2019年08月05日(月) 更新

はなまるの近年の業績と知っておきたい評判

はなまるはセルフ式の讃岐うどんチェーン店を運営している

はなまるうどんの主な事業内容は、セルフ式の讃岐うどんチェーン店の運営です。顧客から自由にうどんのトッピングや一品料理を選んでもらう仕組みが支持を受けて、店舗を拡大してきました。直営店の他にも多くのフランチャイズ加盟店を募集して、店舗運営ノウハウの伝授や食材の調達、従業員の育成、広告宣伝などを手伝っています。

直近4年間は増収増益が続いており業績は良いと言える

はなまるによる近年の業績を見てみると、直近4年間は増収増益が続いています。全国で讃岐うどんの知名度が向上していることと、自社の販促活動が功を奏した結果です。また、海外店舗の開発を積極的におこなっており、昨今は中国やマレーシアなどアジアを中心に新店舗をオープンさせています。今後は海外でもどのようにして讃岐うどんの知名度を向上させていくかが、はなまるにとっての課題となるでしょう。

セントラルキッチンで業務の強化を狙ったはなまる

はなまるの取り組みとして顕著にみられるのが、セントラルキッチンで業務強化です。直営店、フランチャイズ加盟店と店舗が年々増加してきており、来客数も増加している点から、調理に掛かる労力や作業時間の軽減がはなまるの長年の課題でした。そこで一括してうどんの麺や揚げ物、総菜などをセントラルキッチンで調理して、店舗に配送する仕組みを作りあげたのです。

CSR活動では従業員のワークライフバランスを充実させている

はなまるがCSR活動として取り組んでいるのが、従業員のワークライフバランスの充実です。東京労働局の指導を受けながら、従業員が働き続けられる職場作りを実践しています。そのため雇用体系を正社員のみに限定せずにパート社員やアルバイト社員、契約社員の募集もおこなっているのがはなまるです。また、産休や介護休暇後の職場復帰も、会社がバックアップしてくれます。

はなまるでは店舗現場の意思を尊重した店作りが評判

はなまるの評判として多く聞かれる意見が、店舗現場の意思を尊重した店作りがなされている点です。活気ある店作りを実現するために、入社時から研修に多くの時間を割いて従業員に基礎知識を指導していきます。その基礎知識を元に接客やキッチンでの調理方法を工夫して、従業員主導の店作りで顧客をもてなしているのです。

讃岐うどんの調理や店舗での接客が苦にならない社員が理想

はなまるではセルフ式の讃岐うどんチェーンを運営しているので、入社時は店舗に配属されて現場を知る部分から仕事が始まります。その後キャリアアップしていくと、各店舗を巡回する業務や新メニューの開発にも携わるでしょう。そのため、讃岐うどんの調理や店舗での積極が苦にならない人が、理想の社員と言えるのです。

直近4年間は増収増益が続いているはなまるでは店舗現場の意思を尊重した店作りが評判

以上、はなまるの近年の業績と知っておきたい評判をご紹介しました。はなまるは、セルフ式の讃岐うどんチェーン店を運営している企業です。直営店のみならずフランチャイズ加盟店を募集して、店舗開発を続けてきました。店舗運営のノウハウは、自社の社員が直接店舗で指導して周ります。また、店舗運営の労力を少しでも軽減するために近年は、セントラルキッチンでの業務を増やして簡単に店舗で調理が完結するような仕組みが作られました。以上の話を聞いてはなまるに興味が湧いた方は、ぜひ求人を探してみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント