豊かで活力あるものにするために-ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」をミッションとして掲げています。1996年に日本1号店がオープンし現在は国内1,000店を超える店舗数となりました。立地や地域によって店舗にもそれぞれの個性があると考えています。地域のクリーンアップ活動や得本の朗読、コーヒーを通じた交流も盛んにおこなわれています。

【基礎情報】

・社名
スターバックスコーヒージャパン株式会社

・代表者
代表取締役最高経営責任者(CEO) 水口 貴文

・本社所在地
〒141-0021
東京都品川区上大崎二丁目25番2号 新目黒東急ビル
TEL 03-5745-5510

・本社アクセス
JR山手線・東京メトロ南北線・都営三田線・東急目黒線「目黒」駅より徒歩2分

・資本金
135億8114万円

スターバックスコーヒーは福利厚生も良く就職におすすめだが給料が安いという面もある

コーヒーと接客業務が好きならば、スターバックスコーヒーに就職をするとやりがいを感じられるでしょう。スターバックスコーヒーは顧客満足度を重視しているので、接客が好きだという人にはとても向いている仕事です。また、研修制度も充実しているのでコーヒーについても詳しくなれます。しかし、少し給料が低いのでその点は覚悟しておく必要があるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

今月中の内定が可能な就活エージェントサービス

    07/06 (16:00~17:30) 【※オンライン開催※】

大手/人気企業の理系限定推薦枠へご案内!最短2週間で内定!

    日時はご自由にお選びいただけます(オンライン開催)